2010年12月16日

なぜわかる??

ボスの一周忌と元祖の四十九日の12月15日になったら、すぐにシーバをお供えしようと心の中で思ってました。
いつもはみんにゃにもおすそ分けしてたけど、前回わたとすももがシーバを食べた後に吐いてしまったので、今回はこそっとお供えしようと作戦を練ってました。

なので、シーバの箱はもちろん隠したままで、お皿の準備も何もしないようにしてました。

なのに、15日に日付が変わると・・・

101215-001.JPG
                     チ----ン

↑ 0時2分に撮った写真です。
わーちゃん、なんでわかるの? (; ̄ー ̄A アセアセ・・・
でもこのときは、最近わたがお気に入りのキドニー チキン味でごまかすことに成功しました。

その1時間後のこと。。。

101215-010.JPG

みるがボスと元祖のそばに行って、何かを目で追い始めました。
しばらくみるはキョロキョロしていて、ここから離れようとしませんでした。
そして、みるの目線の行きついた先は・・・

101215-012.JPG

ボスと元祖が帰ってきた・・・?

そして、わたまでもが何かを感じ取ったようで、またまたご飯待ちにやってきました。
1時間前にキドニーをしっかり食べたはずなのに。
足りなかったのかなって思って、とりあえずキドニーを入れてみたけど・・・

101215-017.JPG
                  「コレちゃう。」

気に入らないらしく、顔を背けて知らんぷり。

101215-019.JPG
                   シャッシャッ!!

しまいには砂かけまでされてしまいました (´・ω・`;)

そして、どこからともなく・・・

101215-029.JPG

小梅もすももも集合。
キミ達までなんでわかったんや??

こうなったら、もう何も出さないわけにはいかなくなりました。
それに、ボスと元祖がホントに帰ってきてくれてて、シーバを楽しみに待ってくれてるかもしれない・・・

ってことで、考えてた作戦を決行しました。
その名も 『キドニー作戦』 。
シーバの存在に気付かれないように、キドニーで気を引く作戦です。
キドニーは腎不全の療法食で、めいのために買ったものです。
でも、めいが食べてくれなかったので、偏食のひどいわたに試そうと思って我が家に持ち帰りました。
そしたらそれが、見事にわたのお口に合って、他の3にゃんまでも気に入って、今ではわたが残したキドニーを取り合うほどになってます。

で、これを利用しようと考えて、わたのお皿にキドニーを入れてみると・・・

101215-034.JPG

思うつぼのみるとすもも。
みるはキドニーに夢中で、すももは順番待ちをしてました。

その隙に、私はこそっとシーバをお供え♪

101215-032.JPG

ゆっくり写真を撮る余裕もありました。作戦成功 v(。・ω・。)ィェィ♪

・・・と思ったのも束の間。

101215-036.JPG

キドニーを食べたいだけ食べたはずのみるが、まさかの立ち食い Σ(-∀-;)
シーバはみるにとって別腹なのかも。
でも、さすがに完食はできなかったようで、シーバはたくさん残ってました。

101215-046.JPG

シーバが嫌いな小梅ちゃん。
なんだか見張り番をしてくれてるみたい ( *´艸`)ムププ

作戦は大成功とまではいかなかったけど、シーバがお皿の中にこんなに長く残ってたのは初めてです。
これで、ボスも元祖もゆっくりシーバを味わえたかな?(●´∀`●):*・゚

でも、朝目が覚めたときには・・・

101215-060.JPG

微妙に食べカスが残ってるだけ。
まぁ、こうなってて当然だと思うけど。
逆にいっぱい残ってたら、みるとすももの体調が心配になると思います。
(=犯人はみるとすももって断定してる。)

それにしても、なんで今回もみんにゃにバレたのか・・・
わたに関しては、時間までバッチリで怖いぐらいです。
でも、ホントにボスと元祖が帰ってきてくれてて、その気配にみんにゃが反応したんだったら嬉しいなかわいい

ニックネーム さーり at 11:59| Comment(0) | おうち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

飛行機雲と青空のもとで

昨日は元祖の一周忌法要と元祖の満中陰法要で、葬儀をしてもらったお寺さんに行ってきました。

一昨日の土曜日は、ほぼ1日中雨でした。
今日もずっと雨が降ってて、すごく寒いです。
でも、昨日は朝からすっごくいいお天気でした。
キレイな青空が広がってて、日差しは暖かくて、絶好の日向ぼっこ日和でした。

朝一番にリビングのカーテンを開けると、すぐにみるが窓辺にやって来ました。
あまりに暖かかったので、いつもは閉め切ってる窓を少し開けてみると・・・

101212-020.JPG

待ってましたとばかりに、お外をガン見し始めるみる。
いつもは冷たい風が入ってくるから閉め切ってるけど、昨日は窓を開けてても暖かかったです。

みるがお外見物に飽きた後は・・・

101212-028.JPG

すももが入れ替わり登場。
すももも久々のお外見物を楽しんでました。

隣の部屋に行くと・・・

101212-086.JPG

わたも窓辺で日向ぼっこ中。
お天気がいいと、自然とみんにゃ窓辺に集まります。

でも1にゃんだけ姿が見えない。
で、お布団の間をのぞいてみると・・・

101212-007.JPG

小梅ちゃん発見!
小梅は大好きなお布団の中で冬眠中でした。

みんにゃが思い思いの場所でぬくぬく過ごしてる間に、私はボスと元祖と一緒にお出かけの準備をしました。
写真と位牌とたくさんのご飯を持って、いざ出発。

101212-132.JPG

おうちにいるときと同じように、法要も仲良く並んで行いました。
ボスの一周忌と元祖の四十九日が同じ日だなんて・・・
これも運命だったのかなって思います。
一緒にお出かけできてよかったね、ボス・・・元祖・・・(*´∀`*)

法要が終わった後、ふと見上げた空に飛行機雲を見つけました。

101212-134.JPG

ボスが旅立った日も、飛行機雲が空に伸びてました。
そして、このキレイな濃い青空は、元祖を送り出した日の青空と似ています。
ボスも元祖も、この青空をいっぱい走り回って、元気に楽しく過ごしてくれてるといいな゚+.゚

帰りには実家に立ち寄って、ボスと元祖にずっと生活してた場所を見せてあげました。
こんなことをしなくても、ボスも元祖もしょっちゅう遊びに来てるかもしれないけどね〜。
だって、自分の家にいてもボスや元祖の気配は感じないし、にゃんずも至って変わりなしなのに、実家でめいと一緒にいると、突然何もない天井や壁を目で追ったり、窓辺にダッシュして何かを見つめたりすることがホントに多くて・・・
だからきっと、ボスも元祖も私の家より実家のほうに遊びに来てるんだなって思います。

ボスと元祖がしっかり守ってくれてるおかげで、めいとくぅも毎日ご機嫌さんで過ごすことができています。

101212-147.JPG

キャットタワーのおうちでお昼寝してたくぅ。
最近はここがお気に入りみたいで、くぅが1階にいなくて2階に探しに行くと、たいていここで寛いでます。

めいはたいてい、妹のお布団に潜って寝てます。
昨日もお布団に潜ってたけど、私がお布団の中をのぞく前に出てきてくれました。
そして、畳の上で再びねんね眠い(睡眠)

101212-160.JPG

めいちゃん、さっきまで寝てたんちゃうの?!
しかもポンポン丸出しやしあせあせ(飛び散る汗)
電気毛布でちょっとのぼせたのかな?
それにしても、よぅ寝るめいちゃまです。

ボスと元祖の法要の日が、最高のお天気に恵まれて本当によかったです。
そして、この日を悲しみに暮れることなく笑顔で過ごせたのは、ボスと元祖が残してくれた優しい思い出があるから・・・
ボスと元祖に出会えて、たくさんの思い出をもらった私は、本当に幸せ者だと思います。

ボス、元祖、一緒にお出かけできて嬉しかったよ。
お外のあったかい空気、いっぱい吸えたかな?
日向ぼっこもいっぱいできたかな?
姿は見えないし、体に触れることもできないけど、
こうしてボスと元祖との思い出がまた増えたこと、ホントに嬉しいよ。
これからも、一緒に思い出増やしていこうな!
これからも、ずっとずっと一緒やでっ!!
いつもありがとう、ボス.+:。元祖.+:。

ニックネーム さーり at 15:14| Comment(0) | おうち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

みるのチッチ事情

101129-10.JPG
              「今日はボクが主役やねん♪」

そうやで、今日はみるのこと書くんやで。

相変わらず、洗濯物に目がないみる。
ベランダから洗濯物を取り込んで、いざ畳もうとするとこの有り様です。
毎日元気で食欲モリモリのみるだけど、ひとつだけ、ずっと抱えてた問題がありました。

それは、みるのチッチのこと。

チッチとは、我が家ではウンチのこと。
みるのチッチには、保護当初からずっと悩まされてきました。

みるは常に軟便で、他のにゃんずのようなコロコロのチッチは、ほとんど見たことがありません。
形にならない下痢もしょっちゅうで、ブリブリ飛び散ってることもあります。
(きちゃない話ですみませんあせあせ(飛び散る汗)
そして何より匂いが激クサッ!!
部屋中、いや、家中に匂いが広がるほど強烈で、とにかくめーーーっちゃ臭いんです。

みるのチッチが異常に臭くて常に軟便だということ、今まで数え切れないほど病院で相談してきました。
でも、一度も深刻に受け止めてもらったことがありませんでした。
みるは野良ちゃん出身だし、保護当初にコクシジウムがおなかの中にいたこともあって、腸内環境がよくないだろうとのこと。
なので、軟便なのも匂いがひどいのも体質だと言われてきました。
実際に、便検査は何度もしてもらったけど、寄生虫は一度も見つからなかったし、お尻の穴の中の触診も異常なしでした。
だから、お薬が処方されることもなく、重要視されることもありませんでした。

それでも私はやっぱり心配で、自分なりに色々調べて、乳酸菌生成エキスを春頃から飲ませるようにしました。
でも、1ヶ月以上続けても、みるのチッチは全然変化なし。
夏頃からは逆に悪化してしまって、下痢の頻度が高くなっていきました。
そして、9月には血便が2日続けて出たので、さすがにほっておくことはできなくて、みるを病院に連れて行くことにしました。

血便が出たのも初めてではなくて、病院で何度も診てもらったことがあります。
でも、人間でいう 「痔」 みたいなものだから、たいしたことないと言われてきました。
今回の血便も今までと同じような状態だったので、今回もどうせ体質とか痔とかで簡単に済まされるかなって諦めつつ、診察を受けたのですが・・・

今回は今までとは全然違う展開になりました。

みるを診てもらうのは初めての先生が担当になったのですが、その先生は今までの先生と真逆のことを言われました。
今までの先生には、軟便・下痢は体質だから仕方ない(=治らない)って言われてきたけど、今回の先生は、今すぐにでも対策を考えて、早く治さないといけないって言ってくださったんです。

みるの下痢を治す・・・?

まさかそんな言葉を聞けるなんて思ってもいなかったから、「治す」 という言葉を聞いたときは、自分の耳を疑いました。
みるは今まで3人の先生に担当してもらってきました。
その3人の先生全員に、みるの下痢は仕方ない・体質だってっ言われてきたのに・・・。

今回担当して頂いた先生のお話では、軟便・下痢は、すぐに対策をとって治さないと、どんどん悪化して治りにくくなって、最終的には手遅れになることもあるとのことでした。
みるの軟便がどれくらい続いてるかを聞かれたけど、正直5年以上とは言いにくくて、「ひどくなったのは2ヶ月前です」って答えてしまいました
それでも先生にとってはかなり長かったらしく、苦笑いをされてしまいまいた。
そして、それだけずっと続いてると、治療も長期化すると言われました。

こんなこと、今までの先生には言われたことがありません。
下痢してすぐに受診したことは何度もあったし、ワクチン接種のたびに相談もしてきたけど、治そうとしてくれた先生は一人もいませんでした。
なんでこんなに先生によって違うのか・・・不思議で仕方ないです。

とりあえず、今回の先生の勧めで、お薬の服用を始めることにしました。
もうすでに症状が長期化してしまってるので、もしかしたらお薬が効かなくて、重大な原因を抱えてることもあり得るとのこと。
でも、原因を追及するとなると、大がかりな検査が必要になってくるので、まずはお薬を色々試して経過を見ましょうとのことでした。

お薬は整腸剤と抗生剤の2種類。
それで効果があれば、腸内の軽い炎症が原因で、わりと簡単に治るだろうと言われました。
でも残念ながら、みるには効果がなく、すぐにステロイドも追加されることになりました。
悪化してる炎症を抑えるためだそうです。

3種類のお薬を朝晩2回服用するようになって1週間後、みるのチッチにやっと変化が表れました。
最後までしっかりと形のあるチッチが、毎日出るようになったんです。
今までのチッチは、形があるのとないのがくっついて、でっかい塊になってました。
それがちゃんと単独になってるので、みるもこんなチッチができるんだと感動しました。

それ以来、みるは下痢らしい下痢をしなくなりました。
少し軟らかめかな〜ってときはあるけど、お薬を服用する前と比べたらずっとマシです。
もう治らないと諦めかけてたのに、お薬だけでこんなに効果が出るなんて・・・
もっと早く、今の先生に出会ってたらよかったって思いました。
それと同時に、自分がもっと今までの先生に追及しなかったことを後悔しました。
私がもっとしっかりしてたら、みるが下痢で苦しむこともなかったのに・・・
みるくん、ごめんな。

お薬の服用を始めて、もう3ヶ月になります。
今もお薬は3種類だけど、ステロイドの量は最初の4分の1になりました。
お薬をいつ卒業できるかは、今はまだ全然わかりません。
でも、手遅れの域に達する前にお薬を始められて、本当によかったです。


ではここで、みるがお薬を頑張って飲んでるところを見て頂きたいと思います☆

お薬は、ダンナさんが朝晩一人で飲ませてくれてます。
最初は二人がかりでもかなり苦労して、みるにはいっぱい辛い想いをさせてしまいました。
でもすぐにダンナさんがコツをつかんでくれて、私は終わった後の慰め役・褒め役に徹することになりましたあせあせ(飛び散る汗)

下 みるが飲んでるお薬です。

101130-133.JPG

みるはお薬タイムだとわかると、いつもこうして、ダンナさんの膝の裏にお顔を埋めます。
みるなりの抵抗やんな〜。

101130-137.JPG

でも、賢いみるは、お顔をすぐに上げさせてくれます。
めっちゃイヤそうやけどね〜。

101130-140.JPG

そのまま上あごの骨を片手でしっかりつかんで・・・

101130-141.JPG

前歯に指をかけて・・・

101130-142.JPG

お口を開けさせて、お薬投入!

101130-143.JPG

お薬が喉の奥に落ちると同時に、お口は閉じさせます。
クチャクチャしてお薬を出そうとするのを防ぐためです。
そして、喉をなでなでします。

101130-144.JPG

最後に、お薬を飲み込みやすいように、針のない注射器でお水を飲ませます。
みるがゴックンするのを確認したら、これで終わり。

101130-148.JPG
                     ニッぴかぴか(新しい)

決めのお顔をさせられるみる。
これはいらんよな〜。

101130-151.JPG

抱っこされて、遊ばれ続けてるみる。
これも余計やな〜。


こんな感じで、みるは毎日頑張ってくれてます。
毎日2回、3種類もお薬を飲ませないといけないとなったときは、絶対無理だと思いました。
でも、今ではほんの数分で終わるほど、みるもダンナさんも投薬に慣れてくれました。
毎日頑張ってお薬を飲んでくれてるみると、お薬をきちんと飲ませてくれてるダンナさんに感謝だなって思います。

今日はみるのお薬をもらいに行く日です。
先々週からチッチの状態が少し悪化してるので、もしかしたら、ステロイドの量が増えるかもしれません。
快方へ一直線とはいかないけど、「治る」 という希望が持てたことは本当に嬉しいです。
そしていつか、お薬とも無縁になれるといいな・・・。
タグ:みる
ニックネーム さーり at 15:50| Comment(4) | おうち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

旅立ちから1ヶ月 −元祖の月命日−

もう12月ですね〜。
月日が経つのが年々早くなってるような気がします。

昨日は、お昼休みに会社の近くの神社にお参りに行ってきました。
お天気がよくて、何となく空を見上げたら、ほぼ真上に伸びてる飛行機雲を見つけました。

「飛行機雲」 と言えば、私にとっては 「ボス」。
ボスがお空に旅立ったとき、実家の上の空にはほぼ真上に伸びる飛行機雲がありました。
それ以来、飛行機雲を見かけると、ボスのことを思い出すようになりました。
もうすぐボスが旅立ってから1年になります。
ボス、元気にお空を駆け回ってるかな〜?

そして、こないだの日曜日 11月28日は、元祖の初めての月命日でした。

初七日までは、1日に何度も何度も泣いてました。
でも、その後はなぜか冷静になれて、元祖のことを笑顔で前向きに思い出せることが多くなりました。
なのに、月命日が近付くにつれて、また泣くことが増えて・・・
日常生活でも、ちょっとしたことでショックを受けたり苛立ったりして、情緒不安定な状態が続いてます。

でも、そんな私を笑顔に戻してくれるのも、やっぱり元祖。
元祖と過ごした日々を思い出すと、悲しくて辛いことはもちろん多かったです。
でも、すっごく充実していて、幸せが満ち溢れてました。
元祖の行動や仕草のひとつひとつが輝いてて、それをそばで見守れることが本当に嬉しかったです。

そして、1番嬉しかったことは、元祖が私のお膝の上で旅立ったくれたこと・・・

私が外出してる間も、ずっと病気と闘い続けてくれてた元祖。
帰宅して元祖の部屋のドアを開ける瞬間が、毎日ホントに怖かったです。
でも、元祖は毎日ちゃんと待っててくれてました。
そして最期のときも、私がリビングから元祖の部屋に戻るまでの間、頑張って待ってくれてました。
私が元祖の部屋に戻ったとき、元祖の息は途絶えそうになってました。
それでも待っててくれてたんです。
元祖の旅立ちを予感した私は、元祖を抱きかかえてお膝に乗せたけど、そこから元祖は1時間以上頑張ってくれました。
その時間は、私にとってこの上ない宝物となりました。


その1ヶ月後。。。

101127-196.JPG

私のお膝の上には、元祖のお孫さん(=わた)がいました。
元祖の月命日の前日は、なぜかわたがいつも以上に甘えたでした。
いつもは寝てるはずのお昼間も、ほとんど寝ないで私にべったりでした。
↑ この写真を撮ったのは、28日に日付が変わるちょっと前です。
夜の11時頃から、わたが私のお膝に乗ってきたんです。
ちょうど1ヶ月前のこの時間は、私のお膝の上には元祖がいました。
お膝の上にいるわたを見てると、なんだか元祖も一緒にいてくれるような気がして、心が温かくなりました。

そして、0時を過ぎて、28日に日付が変わると・・・

101128-005.JPG

わたが突然ご飯待ち。

実は、28日になったら、すぐにしようと思ってたことがありました。
それは・・・元祖が好きだったクリスピーキッスをお供えすること。

わたは私の心の中を察知したのか、ご飯待ちの定位置から離れませんでした。
その横にはちゃっかりすもももいて、みると小梅もそわそわしながら集まってきました。

クリスピーキッスの袋を元祖の前に置くと・・・

101128-011.JPG

みるがすかさず登場。
なんでこの袋においしいものが入ってるってわかるのかな〜?

みるのキラキラ光線にお応えして、クリスピーキッスはみんにゃにもおすそ分けすることにしました。

101128-013.JPG

悪人顔になってるわたと、夢中で食べてるすもも。
クリスピーキッスは、わたのお口に合わなかったようです。ショボ━(´・ω・`)━ン

101128-015.JPG

新しいもの好きのみるは、期待通りバクバクがっついてました。

101128-022.JPG

シーバは食べない小梅も、クリスピーキッスはおいしそうに食べてくれました。

みんにゃが自分のお皿に夢中になってる間に・・・

101128-025.JPG

主役の元祖にお供え♪
ボスも一緒に食べれるように、2袋をお皿に入れました。

このクリスピーキッス、実はあんまりにゃんずに食べてほしくないんです。
発がん性が認められてる合成着色料が使われてるらしいので。
でも、ほとんどご飯を食べられなくなった元祖が食べてくれた唯一のカリカリだから、味はきっとおいしいんだろうし、粒が大きめなので歯磨き効果もあるそうです。
それに、元祖との思い出も詰まってるので、少しの量ならたまにはいいかなって思ってます。

でも、少しの量で済まないのがこの方 下

101128-026.JPG

お約束のみるボーイ (-∀-;)
みるの食べ残しは、すももがキレイに完食してくれました。
お皿に2人分入れたのは、君達のためじゃないんですけど〜たらーっ(汗)

これから毎月28日は、『クリスピーキッスの日』 となりそうです。


元祖へのお供えには、お花も用意しました。

近所のお花屋さんに行くと、ピンクのかわいいスイトピーにピンと来たので、かすみ草と一緒に買いました。
スイトピーのことを後で調べたら、スイトピーの花言葉が 『優しい思い出』 だということを知ってビックリしました。
なんだか花言葉に導かれたような気がします。

101128-135.JPG

元祖も一緒にお花を選んでくれてたのかな?

でも、元祖とゆっくりお花を眺めてる余裕はありませんでした。

101128-136.JPG

みるボーイの熱い視線目

101128-137.JPG

場所を変えても、まだ見てるし・・・あせあせ(飛び散る汗)

この後みるは、私のディフェンスをくぐり抜けて、かすみ草にかぶりつきました。
そして、口に入ったかすみ草を食べてしまいました。
幸いかすみ草は食べても大丈夫だったので、ひとまずホッ (o´д`o)=3
でも、スイトピーは猫にとっては有害らしいので、仕方なくベランダに出すことにしました。
このまま飾ってたら、みるのお口に入ること間違いなしなので。

お花をお口に入れてしまうにゃんずと生活してる限り、お花選びは要注意だなって思いました。
ユリが猛毒ということは知ってたけど、スイトピーなどマメ科の植物もダメだなんて知りませんでした。
せっかく元祖のために買ったのにな〜。

ご飯もお花も、お供えできた時間はほんのちょっと。
元祖の初めての月命日だったのに・・・元祖、ごめんな (。・人・`。))
我が家では、思い出の日をしんみりと過ごすことは、これから先もできそうにないです。
でも、これでいいのかも。
思い出の日は笑顔で過ごしたいもんね♪
苦笑いかもしれないけど (; ̄ー ̄A アセアセ・・・
ニックネーム さーり at 10:50| Comment(2) | おうち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

記念日にはケーキ♪

今週の月曜日 11月22日は、元祖がおうちに来てくれて3ヶ月目の記念日でした。


8月22日に元祖を保護したときは、元祖とのお別れがすぐに来ることを覚悟してました。
でも、元祖は信じられないほどの回復力で、瀕死の状態だったことを忘れてしまうほど元気になりました。
そして、9月22日の1ヶ月記念日は、当然のように迎えることができました。

なのに、その6日後の9月28日、元祖の食欲が突然落ちました。
しかも急激に。

そこからは、明日があるかもわからない日々が続きました。
もう今日が山かもと、何度も思いました。
でも、元祖のものすごい頑張りのおかげで、10月22日の2ヶ月記念日を迎えることができたときは、本当に本当に嬉しかったです。

その日、私は元祖ときちんとお祝いしたくて、ケーキを用意してました。
10月22日に日付が変わってすぐに、私は元祖にケーキを見せに行きました。

101022-017.JPG

元祖はケーキを見るのは初めてのはずです。
めずらしいものを私が持ってるからか、それを持ってる私のテンションがいつもと違うからか、元祖はじっと、ケーキを持つ私を見てました。

でも、この日は元祖の調子が一段と悪いみたいでした。
夜は全くご飯を食べなかったし、夜食に用意したお刺身も、お顔の前に置いたけど無反応でした。
見た目もいつも以上にしんどそうで、ケーキでお祝いしてる場合じゃありませんでした。
なので、ケーキはすぐに片付けて、ずっと元祖のそばにいるようにしました。

その30分後。。。

私は寝てしまってて、ふと目が覚めました。
そして目の前には、お刺身を食べてる元祖が・・・!!

101022-020.JPG

私が寝てる間に、わざわざお食事台まで歩いてきて、自分で食べてくれてたんです。
2ヶ月記念日を迎えさせてくれた元祖には、どれだけお礼を言っても足りないのに、元祖は私にまたキセキを見せてくれて・・・
私の宝物である思い出が、またひとつ増えた瞬間でした。

そして明け方には、お水を飲んでくれました。

101022-119.JPG

自分の足で歩いて、お水を飲みに行ってくれたんです。
ふせの体勢を保つことさえ難しい状態になってるのに、しっかり立って、お水をペロペロしてくれました。

朝ご飯のときには、ミルクも飲んでくれました。

101022-184.JPG

3gだけだったけど、おいしそうにミルクを飲んでる姿を見れて、すごく嬉しかったです。

その日の夜には、もう一度ケーキを出して、改めてお祝いしました。

101022-266.JPG

2ヶ月記念日だから、ロウソクを2本立てて、元祖の目の前で吹き消しました。
ケーキをちゃんと見てくれてた元祖のお顔、今でもしっかりと覚えてます。


元祖と一緒に過ごした2ヶ月記念日。
おうちに来てくれて、毎日頑張ってくれてる元祖にちゃんとお礼が言いたくて、少しでも気持ちが伝わればいいなって思ってケーキを用意しました。
そんなことしかできない私に、元祖はまたまたキセキをいっぱい見せてくれて、笑顔と幸せをいっぱいくれました。

元祖、2ヶ月記念日を一緒に迎えさせてくれてありがとう。
元祖はすごい、すご過ぎたよ・・・。
元祖の頑張り、しっかりと胸に刻んどくからね。
元祖とケーキでお祝いできたこと、一生の宝物になったよ。
ホンマにホンマにありがとう。



3ヶ月記念日も、元祖と一緒に過ごしたかったな・・・
元祖の苦しみが長くなるのは嫌だけど、やっぱり元祖ともっと一緒にいたかった・・・

そんな身勝手な私の気持ちは、いまだに消えることがありません。

でも、もしかしたら、元祖は姿が見えないだけで、今もそばにいてくれてるかもしれない・・・
だったら、元祖とまた一緒に、ケーキでお祝いしたいなって思いました。


そして迎えた3ヶ月記念日の11月22日。。。

用意しておいたケーキを、22日に日付が変わると同時に元祖にプレゼントしました。

101122-01.JPG

早速、野次猫のお越しですあせあせ(飛び散る汗)

こうなることを予測してたので、ケーキの記念撮影は事前に済ませておきました☆
箱の中身は・・・下

101121-62.JPG

かわいい フラワーケーキ かわいい

101121-64.JPG

ロウソクは3ヶ月記念日だから3本で♪

101122-29.JPG

ロウソクをかじる野次猫がもう1にゃん登場ですたらーっ(汗)

101122-39.JPG

みると小梅はフラワーケーキが気になって仕方ないらしく、かなり長い時間ここから離れませんでした。
その間私は、お花のガードに必死でした。

101122-51.JPG

そんな私のヒヤヒヤもお構いなしで、元祖とボスのお水を立ち飲みし始める小梅。
そしてみるは、立ち飲みしてる小梅のお尻の匂いチェック。
なんてマイペースな姉弟なんやろ・・・(-ω-;)

写真の元祖のお顔も、なんだかあきれてるように見えました。
元祖のために用意したフラワーケーキなのに、みると小梅が1番喜んでたような・・・たらーっ(汗)
元祖もフラワーケーキ見てくれたかな〜?

元祖の姿は見えないけど、こうして記念日をお祝いできることは本当に幸せだと思います。
元祖と出会えたことに感謝、そして、10年以上お外で頑張ってくれて、8月22日という運命の日を私にくれた元祖に感謝です。
タグ:小梅 みる 元祖
ニックネーム さーり at 11:52| Comment(2) | おうち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

11回目のシーバパーティー

今更ですが・・・
10月20日と10月21日に書いた記事をアップしました。
頂いたコメントのお返事をしてからアップしようと思ってて、なかなかお返事ができなかったので、ずっと非表示にしてました。
このままアップせずに削除することも考えたんですが、元祖のそのときの頑張りをきちんと記録に残しておきたいと思ったので、アップすることにしました。
もしよかったら、元祖が頑張ってくれてた姿を見てあげてください。




今週の月曜日 11月15日は、ボスの11回目の月命日でした。

先月の15日は、元祖も一緒に迎えることができたことが、ホントにホントに嬉しかったです。
食べられないだろうなって思いつつも、ボスからのおすそ分けだからもしかして・・・って思って、元祖のそばにシーバを置いたのを覚えてます。

101015-409.JPG

でも、元祖は1粒も食べられませんでした。
お外にいたときは、あんなに毎日おいしそうに食べてた大好きなシーバなのに・・・
1ヶ月前の9月15日には、1袋の半分をペロッと完食してくれたのに・・・

9回目のシーバパーティーのときは、来月も再来月も元祖と一緒にって思ったのに、10回目のシーバパーティーのときは、もうこれが最後かもって思ってしまいました。
そんなこと思いたくないけど、元祖の状態はそれだけひどくて・・・
でも、心のどこかでは、来月も元祖と一緒にって気持ちがあって、諦めることはありませんでした。

シーバは食べられなかったけど、その後マグロのお刺身を元祖のお口の前に持っていったら、1切れ分をおいしそうに食べてくれました。
もう半切れ分残ってたので、お皿をお食事台の上に置いて部屋を出て、しばらくして戻ってきたら・・・

101015-422.JPG

元祖、1切れも残さず完食してくれてたんです。
ボスが元祖に 「お刺身おいしいよ。おばあたん食べや。」って声をかけてくれたのかもって思いました。

その翌日も、元祖はお刺身をパクパク食べてくれました。
元祖のことはボスが守ってくれてる。だから、もしかして・・・って私の希望は膨らみました。

でも・・・その願いは叶いませんでした。

101015-413.JPG

先月シーバをお供えしたときは、ボスしかいませんでした。

101115-102.JPG

なのに、今月はボスの隣に元祖がいる・・・
元祖がボスの元へと旅立ってしまった現実を突き付けられたような気がして、悲しさや寂しさが一気に押し寄せてきました。

元祖の苦しんでる姿をいっぱい見てきたので、元祖が長く苦しみ続けるよりも、ボスの元へと旅立って、痛みや苦しみから解放されて、これでよかったんだって思ってました。
だから、ボスのときよりも流した涙の量は少なくて、気持ちの切り替えも早くできました。
でもやっぱり、元祖がいないのは寂しいし悲しいです。
そして、元祖がいない現実を受け入れられてない自分がいます。

いつになったら、この寂しさや悲しみは消えるのかな・・・
きっと一生消えないだろうな・・・

でも、その寂しさや悲しみは、元祖と過ごした温かくて優しい思い出が包み込んで、乗り越えさせてくれると思います。

それに私には、元祖が繋いでくれた命を、これからも守り続けていく義務があります。
元祖がいなかったら、わたとめいとくぅは確実に産まれてません。
小梅とみるとすももは、元祖との血の繋がりはわからないけど、お外で暮らしていく術を元祖から学んだからこそ、今があるんだと思います。
この大切な大切な命を守っていく上で、元祖が私にさせてくれた経験は必ず役に立つはずです。
それに何より、元祖は私の心を強くしてくれました。
そんな元祖に改めて感謝です。

元祖、ありがとうな。

元祖、ボスと一緒にシーバ食べれたかな?
ボスと取り合いするぐらい、元気になってくれてるといいな^^

シーバに目がないわたとみるとすももにも、シーバをおすそ分けしました。

101115-101.JPG

101115-104.JPG

101115-103.JPG

シーバに夢中の3にゃんです。

シーバが好きじゃない小梅には、元祖が食べてくれた最後のカリカリ 「クリスピーキッス」 を用意すると・・・

101115-105.JPG

カメラを向けたときには食べ終えてましたあせあせ(飛び散る汗)
それだけおいしかったってことやね♪

ボスと元祖も食べてるかな?って話しかけようとしたら・・・

101115-118.JPG

みるがすでに立ち食い中たらーっ(汗)
まぁ、こうなることは予想してたけどね。
ボスはきっと慣れたと思うけど、ご飯大好きの元祖は怒ってるかも ( ̄ー ̄; ヒヤリ

元祖、来月はもっと山盛り用意するから許してな。
怒ってお外ばっかり行かんといてな。
もうお外は寒いから、おうちでボスとのんびり過ごすんやで、元祖・・・^^

ニックネーム さーり at 16:38| Comment(4) | おうち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

お膝が大人気

元祖がお空に旅立って、お葬式を終えた10月31日から、わたに変化が起きました。


10月31日の夜、元祖のために取った5連休が終わってしまうな・・・ってふと考えてたら、わたが私のお膝の上に乗ってきました。
わたがお膝に乗ってくるなんて、ここ数ヶ月では1度もありませんでした。
もしかしたら、半年以上ご無沙汰かも。
最後にわたがお膝に乗ってきたのがいつだったのか、全く思い出せないぐらいです。
だから、わたがお膝に乗ってきたときはビックリしました。

しばらくして、私が体を後ろに倒すと・・・

101031-132.JPG

わたはおなかの上へ。

101031-162.JPG

このままわたは、2時間以上私のおなかの上に居座りました。
私は晩ご飯を食べることもできず、足もお尻もしびれてたけど、わたをどかそうとは思えませんでした。

この2ヶ月間、私は納戸に籠ってばっかりでした。
そして、元祖が旅立つまでの2週間は、夜から朝にかけては元祖に付きっきりでした。
リビングから私を呼ぶわたの声が聞こえても、「今おばあたん頑張ってくれてるから、わたも頑張ってな。」ってわたにお願いして、わたの相手を十分にしてあげることができませんでした。
家の中に私がいるのに、私と一緒にいられないのは、わたにとってはかなりのストレスだったと思います。

私の胸にしがみ付いてるわたを見てたら、今までの寂しさを一気に取り戻してるような気がして、わたが愛おしくてたまらなくなりました。
今まで我慢させてごめんな。頑張って耐えてくれてありがと、わーちゃん。

その日以来、わたは毎晩私のお膝に乗ってくるようになりました。
そして最低1時間は、私のお膝に居座るようになりました。
わたの重みを感じながら、わたの大音量のグルグルを聞いて、わたのかわいい寝顔を見られるこの時間は、私の至福の時となってます。

でも最近、その至福の時に割り込んでくるようになったのがこの方・・・

101109-08.JPG
                  「ボクやで。」

わたがお膝にいるのに、みるが私の服をホリホリしに来るんです。
『 服をホリホリする = 甘えたい・抱っこしてほしい 』 なので、私はわたのご機嫌を損ねないように、みるをそっと抱きかかえます。
みるもずっと我慢してくれてたので、みるにもちゃんと甘えさせてあげないとねっ!

みるが満足して立ち去った後は・・・

101109-26.JPG

わたはお膝でもうひと眠り眠い(睡眠)
みるのお邪魔虫にめげることのないわーちゃんです。

昨日の夜は・・・

101110-67.JPG

わたより先に、みるがお膝を陣取りました。

101110-74.JPG

満足気なボクちん。
でも、お薬タイムになったので、ボクちんはダンナさんのお膝に移動となりました。

やっと動けると思ったのも束の間、その10分後には・・・

101110-75.JPG
                    チ--------ン

わたがすかさずお膝を陣取りに来ました。

101110-91.JPG

私の腕をあごでロックするわた。
ご飯が食べにくいし、足だけじゃなく腕もしびれるけど、わたが満足してくれるならそれでいいんです。

でも、ちょっと困ったことも起きました。

お膝に乗ってくるのが、夜だけじゃなくなったんです。

今朝、起きてすぐにリビングに行って、何気にわたのそばに座ったら・・・

101111-06.JPG
                    チ--------ン

まさかの朝からお膝。
朝は時間に追われてるから、ちょっと困るんやけど〜あせあせ(飛び散る汗)

101111-16.JPG

そんな私の焦りに全く動じないわた。
結局、遅刻しないギリギリの時間まで、わたにお膝にいてもらいました。
おかげで私は朝から大忙し。
これからは、ちょっと早めに起きたほうがよさそうです。

お膝が人気なのは嬉しいけど、できたら晩だけにしてほしいな〜なんて、贅沢な悩みを抱える私でした。。。
タグ:みる わた
ニックネーム さーり at 16:02| Comment(2) | おうち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

2週間

2週間前の水曜日の深夜に、元祖はお空に旅立ちました。

2週間前の朝は、息をしてる元祖と一緒に迎えたのに・・・

あれから2週間経った今も、元祖と一緒に朝を迎えることができない現実が受け入れなくて、なんだか不思議な感じです。
悲しいとか寂しいとかでもなく、不思議な感じなんです。

もしかしたら、今も一緒に元祖は朝を迎えてくれてるのかもしれない・・・
姿は見えないし、触れることももちろんできないけど・・・

だから今も、毎朝元祖に 「おはよう」って言ってます。

目が覚めて右を向くと、並んで座ってる元祖とボスが目に入ります。
見える姿は変わってしまったけど、毎朝元祖とボスに1番に 「おはよう」って言えることが、ホントに幸せです。

そしてリビングに行くと・・・

101110-01.JPG

座椅子には小梅がいて・・・

101110-06.JPG

窓辺の隅っこにはわたがいて・・・

101110-05.JPG

みるお気に入りの毛布の上には、すももがいました。

みるを探しに廊下に出ると・・・

101110-09.JPG

ダンナさんの服を積んでるシルバーラックの上で、みるが寝てました。

このシルバーラックは、元々は納戸に置いてあったものです。
元祖がおうちに来てくれてから、廊下に移動させました。
元祖の匂いが服につくのを、ダンナさんが嫌がったからです。
これだけ聞くと、「ダンナさんってひどい人」って思われるかもしれないけど、保護当初の元祖は、汚れなどが原因と思われる体臭がきつかったし、ひどい下痢をしてて、ウンチの匂いもひどかったので、接客業をしてるダンナさんにはそうせざるを得なかったんです。
でも、おかげで元祖のケージを2倍に広げることができたし、今はみるのお気に入りのベッドとなりました。

そんなにひどかった元祖の匂いは、下痢が治ると急激に弱まりました。
時々お顔や体を拭き拭きさせてもらったので、体臭も少しずつ和らぎました。
そして、私にとっては心安らぐ匂いとなって、今も納戸に残ってくれてます。

でもやっぱり、少しずつ薄れてきてしまいました。
匂いが消えるのは仕方のないことだけど、どうにかして残したいって思います。
元祖の匂いの香水とか作れたらなって、アホなことを真剣に考えたりしてます。
匂いの残し方をご存知の方がいらっしゃったら、ぜひ教えて頂きたいですっ!!
よろしくお願いします。

元祖との思い出は、色んな形で残ってるんだなって思います。
心の中に残ってる目に見えない思い出はもちろんのこと、目に見える写真や動画もたくさん残ってるし、元々あったシルバーラックでさえも、元祖との大切な思い出となりました。

今日の大阪は、すっごくいいお天気でした。
雲のない青空が広がってました。

元祖もいっぱい日向ぼっこできたかな?
夜は冷えるから、ちゃんとおうちに帰っておいでよ、元祖・・・☆
ニックネーム さーり at 15:04| Comment(6) | おうち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

おちりも気持ちもぬっくぬく

元祖にお花を頂きました。

101106-1.JPG

なぜかわらわらと集まってくるにゃんず。
ちゃあちゃんの匂いがするかな?^^

では、みる坊ちゃんから一言。

101106-2.JPG
      「ちゃあママさん、ボクのおばあたんにありがとうですっ!!」

101106-3.JPG
                「こっちは何かな〜?」

中にはこんなにかわいいものが入ってました。

101106-4.JPG

ちゃあママさん手編みのお座布団☆:*・゚(●´∀`●):*・゚

このお座布団が目に入った瞬間、私の頭に浮かんだもの・・・

それは、元祖が愛用してくれてたクッションです。
100均で買った安物だけど、元祖はそのクッションをすぐに気に入って、その上でよく寛いでくれてました。

私がトイレ掃除してるのをチェックするときも・・・

101012-005.JPG
                                          2010.10.12

ご飯を食べて、ペロペロお手入れするときも・・・

101012-044.JPG
                                          2010.10.12

私の帰宅を待ってるときも・・・

101020-189.JPG
                                          2010.10.20

手枕しながら私を見つめるときも・・・

101021-006.JPG
                                          2010.10.21

元祖はいつも、そのクッションの上にいました。

元祖との思い出がいっぱい詰まったクッション。
でもそのクッションは、元祖のおちっこをたくさん受け止めてくれたので、今はもうお家にはありません。

でも、そのクッションが帰ってきてくれたような気がして、思わず涙が溢れました。
そして、ちゃあちゃんやご家族のことで大変なときにも関わらず、元祖のために編んでくださったちゃあママさんのお気持ちが、本当に嬉しかったです。
ちゃあママさん、ありがとうございました。

早速元祖のおちりの下にお座布団を敷いて、元祖の隣にお花を飾りました。
そして記念撮影カメラ と思ったら・・・

101106-5.JPG

みるがお水を立ち飲みしに来ました。
相変わらず、空気の読めないみる坊ちゃんですたらーっ(汗)

では、気を取り直して・・・

101106-6.JPG

記念撮影成功 v(。・ω・。)ィェィ♪
ピンクと白のかわいらしくて優しい色合いのお花も、クッションと同じ色合いのふわふわのお座布団も、元祖にすっごく似合ってます。
元祖、嬉しいな♪ よかったな♪

101106-7.JPG

元祖の隣には、ベージュのお座布団を敷いてるボスがいます。
ボスも元祖も、おちりぬくぬくやな♪♪

これからもっともっと寒くなるけど、ちゃあママさんのおかげで、ボスも元祖も冬支度バッチリです。
そして、元祖のおちりだけではなく、私の気持ちもすっごく温かくなりました。
本当に本当にありがとうございました。
ニックネーム さーり at 15:55| Comment(4) | おうち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

元祖の初七日

昨日 11月3日は、元祖の初七日でした。

朝からとってもいいお天気で、空は青く晴れ渡ってました。

下 仲良くお外を眺めてるわたとみる。

101103-040.JPG

下 窓辺のミニキャットタワーで日向ぼっこしてる小梅。

101103-054.JPG

下 日当たりのいいソファーの上でおねむのすもも。

101103-066.JPG

気持ちのいい朝を、みんにゃ満喫してました。

元祖にも青空を見せてあげたくて、カーテンを全開にしました。
元祖とボスがいる場所まで朝日が差し込んで、部屋の中はぽかぽか陽気に包まれました。
日向ぼっこが好きだった元祖・・・ボスと仲良く日向ぼっこしてるかな?

おうちに来てからの元祖には、日向ぼっこをさせてあげることが一度もできませんでした。
自然の風に当たることも、お空を見上げることも・・・。
今までお外で自由に生きてきた元祖から、自由を全部奪ってしまったこと、ずっと申し訳なく思ってました。
狭いケージの中にずーっと閉じ込められて、息のつまる毎日だったと思います。
そんな中で2ヶ月以上も頑張ってくれた元祖には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

元祖、ほんまにありがとう。


元祖が家の中にいて、元祖を何よりも優先するのが当たり前だったこの2ヶ月。
だから今は、元祖がいないことに違和感があります。
今でも納戸のドアを開けるときは緊張するし、早く帰らないとって気持ちが焦ってしまったりします。
睡眠不足も当たり前で、2時間以上続けて寝ることなんてできなかったのに、何時間も寝続けられる今が、なんだか気持ち悪いです。
でも、だんだん元祖のいない日常が、普通になっていくのかな・・・?

元祖がいた納戸には、今でも元祖の匂いが残ってます。
ネコって体臭がないはずだけど、お外でずっと頑張ってきてくれた元祖には、特有の匂いがありました。
他人にとっては、決していい匂いでないと思うけど、私はその匂いが大好きでした。
愛おしくて、心地よくて、すごく気持ちが安らぐ匂いです。
きっとこの匂いも、もうしばらくすると消えてしまうんだろうな・・・。
ずっとずっと、消えてほしくないな・・・。

匂いは残ってる納戸ですが、元祖の気配は全然感じません。
家中のどこにも、元祖の気配を感じないんです。
元祖の気配を全く感じなくなったのは、元祖がお空に旅立った翌日の29日からです。
体も煙となって、本当の自由を取り戻した直後から、元祖は早速お外に遊びに行ったのかもしれません。

だから、元祖には毎日、「ご飯のときとねんねするときは、ちゃんとおうちに帰ってきぃや。」って話しかけてます。
そしてボスには、「おばあたんが、あんまりフラフラ遠くまで行かへんように見といたってな。」ってお願いしてます。

元祖がおうちにいないからか、我が家のにゃんずは至って普通です。
でも時々、みるが何もない場所をキョロキョロ目で追ってたり、元祖がいた納戸の前で鳴いたりするので、そのときだけは、元祖が帰ってきてくれてるのかな?って思います。

実家に行っても、元祖の気配は感じません。

下 お気に入りのベッドでまったりしてるくぅ。

101103-117.JPG

下 1日のほとんどを、お布団の中で過ごしてるめい。

101103-119.JPG

昨日も特に変わりありませんでした。

でも、めいとくぅと一緒に暮らしてる妹の話では、めいもくぅも、以前よりお外をよく見るようになったそうです。
妹の腕枕で寝てためいが、突然起きて窓のほうを見つめたり、あまり2階に行かないくぅが、2階の窓からお外を眺めたりしてるそうです。
元祖はずっと実家の周りで生活してたので、私の家よりも実家のほうが居心地がいいだろうし、お気に入りの場所もいっぱいあるので、実家にしょっちゅう遊びに来てるのかもしれません。
元祖に会えないのは寂しいけど、元祖が好きな場所に行って、好きなことができるようになったことは、本当に嬉しいです。

元祖が帰ってきてくれてるかはわからないけど、初七日のお供えに、マグロのお刺身とお花を用意しました。

101103-149.JPG

お花屋さんは数件まわったけど、気に入ったアレンジメントに出会えなかったので、日向ぼっこが好きな元祖・まぁるい元祖をイメージして、優しいオレンジとクリーム色のバラをメインに自分で生けてみました。
お花の知識は何もないし、お花を生けるなんて初めてだけど・・・ちょっとは元祖らしく出来たかな?

マグロは元祖が食べてたいつものサイズにカットして、元祖の前に置いてあげました。

101103-123.JPG

・・・と、左下に危険にゃん物がフレームイン ΣΣ(゚д゚lll)

101103-124.JPG

すぐに立ち食いを始めるみる。

101103-128.JPG

めっちゃ食べてるし・・・(-∀-;)

101103-142.JPG

お供えをして、数分後にはこの有り様です。
写真の元祖のお顔が、ムスッとしてるように見えました。

その後には・・・

101103-150.JPG

すももがお水を拝借。
これじゃ、元祖がもっと帰ってきてくれなくなるかも (;´Д`A ```

そう言えば、ボスの初七日もこんなんだったような・・・
涙でしんみりするよりも、笑顔がこぼれる初七日のほうが、我が家には合ってるのかもしれません。
きっと元祖も笑ってくれてると思います。
苦笑いかもしれないけどねあせあせ(飛び散る汗)
ニックネーム さーり at 15:48| Comment(4) | おうち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

元祖、ありがとう。

ブログの更新も、頂いたコメントやメールのお返事も、全然できていなくて申し訳ありませんでした。

元祖は、先週の木曜日 10月28日に日付が変わった頃、ボスの元へと旅立ちました。

元祖のことを応援してくださっていた皆様には、すぐにお伝えすべきだったのですが・・・
こんなに遅れてしまい、本当に申し訳ないです。


下 10月27日の元祖です。

101027-090.JPG

朝の6時過ぎ、お水をお顔の前に持っていくと、ちゃんと自分で飲んでくれました。
これが、元祖が最後に口にしたお水になりました。

101027-193.JPG

夕方になると、ときどきこんなふうに、天井を見上げるようになりました。
ボスがお迎えに来てるのかなって思いました。

101027-201.JPG

それでも、こんなにかわいいお顔で、私を見つめてくれたりもしました。
この4時間後にお別れが来るなんて、このときは全く思ってもいませんでした。


元祖は最期の最期まで、病気に負けることなく、立派に闘ってくれました。
私に甘えることは、最期までしませんでした。
私が差し出した手を、最期まで振り払おうとしてました。
体を思うように動かすことはできなくなって、呼吸をするのもしんどそうなのに・・・

そんなにひとりで頑張らずに、もっともっと甘えてほしかった。
元祖が少しでも楽になるように、もっともっとお手伝いさせてほしかった。

でも・・・元祖は私の手を必要としませんでした。
それでこそ元祖であって、最期まで元祖らしかった思います。


もう限界じゃないかと、この1ヶ月の間に何度も思いました。
でもその度に、元祖は私の思う限界を越えてきてくれました。

この2週間は、1日に食べれたご飯の量が、缶詰10gと子猫用のミルク10gぐらいという毎日でした。
10gなんて、スプーン1杯にも満たない量です。
そんな量で、元祖が生きていけるわけありません。
それでも元祖は、毎日自分でご飯を食べて、お水やミルクを飲んで、オシッコはおトイレでちゃんとしてくれてました。
元祖のひとつひとつの行動が、キセキのように思います。

でも、ホントにもうダメなんじゃないかと思ったのは、10月23日の土曜日でした。
寝ているその場で、オシッコを何度もしてしまうようになったからです。
でも、オシッコをしたいと思ったときには、ちゃんとおトイレに向かって、おトイレの中でオシッコができてました。
だから、おトイレ以外で出てしまったオシッコは、おトイレに間に合わないわけではなく、無意識で出てしまったんだと思います。
ということは、それだけ体の感覚がなくなってきてるのかもしれないと思いました。

その2日後の25日 月曜日には、厚み3cm程度の座布団の上にもあがることも困難になりました。
後ろ足に力が入らないみたいで、体のふらつきは更にひどくなってました。
そんな元祖を見て、もう元祖をひとりで家に置いておけないと思いました。
なので、翌日の26日 火曜日には、月末の仕事を全部終わらせて、水曜日からは会社を休もうと決めました。
そうすれば、水曜日から日曜日までの5日間、ずっと元祖と一緒にいられるって・・・。

でも、息をしてる元祖と一緒に過ごせたのは、27日 水曜日の1日だけでした。

27日の23時59分に元祖の呼吸が止まって、0時を過ぎてすぐに、心臓の動きが止まりました。

せっかく元祖と5日間一緒にいられると思ったのに・・・
あと1日でいいから、元祖と一緒に過ごしたかったです。

でも、これでよかったんだと、すぐに思い直しました。
最期の2日間、元祖は本当にしんどそうでした。
おうちに来てから一度も吐いたことがなかったし、吐くものなんてないはずなのに、26日に初めて吐いて、その後も数回吐きました。
そして、見てて1番辛かったのは、元祖がときどき動き回ることです。
穏やかに寝てたと思ったら、急に体を起こしてどこかに行こうとして、何度も何度も激しく床に倒れてました。
後ろ足は全然力が入らないみたいで、下半身不随のようになってしまってました。
私が体を支えようとすると、元祖は声を出して嫌がって、更に呼吸が荒くなってしまうので、私はただ見守ることしかできませんでした。

でも、そんな無力な私に、元祖は最高の見送り方をさせてくれました。
元祖・・・私のお膝の上で旅立ったんです。
旅立つまでの約1時間、元祖はずっと私のお膝にいてくれました。
じっと私の顔を見つめてくれてました。
ホントに夢のような、幸せな1時間でした。

そして、私の幸せな時間はまだまだ続きました。

夜通しかけて、元祖を送り出す準備をしました。
お顔と体をキレイに拭いて、今までできなかったブラッシング、爪切り、そしてなでなでもいっぱいさせてもらいました。

28日の夜は、元祖と一緒にお布団を並べて寝ました。
元祖の体が痛まないように、窓を全開にしてたのに、体も心もぽかぽかで、全然寒さを感じませんでした。

そして、元祖と一緒に29日の朝を迎えました。
葬儀はお昼過ぎからだったので、午前中に元祖と一緒に実家に行きました。
元祖が10年以上過ごした場所に、元祖を連れて行ってあげたかったからです。
元祖がご飯を食べてた場所、お昼寝をしてた場所、オシッコをしてた場所・・・
知ってる限りの元祖のお気に入りの場所を、元祖と一緒にお散歩しました。
お天気がよかったのは29日だけです。
28日は台風で、30日はほぼ1日中雨でした。
お日様が輝く青空の下で元祖を送り出せたこと、ホントによかったと思います。

30日の土曜日には、元祖のことをお願いしてた氏神さんの神社に、お礼参りに行きました。
そして、元祖の好きなお刺身を買って帰りました。
その日の夜に、早速お供えすると・・・

101031-012.JPG

みるがまさかの立ち食いあせあせ(飛び散る汗)
元祖がいたときには、一度も食べようとしなかったのに。
みるのお顔の前に置いても、一口も食べなかったんです。
それなのに・・・元祖の代わりに食べてくれてるのかな?

他のにゃんずには、レンジでチンしたマグロと鯛をおすそ分けしました。

101031-016.JPG

わただけが、おいしそうにたくさん食べてくれました。
普段はカリカリ以外のご飯をあまり好まないのに。
わたは元祖の実の孫だから、何か通じるものがあるのかなって思いました。

そして、5連休最後の日曜日には、ボスを送り出したお寺に行って、元祖のお葬式をしてもらいました。
元祖をお骨にしてもらった葬儀屋さんの葬儀では満足できなくて、気持ちが治まらなかったので。

101031-080.JPG

ボスとお揃いの位牌を作ってもらって、お塔婆供養もお願いしました。

帰りには実家に寄って、めいとくぅに会ってもらいました。

101031-088.JPG

元祖をクンクンしまくるくぅ。

101031-101.JPG

寝ぼけながらも元祖を見つめるめい。

めいとくぅは、元祖の実のひ孫です。
これからは、ボスと一緒に、めいとくぅのこと護ってくれると思います。

おうちに帰ってきて、やっと定位置に落ち着いた元祖。

101031-107.JPG

私のわがままで、元祖をいっぱい連れまわしてしまいました。
元祖、ごめんやで。

でももうここが、元祖の居場所です。
ボスと仲良く並んでもらって、ご飯もいっぱい用意しました。
元祖、いっぱい食べて、いっぱい飲んで、早くコロコロの元祖に戻らなあかんよ!


これで、5連休は終わりました。
息をしてる元祖とは1日しか一緒にいられなかったけど、結局5日間全部、元祖のために時間を費やして、元祖と一緒に過ごすことができました。
ホントに幸せな5日間になりました。

元祖・・・幸せいっぱいくれて、ありがとう。
元祖は自慢の家族やで。
さーりの大事な大事な家族。
さーりのこと、忘れんといてな。
虹の橋のふもとで、ボスと一緒に待っててな。
また会えるの楽しみにしてるで。
ほんまにありがとう。
元祖、大好きやで。



最後に、応援してくださった皆さんにもお礼を言わせてください。
元祖のことを温かく見守って頂き、ありがとうございました。
元祖のことを祈ってくださり、ありがとうございました。
皆さんの応援がなかったら、私はとっくにくじけてたと思います。
私が元祖のために精一杯できたのは、皆さんのおかげです。
本当にありがとうございました。

立派に闘いを終えた元祖の写真、この後に載せますので、見ても大丈夫な方は見てあげてください。

続きを読む
ニックネーム さーり at 22:17| Comment(10) | おうち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

ミルク大好き♪

元祖は昨日も私をちゃんと待っててくれました。

昨日はめいの心臓と腎臓の検査の日だったので、会社を午後から休ませてもらって、お昼過ぎには自宅に帰ってきました。

元祖のいる納戸のドアを開けると・・・

101020-089.JPG

座布団の上で横になってた元祖が、お顔を上げてくれました。
元祖のことが心配で張り裂けそうだった気持ちが、安堵に変わった瞬間でした。

朝に入れていったご飯をチェックすると、どれも全く減ってませんでした。
でも、お水が汚れてたので、お水は飲んでくれたことがわかりました。
おトイレにはオシッコの塊が2つありました。
もう寝返りをすることさえしんどいに、私が留守をしている間に、元祖はお水を自分で飲みに行って、オシッコはちゃんとおトイレでしてくれてて、そんな元祖には 「ありがとう」って言葉が溢れてきました。
きっと私だったら死んだほうがマシだと思ってしまうレベルに、元祖はずっと前から達してるはずなのに、それでも元祖は頑張り続けてくれてる・・・

さーりが帰ってくるまで待っててくれてありがとう。
お水飲んでくれてありがとう。
オシッコおトイレでしてくれてありがとう。


元祖にはどれだけ 「ありがとう」って言っても言い足りません。

おトイレ掃除をした後、元祖は座布団の真ん中まで出てきてくれました。
そのまま元祖はゆったり寛いでて、そのお顔がすごくかわいかったので、接近して写真を撮ろうとすると・・・

101020-104.JPG
                      てぃっ!!

カメラにパンチを浴びせる元祖。
近寄り過ぎたみたいで怒られちゃいましたあせあせ(飛び散る汗)
でも、パンチにスピードがあって、そんな元気があるってことが嬉しかったです。

その後、ご飯を新しいものに入れなおして、元祖のお顔の前に運んだら、1口だけパクッてしてくれました。
ご飯の重さを量ったら、減ったのはたったの2g。
それでも自分でパクッてしてくれたことが、本当に嬉しかったです。
続けてミルクも3g飲んでくれました。
ミルクを飲んだ後の満足気なお顔が、たまらなくかわいかったです。

数時間経って、病院に行く時間になったので、またご飯をいくつか並べて出かけました。

そして、病院から帰ってきたら・・・

101020-177.JPG

ご飯が減ってるーーっ!!
缶詰が1口ぐらい減ってて、隣に置いてるミルクに食べカスがついてたので、ミルクも飲んでくれたことがわかりました。
私がお顔の前にお皿を持っていかなくても、自分からわざわざお食事台まで歩いて行って、ご飯を食べてれくたことが、もちろんめちゃくちゃ嬉しかったし、それ以上に驚きでした。
「すごいな〜!賢かったな〜!」って、元祖に何度も話しかけました。

でも、夜遅くになると、元祖はいつも以上にしんどそうになって、お夜食のお刺身も全く食べれませんでした。
元祖が心配だったので、元祖のケージのすぐそばで、私は横になりました。
そしてそのまま寝てしまってて、深夜の3時に元祖の動きで目が覚めました。
体を起こした元祖はおトイレに向かって・・・

101021-009.JPG

オシッコ。。。

おトイレの外にオシッコがこぼれることもなく、しっかりしゃがんでオシッコができてました。

101021-010.JPG

おトイレから座布団に戻ってる元祖です。
ふらつきはあるけど、足取りは軽やかで驚きました。
お顔もキラキラしてて、数時間前とは見違えるほどでした。

これなら食欲も少し戻ったかな?って思って、缶詰やささみのおやつをお顔の前に持って行きました。
でも、残念ながらお気に召さなかったみたいで、1口も食べてもらえませんでした。
最後にミルクをお顔の前に置いてみると・・・

101021-014.JPG

飲んでくれました〜ワァ━━ヽ(●´∀`●)ノ━━ィ!!
飲んだ量は3gだけだったけど、夜になってからのしんどそうな様子を見てた分、喜びは大きかったです。

明け方の5時に、またふと目が覚めたときには・・・

101021-061.JPG

元祖はおトイレの中にいました。
熱があるのかもって思って心配したけど、すぐにしっかり歩いて座布団に戻って行きました。
おめめはパッチリと開いてて力強さがあったので、しんどいピークは乗り越えてくれたんだと思いました。

窓の向こうの空が明るくなってきてるのに気付いたので、元祖に 「おはよっ!」って声をかけました。
そして、今日も朝を一緒に迎えられた喜びを改めて感じて、元祖に 「ありがとう。」って言いました。

空がどんどん明るくなるにつれて、元祖の調子もよくなっていってるように見えました。
呼吸はすっかり落ち着いて、穏やかな状態が続いてました。

朝ご飯に用意した缶詰は、6g食べてくれました。
その後ミルクも用意したら、グビグビおいしそうに飲んでくれました。
ミルクの重さを量ったら、11gも減ってて驚きました。

101021-113.JPG
                  「すごいやろ?」

すごいすごいっ!! 元祖、ホンマにすご過ぎるよーーー!!!
いつもは数gしか飲めなかったのに・・・
昨日の夜はあんなにしんどそうだったのに・・・
お口の周りにミルクをいっぱいつけてドヤ顔してる元祖が、かわいくて愛おしくてたまりませんでした。

元祖は毎日私にキセキを見せてくれてます。
私に笑顔と幸せをいっぱいくれてます。

今日も早く帰ってミルク用意するから、いっぱい飲もうな!元祖・・・ (●´∀`●):*・゚
タグ:元祖
ニックネーム さーり at 17:00| Comment(0) | おうち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

おいしいね♪ 嬉しいね♪

元祖は昨日も、私の帰りをちゃんと待っててくれました。

101019-233.JPG

祈りながら納戸のドアをそっと開けると、元祖はいつものように座布団の上でころんしてました。
でも、お顔がはっきり見えなかったので、呼吸をしてるかおなかの動きを確認するまで安心できませんでした。
元祖が元気だったときは、私が納戸に入るとハッと起きて、箱の奥に入ってしまうことが多かったです。
でも、今はそんなこともなくなりました。
私に懐いてくれたんじゃなくて、それだけ体がしんどいからだと思います。

それでも元祖は、ちゃんとおトイレでオシッコしてくれてました。

101019-240.JPG

おトイレの中には、オシッコの塊が3つもありました。
もう数歩歩くだけでもフラフラなのに、元祖は3回もおトイレまでの距離を行き来してくれた・・・
元祖の頑張りには涙が出ます。

出勤前に入れていったご飯は、全然減ってませんでした。
でも、元祖が朝食べてくれた、dbfの 「めざせご長寿21歳」 という缶詰を、元祖のお顔の前に置いてみると・・・

101019-250.JPG
                     パクッ!!

食べてくれましたぴかぴか(新しい)

101019-251.JPG
                     カミカミ・・・

しっかり歯で噛んで、ちゃんとゴックンしてくれました。
元祖が食べてくれた量は5g。
1缶80gなので、16分の1の量です。
それでも、元祖が自ら食べて、おいしそうにモグモグしてくれてる姿を見れて、本当に嬉しかったです。

その1時間後のこと。。。

101019-256.JPG

元祖はお顔を上げて、何かを目で追ってました。
元祖の上には天井しかないはずなのに・・・。

101019-259.JPG

そしてその後、元祖は何もないはずの壁をじっと見つめてました。
まさか・・・ボスがお迎えにきたんじゃ・・・
そんなことが頭をよぎったけど、「まだお迎えじゃない。ボスは元祖のことを、そばで見守ってくれてるんや。」って思い直しました。

その約30分後に、そろそろおなかがすいてきたかな〜と思って、元祖のお顔の前にミルクを置いてみました。
すると・・・

101019-266.JPG
              ペロペロ・・・ピチャピチャ・・・

横になってた体をわざわざ起こして、ミルクを飲んでくれました。

101019-267.JPG

飲み終わった後は、お鼻をペロリ♪
「さっきのはやっぱりお迎えじゃなかった。ボスはちゃんと見守ってくれてるんや。」って確信しました。

夜の11時を過ぎた頃には、元祖にお夜食を用意しました。
元祖の食欲が落ち始めたときから、お夜食にはマグロのお刺身を用意するようになりました。
でも、マグロもだんだん食べれる量が減ってきたので、昨日はホタテとカンパチのお刺身を買ってみました。

お刺身をいつものサイズにカットして、元祖のお顔の前にお皿を置いてみると・・・

101019-300.JPG
                     パクッ!!

ホタテのお刺身を食べてくれました。
カンパチはクンクンするだけだったけど、ホタテは7切れも食べてくれました。
ホタテ1個を15切れにカットしたので、7切れということは半分の量。
昨日は大好きだったマグロのお刺身もほとんど食べれなかったのに、また食べれるようになって、しかも半分も食べてくれた・・・元祖はやっぱりすごいです。

ホントは強制給餌をすべきだということ、そしてそのほうが、元祖は1日でも長く生きられるかもしれないということ、私も十分わかってます。
でも私には、それをしようと思えません。
元祖の 「食べたい。食べよう。」 という気持ちがある限り、その気持ちを大事にしたいから・・・

それに、元祖がご飯を食べてくれるときのお顔は、ホントに嬉しそうで・・・
ご飯をちゃんと 「おいしい」って思って食べてくれてるんだなって思います。
そんな元祖のお顔を見ると、私もすっごく嬉しくなって、私はなんて幸せなんだろって思います。

そして、今日も元祖と一緒に朝を迎えることができました。

下 今朝の元祖です。

101020-64.JPG

空がだんだん明るくなって、元祖に 「おはよ。」 って言える喜びを、毎朝噛みしめてます。

出勤時間が近づくと、元祖を家に残して出かけないといけないことが、辛くてたまりません。
会社にいる間は、ずっと元祖のことで頭がいっぱいで、ふとしたことで泣きそうになります。
でも元祖は、私のことをちゃんと待っててくれてると信じてます。

きっと今も元祖は頑張ってくれてて、私の帰りを待ってくれてる・・・

私も元祖に負けないようにしっかり頑張って、そして笑顔で元祖を支え続けたいと思います。
タグ:元祖
ニックネーム さーり at 12:00| Comment(0) | おうち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

元祖、頑張ってます。

ひとつ前の記事の日付は先週の火曜日10月12日ですが、アップしたのは今日10月19日です。
10月12日に記事を書いてたのですが、コメントのお返事を書いてからアップしようと思って非表示にしていて、結局お返事を書く余裕がなく、アップもできずにいました。
1週間前の内容ですが、よかったら読んで頂けると嬉しいです。
(かなり長くて、支離滅裂な文章になってるかと思いますが・・・。)



元祖のことを全然お伝えできなくて、ご心配ばかりおかけして申し訳ありませんでした。
日に日に変わっていく元祖の容態に、私自身が精神的について行けなくて、なかなか文章にすることができませんでした。
また、自宅にいるほとんどの時間を、元祖と一緒に納戸で過ごしてるので、パソコンにゆっくり向かうこともできませんでした。

皆さんから頂いたコメントには、本当に励まされています。
笑顔を忘れそうになったときや、自分を見失いそうになったときに、頂いたお言葉や皆さんの存在を思い出して、何度も立ち上がらせて頂いてます。
本当にありがとうございます。

元祖は今もなお頑張ってくれています。
元祖には 「もう頑張らんでいいよ。無理せんでいいよ。」って言ってるんですが・・・元祖は今日も一緒に朝を迎えてくれました。

元祖が今を生きてること自体が、キセキのように思います。

10月8日の午後から、元祖の食欲が一段と落ちました。
それ以降は、1日の摂取カロリーが10kcalあるのかな?という毎日です。
保護当初は2.1kgだった体重が、10月2日に点滴で病院に行った際には2.6kgまで増えてて、すごく嬉しかったけど・・・
この2週間で一気にふりだしに戻ってしまったようで、呼吸をするとアバラが浮いて見えて、骨と皮のみの体になってしまいました。

そして、昨日の夜は、更に一段と弱ったように感じました。
ご飯は食べれなくても、お水はしっかり飲めてたのに、お水の減りが急激に悪くなりました。
そして、同じ体勢で寝てる時間が、急激に長くなりました。
昨日の朝までは、そんなことなかったのに・・・

下 昨日の朝の元祖です。

101018-27.JPG

しっかりと私のことを見つめてくれてました。

101018-13.JPG

オシッコもおトイレでちゃんとできてました。

リビングでは4にゃんがいつものように寛いでました。

101018-41.JPG

わたがいて・・・

101018-42.JPG

みるがいて・・・

101018-48.JPG

小梅がいて・・・

101018-43.JPG

すももがいて・・・

みんな揃って一緒に朝を迎える喜びを、しみじみと感じてました。

そして、元祖に 「夕方帰ってくるまで待っててな。」ってお願いをして、出勤しました。

下 昨日、私が家を出る寸前の元祖です。

101018-51.JPG

こんな状態の元祖を家に残して会社に行かないといけないこと、本当に辛いです。
そして、会社から帰ってきて、元祖の部屋を開ける瞬間が、すごく怖いです。

下 昨日の帰宅時の元祖です。

101018-125.JPG

座布団の上でお座りして、ちゃんと待っててくれました。

こんな毎日が、あとどれくらい続くのか・・・
考えたくないけど、つい頭をよぎります。

昨日の夜は、元祖がほとんど動けなくなってしまって、トイレに行く足取りもフラフラでした。
そして、特に気になったのが、呼吸が穏やかなこと。
今までは、重度の貧血による酸素不足で、ちょっと動くと呼吸が荒くなってました。
なのに、昨日はそういうこともなく、ずっと穏やかでした。
もう限界で、呼吸が浅くなってきてるのかもって思いました。

食欲が落ちてからもおいしそうに食べてくれてたマグロのお刺身も、昨日は1cm角に切ったものを2切れしか食べれませんでした。
目はずっとうつろで、私の動きに対する反応もかなり悪くなってました。

今日が山かもしれない。
そう覚悟を決めて、元祖と一緒に夜を過ごしました。

そして、空がだんだん明るくなって、時計は4時、5時、6時と進んで行って、いつもように朝を迎えることができました。

下 今朝の元祖です。

101019-166.JPG

右目は黒い目ヤニがこびり付いてしまってるけど、クリクリのおめめで私を見つめてくれました。

そして、子猫用のミルクをおいしそうに飲んでくれました。
といっても、ほんの少しだけど、もう何も口にしてくれないかもって思ってたので、元祖がミルクをペロペロする姿を見れて、すごく嬉しかったです。
夜には失敗したオシッコも、朝にはおトイレの中でちゃんとできてました。
今の元祖には、その場で寝返りをすることさえもしんどいはずなのに、元祖は自分の足で歩いておトイレに行って、オシッコをしてくれてる・・・「すごい」 の一言です。

元祖は私に毎日キセキを見せてくれてます。
懐いてくれなくてもいい。心を開いてくれなくてもいい。
ただ元祖がいてくれるだけで、私は幸せです。

私の血を元祖にあげたいです。
痛みや苦しみは、私が全部代わってあげたいです。
私の寿命をいっぱい削っていいから、元祖が穏やかに過ごせる時間を増やしてほしいです。

ほんのちょっとでもいいから、今晩も元祖がおいしくご飯を食べれますように・・・。
元祖が苦しみや痛みを感じることなく、のんびりゆったり過ごせますように・・・。
ニックネーム さーり at 15:18| Comment(8) | おうち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

最高のプレゼント

ワタクシ事ですが、今日 10月12日は私の誕生日です。
この日を元祖と一緒に迎えられたこと、本当に本当に嬉しいです。



考えたくないけど、元祖は10月9・10・11日の3連休を乗り越えられないかもって思ってました。
そして、私の誕生日には、元祖はボスの元へ旅立ってしまってるかもって・・・。

先週の金曜日 10月8日の記事は、会社で仕事の空き時間に書きました。
元祖に明日はないかもしれないって思いつつも、帰宅したときに、朝入れておいたご飯がちょっとずつ減ってるのを見て、元祖の生きるチカラの強さを毎日感じてました。
だから、金曜日もご飯が減ってくれてることを祈って、帰宅したけど・・・
ご飯の減りは、前日よりもかなり少なくなってました。
カリカリと缶詰1種類ずつが、ほんの数グラム減ってるだけでした。
カリカリはおやつ的なものしか食べてくれないし、缶詰は総合栄養食じゃない低カロリーなものしか食べてくれないけど、それでも毎日ちょっとずつは食べてくれてたことが救いでした。
でも、その 「ちょっと」 が、更に減ってしまって・・・。

そして、いつもはシャーって言ってパンチが飛んでくる距離に近づいても、元祖は何も反応しなくなりました。
目はずっと伏せ目がちで、目にチカラがないように思いました。

元祖はマタタビが好きで、マタタビを高カロリーの栄養剤に振りかけると上手にペロペロしてくれてたのに、そのマタタビにも反応しなくなりました。
強制給餌できない元祖に、高カロリーなものを摂取してもらうための唯一の手段だったのに・・・

一気に希望の光が消えてしまったような気がしました。

夜中には瞬膜が出たままになってました。
10月2日に点滴をして以来、瞬膜は出てなかったのに・・・緩和されてた脱水症状が、また悪化してきたんだと思いました。

そして土曜日の明け方には、なぜかトイレの砂の上でペタっとふせの体勢をとるようになりました。
今まではそんなこと一度もなかったので、熱が出始めたのかもしれないって思いました。

そんな状態の元祖を、私はどうしてあげたらいいのかわかりませんでした。

病院に連れて行って点滴をすれば、多少は体が楽になるかもしれない。
でも、すごくしんどそうにしてる元祖を病院に連れて行くのは、元祖にとっては大きな負担であることは確実。
それに、一時的にしんどいのを取り除いても、病気との闘いを引き延ばすだけになるんじゃないか・・・
そんなことをずっと一晩考えてて、結局朝になっても結論は出ませんでした。

このまま一人で悩んでてても結論が出せないと思ったので、朝一番に病院に電話をして、元祖のことを相談してみました。
すると、先生のお返事は 「先週の点滴で効果があったなら、来てもらったほうがいいです。」 とのこと。
その言葉を聞いて、私は元祖を病院に連れて行こうと思いました。
ちょうど夜からずっと降り続いてた雨が上がって、これは病院に行くよう導かれてるんだと思いました。

そして、ボスの位牌をなでなでしながら 「元祖を病院に連れていくから、元祖のこと応援したってな。」ってお願いして、元祖にも 「病院頑張ろな。」って話しかけました。

そしたら突然、どしゃ降りの雨が降り出しました。

これって・・・
ボスが病院には行かないでいいって言ってるのかな?
元祖も病院に行きたくないって言ってるのかな?って思いました。

車のない私には、どしゃ降りの中、元祖を遠くの病院に連れていくことは困難でした。
気温も前日よりかなり下がってて、元祖が体調を更に崩さないかも心配にもなりました。
そして・・・病院に行くことはやめました。
この選択に自信はないけど、このどしゃ降りの雨は、ボスと元祖からのメッセージだと思って、おうちでしっかりと元祖を見守ってあげようと思いました。

と言っても、しんどそうにしてる元祖を見てるのは辛かったです。
何種類ものご飯を用意して、元祖のお顔の前に持って行っても、全く興味を示しませんでした。
お外時代に大好物だったチャオの焼きかつおも、食欲がなくなってからも食べてくれてたマグロのお刺身も、全く見向きもしないまま、夜になってしまいました。

でも諦めずに、妹が買ってきてくれてた中トロのお刺身を、夜中にもう一度元祖に出してみました。
そしたら、食べてくれました。
お刺身1切れの3分の1ぐらいの量だけど、元祖は自ら食べてくれたんです。
その後、お水も飲んでくれて・・・すごく嬉しかったです。

でも、私はまた同じことを悩み始めました。
少し希望が見えてきたから、希望のあるうちに点滴をしてもらって、元祖のしんどいのを少しでも楽にしてあげるべきか、このままゆったりのんびり、おうちで過ごさせてあげるべきか・・・

考えても考えても、どの選択が元祖にとって本当にいいのか、全然わかりませんでした。
でも、翌日は日曜日。
病院に連れて行くと言っても、信頼してる先生の病院はお休み。
年中無休の病院が近所にあるけど、そこに行くといつも検査のオンパレードだし、信頼してる先生と真逆の治療法を言われた過去もあって、その病院に連れていく決心がつきませんでした。
それでも、だらだらと悩み続けてたら、また突然の雨。
空は雲より晴れてる部分のほうが多いのに。
もしかしたら、またこれもボスと元祖からのメッセージかもしれない・・・

ということで、日曜も病院に行くのはやめました。
そして、せっかくの休日だから、元祖とゆったりのんびり過ごそうと決めました。

そう決めてからすぐのこと。。。

もう食べれないだろうなって思いながらも、元祖のお顔の前に、モンプチのおやつのカリカリを置いてみました。
そしたら元祖、食べてくれたんです。
おいしそうに、ポリポリカリカリ音を立てて、しっかり噛んで食べてくれました。
その後は缶詰もパクっと1口食べてくれて・・・もう驚きでした。
元祖と目があったら、元祖が笑って 「病院なんか行かんで大丈夫やろ?^^」って言ってくれてるように思いました。

それからも、元祖はほんのちょっとずつだけど、カリカリや缶詰を口にしてくれるようになって、月曜日には立派なウンチもしてくれました。
生ものが主食になりつつあったので、おなかを壊してないか心配だったけど、下痢ではなくしっかりとしたウンチでした。
歩くものしんどいはずなのに、ちゃんとおトイレに自分で行って、自力でウンチをしてくれて・・・元祖の生きるチカラのすごさを改めて感じました。

そして、元祖とほぼ1日中一緒の3日間を過ごし、10月12日の深夜0時を迎えることができました。

下 12日に日付が変わって、最初に撮った写真です。

101012-01.JPG

上半身まで箱の中に入って、お尻は座布団の上で寝るのが、元祖のお気に入りの寝方です。

101012-17.JPG

最高のプレゼントをくれた元祖に、私からはマグロのお刺身とモンプチのクリスピーキッスをお返し。
「食べれそうやったら食べてなー。」って声をかけて、そっと置いておきました。

深夜の3時を過ぎて、元祖はおトイレに移動しました。

101012-18.JPG

熱があるから、ひんやりしたところに行くんだと思います。
見守るしかできない私・・・無力で情けないです。

置きっ放しになってたお刺身も、そろそろ片付けようと思って、その代わりにダメもとで黒缶のパウチを入れてみました。
そして、元祖のお顔の前に置いてみると・・・

101012-38.JPG

食べてくれましたぴかぴか(新しい)

101012-41.JPG

食後のペロリも見せてくれました。
私の誕生日を一緒に迎えてくれた上に、ご飯も食べてくれて、かわいいお顔も見せてくれて・・・
私は元祖からこんなにたくさんのプレゼントをもらって、本当に幸せ者だと思いました。

朝が来て、元祖の部屋から出てリビングに行くと、お利口さんに夜を過ごしてくれたにゃんずがいました。

101012-62.JPG

ラグの上で寛いでる小梅。(後ろのアヒルちゃんで遊んでたらしい・・・)

101012-66.JPG

テレビ台の上で朝日を浴びてたわた。

101012-67.JPG

カウンターの上で私を待ってたみる。(みるの夜鳴きには悩まされてるけど・・・)

101012-68.JPG

キャットタワーの上でマイペースなすもも。

みんにゃが賢くしてくれてるおかげで、私は元祖との時間を十分にとることができています。
わーちゃん、みるくん、きょっちゃん、すもちゃん、ありがとうな。

実家のめいとくぅも、毎日元気に過ごしてくれています。
会える時間がめっきり減ってしまったけど、妹にしっかり甘えてくれてるようです。

三十路を過ぎると嬉しくない誕生日だけど、こんなに嬉しくて、こんなに素敵なプレゼントをもらった誕生日は初めてです。
元祖に感謝、めい・くぅ・わた・みる・小梅・すももに感謝、毎日私を支えてくれてる妹やダンナさんにも感謝です。

そして・・・こんな私に、いつも温かいお言葉をかけてくださって、応援してくださってる皆さんに感謝です。
頂いたコメントは、大事に大事に読ませて頂いてます。
何度読んでも涙が溢れてきて、うまく言葉にならなくて、全然お返事ができていません。
本当に申し訳ないです。
皆さんから頂いたお言葉をしっかりと胸に刻んで、笑顔を忘れず前向きに、元祖を精一杯支えていこうと思います。
いつもありがとうございます。
ニックネーム さーり at 11:59| Comment(0) | おうち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

元祖のこと

更新がまたまた滞ってしまいました。
皆さんのところにも、全然お邪魔できてません。申し訳ないです。

元祖のことで色々書き留めておきたいことがあるのですが、何から書けばいいのか・・・
支離滅裂で、すごく長くなると思いますが、最近の元祖のことを書こうと思います。



前回の記事に書きましたが、先週の火曜日 9月28日から、元祖の食欲が急激に落ちました。

食欲の低下は、9月を過ぎた頃から気になってました。
療法食の缶詰をちょっとずつ嫌がるようになって、色んなサプリをまぜてるからかな?とか、味に飽きたのかな?とか思って、療法食のメーカーを変えてみたり、味を変えてみたりしました。
缶詰の種類を変えると、その日はまた食べてくれるんだけど、次の日にはもう食べてくれなくなって、そのうち腎臓用の療法食は全部嫌がるようになりました。

幸いカリカリはしっかり食べてくれてたので、摂取カロリーが足りなくなることはありませんでした。
でも、缶詰には貧血のサプリや免疫を上げる乳酸菌のサプリをまぜてたので、できたら缶詰も食べてほしい。
ということで、療法食にこだわらず、市販のおやつ的な缶詰に変えてみることにしました。
そしたら、市販のものはおいしいのか、缶詰でも食べてくれるようになりました。
でも、それもまたダメになって・・・

でも、サプリを入れなかったら食べてくれることもあるので、サプリの味が嫌なのかな?って思いました。
なので、サプリ入りの缶詰は二の次にして、お気に入りのカリカリをしっかり食べてもらおうと考え方を変えました。

そして、毎朝お皿に山盛りのカリカリを入れて出勤して、帰宅したときには空っぽという日々を、順調に送ってました。

それなのに・・・

9月28日の火曜日、いつもの時間に帰宅すると、空っぽのはずのお皿には山盛りのカリカリが入ったまま。
サプリ入りの缶詰を入れたお皿も、いつもよりたくさん残ってました。

お皿にたくさんカリカリが残ってることを、私は最初理解できませんでした。
お昼間に妹が元祖の様子を見に来てくれて、カリカリを足してくれたのかな?とか、あり得ないことを考えたりもしました。
でも、その日の朝、嫌な予感がしたのを思い出しました。

その日の朝も、前の晩に入れたカリカリが少し残ってたんです。
いつもは空っぽのはずなのに。
カリカリを入れたのが夜中だったから、朝までに食べきれなかったのかな?って思ったけど、そのとき何となく嫌な予感がしました。

そして、夕方には山盛りのカリカリが残ったまま・・・
嫌な予感は的中してしまいました。

それ以来、元祖は大好きだったはずの腎臓サポートのカリカリを、全く口にしてくれなくなりました。
ボスの日にペロリと完食してくれたシーバでさえも、1粒も食べてくれません。
毎日毎食、色んな種類のカリカリや缶詰を用意して、1種類でも1口でも食べてくれたらガッツポーズという日を送りました。
また食欲が自然と戻ってくれることを祈りながら・・・

でも、食欲は日に日に落ちていって、目は瞬膜が出てままになって、肉球に血の気がないことに気付きました。
病院に連れて行くことは、元祖にとって大きな負担になるのは確実。
でもこのままじゃ、自然な回復はないと思ったので、先週の土曜日 10月2日、元祖を病院に連れて行くことにしました。

下 病院の待合室での元祖です。

101002.JPG

洗濯ネットの上からだけど、お顔も体もなでなでさせてくれました。
元祖をなでなでしたのは保護翌日の8月23日が最後だったので、すごく嬉しかったです。
長い時間なで過ぎて、元祖のご機嫌を損ねてしまって、指をカプッて噛まれたけど、その痛みも嬉しかったです。

待合室で1時間ほど待って、ようやく順番が回ってきました。
めいを担当して頂いてるの先生に診て頂いたところ、先生の表情のあまりの暗さに、元祖の状態がかなり深刻であることは言われなくてもわかりました。
そして告げられたのは、「白血病 発症」 という言葉。
覚悟はしてたけど・・・受け入れたくありませんでした。

血液検査をしてないのに、脱水の状態や口の中の色・皮膚の状態を診て、そう断定されました。
それだけひどい状態なんだと思います。
血液検査はしなくていいんですか?って、何度も聞こうとしたけど・・・きっと今の元祖には、検査用に抜く血も貴重なんだと思いました。
だから、私からも血液検査はお願いしませんでした。
診察台の上で、元祖は力強く抵抗したので、まだこんな元気があるんだと嬉しくなったけど、これも最後の力を振り絞ってて、本当は今倒れてもおかしくないぐらい、相当しんどいはずだと言われました。
そして、もう治療法はなく、あとは何とか栄養のあるものを食べてもらうしかないと言われました。

治療法がない・・・
とても重たい言葉でした。
先生がとても辛そうな表情をされてたので、ホントにもうどうしようもないんだと思いました。

でも、このままだとご飯を全く食べなくなって、お水も飲めなくなるだろうとのことで、脱水を緩和するための点滴をしてもらえることになりました。
でも、点滴をすると血が薄まるから、貧血は進行してしまうそうです。
だから、点滴の量も通常よりかなり少ない量しかできませんでした。
点滴の中には、ビタミン剤やおなかの動きを良くするお薬を入れてくださったので、そのお薬が効いて、脱水も緩和されて、食欲が少しでも戻ることを祈るしかできませんでした。

でも、嬉しいお言葉も先生から頂きました。
元祖の心臓、強くしっかりと動いてるそうです。
めいのような雑音もないそうです。
元祖の体は、まだ生きようとしてくれてるんだと思いました。

そして、自宅に戻ると、元祖はすぐにご飯を食べてくれました。
総合栄養食ではない缶詰を2口だけだけど、体を起こして歩いて、自分でご飯を食べてくれたんです。
家に帰ったらぐったりするだろうと先生に言われたのに。
元祖の生命力はやっぱり凄いと思いました。

そして、このまま順調に食欲が戻ってほしいと思いました。

でも・・・
期待したほどの回復は見られませんでした。
全くご飯を食べないというわけではないけど、1日に必要な摂取カロリーには全然足りてない状態です。
缶詰やパウチのウェットフードを半分と、カリカリを10gぐらいを、1日に食べれたら上出来という毎日です。

そんな食欲のない元祖ですが、私への抵抗は今もしっかりとしてくれてて、近寄り過ぎると高速パンチが飛んできます。
だから、強制給餌はできません。
力ずくでやればできるかもしれないけど、元祖がめちゃくちゃ抵抗することは間違いなし。
そんなことにエネルギーを使ってほしくないので、強制給餌はしようとも思えません。
1日でも長く元祖と一緒にいたいけど、元祖に嫌な想いをさせてまで、自分の希望を押しつけることはしたくありません。

でも・・・まだ元祖とお別れしたくありません。
元祖ともっともっと一緒にいたいです。

元祖をもっと早くにおうちに入れてたら、元祖は白血病に感染せずに済んだかもしれないし、感染してたとしても発症を抑えられたかもしれない。
おうちに入れてからも、もっと白血病のことを勉強して、色んなサプリや治療を試してたら、こんなに急に悪化しなかったかもしれない。
後悔は山積みです。

こんな私に、元祖が心を開いてくれるわけはないよね・・・?
できるだけ元祖と一緒に過ごしたいけど、元祖はたぶん私がいないほうがいいんだと思います。
私が元祖の部屋にいる間は、ご飯を一切食べないし、おトイレに行くこともないし、箱の中に籠りっきりになってしまいます。
でも、私が部屋を出て、しばらくして戻ったら、ご飯が減ってたりオシッコした跡があったり、フリースの上でゆったり横になってたりします。
そして、私の存在にハッと気付いて、また箱に入ってしまいます。
おうちに来てすぐのときはそんなことなかったのに、なんでこんなに嫌われたのか・・・。

元祖の部屋で一緒に寝たいけど、私がいるせいでご飯も食べないし、おトイレにも行かないってなるのは嫌なので、寝るときは部屋を出るようにしてます。
だから、朝起きて元祖の部屋のドアを開けて、元祖が呼吸をしてることを確認するまでが怖いです。
会社にいる間も、元祖のことで頭がいっぱいだし、突然涙が溢れてくることもあって、早く元祖のいる家に帰りたくて仕方ありません。

元祖に残された時間は、あとどれくらいあるのかな・・・?
きっと、もう長くはないだろうし、明日があるかもわからない状況だと思います。
その限られた時間を、私は元祖と一緒に過ごしたい。
でも、元祖にとったら、私はそばにいないほうがいいのか・・・。
元祖はどうしてほしいのか、元祖の声が聞きたいです。

すみません・・・何を書いてるのか、何を書きたいのかわからなくなってきました。
こんなめちゃくちゃな文章を、ここまで読んでくださってありがとうございます。

私はネコを看取ったことがありません。
本格的な闘病の経験もありません。
もしよかったら、皆さんの経験やアドバイスをお聞かせ頂けると嬉しいです。
まだ諦めきれないので、おすすめのサプリやご飯・緩和ケアなども教えて頂きたいです。
どうぞよろしくお願いします。
タグ:元祖
ニックネーム さーり at 15:30| Comment(4) | おうち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

もうひとつのお誕生日

先日、小梅のお誕生日のことを記事に書きました。
でももうひとつ、まだ書いてないお誕生日が先月ありました。

そのお誕生日は、ボスのお誕生日です。

ボスは、実家のめいとくぅの実の兄妹です。
なので、ボスのお誕生日はめいとくぅと同じ 8月12日。
実家でめいとくぅのお誕生日パーティーをした後、自宅ではボスのお誕生日パーティーをしました。

ちょうどボスの初盆でもあったので、ボスにはお花のプレゼントも用意しました。

100812-090.JPG

私の好きなピンクとパープルで、可愛らしいアレンジメントにしてもらいました。
(ボスは男の子なんだけどね〜あせあせ(飛び散る汗)

ラッピングのビニールからお花を出して、お花だけの写真を撮ってたら・・・

100812-094.JPG

何かがフレームイン ((( ̄ー ̄;)ギクッ!!

100812-097.JPG

ガジガジ星人や━━Σヽ(゚Д゚;)ノ━━!!!

すでに葉っぱをかじられてしまったけど、なんとかガジガジ星人からお花を救出して、ボスの隣に飾りました。

100812-110.JPG

バースデーケーキも一緒にね♪

『 7 』 のロウソク、ボス 気付いてくれたかな?
ボスの好きなお花、いっぱいクンクンしてくれてるかな?


そんなことを考えながら、ボスのお誕生日をお祝いしました。

でも、あまりのんびりはしてられません。
ガジガジ星人が、またお花を狙いに来るかもしれないので。

ってことで、安心してお花を飾っておけるように、お花はビニールでラッピングしなおすことにしました。
その前に・・・

100812-116.JPG

小梅にもお花をちゃんと見てもらいました。
小梅はクンクンするだけで、ガジガジはしないお利口さんです☆

ラッピングしなおしたお花をボスの隣に置いて、しばらくすると・・・

100812-121.JPG

ガジガジ星人がボスのお水を立ち飲みしてました。
でも、お花は無事☆
ガジガジ星人は、ビニールをクンクンするだけで去っていきました。
ラッピングしなおして正解だったみたいです。

ボスのお誕生日の翌日からは、ボスの初盆でした。
迎え火はたかなかったけど、ボスの好きなシーバをお供えして、ボスが帰ってきてくれるのを待ちました。

でも、シーバはお花以上に危険大の我が家。
シーバがずっとお皿の中に残ってるわけはなく・・・

100813-218.JPG

シーバのお皿を置いた数分後、早速立ち食いしてるすもも。

100813-221.JPG

続いてみるは、シーバを立ち食いした後、お水の立ち飲みもしてました (;´Д`A ```

翌日の14日も、ボスがおなかを空かせないように、シーバをお供えしました。
でも・・・

100814-096.JPG

すももが立ち食いして・・・

100814-102.JPG

残りはみるが完食。
ボス・・・ごめんやで (´・ω・`;)

お迎え用のシーバも滞在中のシーバも横取りされたから、ボスが怒ってお空に帰ったんじゃないかなって思うぐらい、なかなかボスの気配を感じることができずに、お盆は過ぎて行きました。

そして、15日。。。

実家に行って、妹と(元)私の部屋でしゃべってたら、小さな黒いクモが妹の太ももの上に現れたんです。
どこから来たのかわからないし、よりによって妹の太ももの上に突然現れたクモ。
もちろん追い払おうとしたんだけど、すぐにピンときました。
ボスかもしれないって。
だから、妹に追い払わないように言って、クモの好きにさせるようにしました。

そしたらそのクモ、しばらくしたら、私の足の上に登ってきたんです。
クモは大の苦手なんだけど、ボスかもしれないからじっと耐えました。
そしたら、なかなかどいてくれなくて・・・あせあせ(飛び散る汗)
結局、結構長い時間、クモは私と妹のそばにいました。
もうちょっとええ虫になって帰ってきてや〜って、妹と苦笑いでした。

そんな中、私の背中側のチェストの上では・・・

100815-182.JPG

めいがまったり。

本棚の上では・・・

100815-183.JPG

くぅがまったり。

私と妹、そしてめいもくぅも揃ってるときを、ボスは選んで会いに来てくれたのかな?
あっちの家(=私の家)やと、横取りばっかりされるしね。
こっちの家(=実家)のコはガツガツしてないから、ボスにニャンモックをくれるって。

                  下 ニャンモック

100815-198.JPG

これ、めいとくぅのお誕生日に買ったんだけど、1ヵ月以上経った今も、上に乗ってくれたことが一度もありません。
絶対喜んでくれると思ったのにな〜 ショボ━(´・ω・`)━ン
だから、ぜひぜひボスに使ってほしい!
ボス、ニャンモックでゆらゆらしながら、めいとくぅのこと見守ってあげてな。


ホントは・・・
ボスが生きてるときに、おうちでお誕生日のお祝いをしてあげたかったです。
なんで、子猫のときに、めいとくぅと一緒に保護しなかったのか・・・
そのときは、もうこれ以上ネコを飼えないって思ってたし、ボスは他の兄弟とすごく仲良くて、元気で丸々してたから、お外でも生きていけるって考えてしまいました。
でもせめて、体調を崩したときに保護すべきでした。
ごめんな、ボス・・・。

でも、元祖を思い切って保護できたのは、ボスのおかげだと思います。
めいの病気のことがあるので、これ以上家族を増やすのは無理だと思ってたけど、ボスが私の背中を押してくれたんだと思います。
今、元祖の命があるのも、ボスのおかげ。

元祖・・・
一昨日の火曜日から、元祖の食欲が急激に落ちて、ご飯をほとんど口にしなくなってしまいました。
大好きだったシーバも、1粒も食べてくれません。
色んな缶詰を用意して、1口舐めてくれたら大喜びという状況です。
こうしてブログを書いてる今も、家にいる元祖のことで頭がいっぱいだけど・・・
でも、ボスがきっと護ってくれてると思います。
ボス、いつもお願いばっかりでごめんな。
おばあたんのこと、護ってあげてな。


元祖、なんとか頑張ってほしいです。
私が近付くとパンチをする元気はあるので、まだまだ希望は捨てません。
ボスがいるから、きっと大丈夫っ!!
ニックネーム さーり at 14:05| Comment(2) | おうち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

モンプチ&シーバパーティー

急に涼しくなりましたね〜。
ついこないだまで暑い暑いって言ってたのに、夜は肌寒いくらいです。
この急激な気温の変化で、病気知らずの私も体調を崩してしまいました。
世間でどんなに風邪が流行ってても、去年から一度も風邪をひいてなかった私。
でも、先々週にダンナさんが風邪をひいて、それが移ってしまいました。
最初に喉が痛くなって、徐々に鼻水鼻づまりがひどくなって、嫌な微熱が続いて・・・。
でも、幸い休日が多かったので、睡眠をしっかり取れて、ひどくならずに済みました。
昔は風邪をひいたらすぐに高熱が出て、何日も寝込んでたのにな〜。
にゃんずのことで色々しないといけないことがあるから、寝込んでる暇なんてないって体が覚えて強くなったのかも。
季節の変わり目は体調を崩しやすいですし、皆さんもお体に気をつけてくださいねー!


では、本文 (o・ω・o)ノ+++++START+++++ヽ(o・ω・o)



いつものことながら、日をさかのぼりますが・・・
先々週の水曜日 9月15日は、ボスの9回目の月命日でした。

ボスの月命日には、我が家の恒例となったシーバパーティー。
毎月15日は 「ボスの日」 なのに、にゃんずにとっては 「シーバの日」 になってるような気がします (-ω-;)

下 シーバが入ってる場所を開けると、目をキラキラさせて集まるにゃんず。

100915-20.JPG
                「それって、もちかちて・・・目

カウンターの上から、私の手の先を見つめるわた。
何事にもあまり興味を示さないわたが、こんなに目をキラキラされることはめったにございませんっ!

100915-21.JPG

もちろん、他の3にゃんも勢揃い。
今から何が始まるか、言わなくてもみんにゃにはバレバレのようです。

でも、今月からはシーバパーティーじゃないのよね〜(。-∀-)ニヒ

小梅のお誕生日の記事でちょこっと書いたけど、我が家では最近、乳酸菌のサプリをにゃんずに飲んでもらってます。
そのサプリを飲んでもらうために活躍してるのが、『モンプチ クリーミースープ』。
にゃんずはサプリに気付くことなく、毎日このモンプチを楽しみにしてくれてます。

で、「ボスの日」 にもきちんと乳酸菌のサプリを飲んでもらいたいので、15日だけどシーバパーティーじゃなくて、モンプチパーティーに変更させてもらうことにしました。

にゃんずにとっては、シーバからモンプチに変更になっても、全然問題ない様子。

100915-22.JPG

100915-24.JPG

100915-28.JPG

100915-31.JPG

4にゃんとも黙々とモンプチスープを堪能してました♪

でも、シーバが好きだったボスには、やっぱりシーバを食べてもらいたい。
ってことで・・・

100915-35.JPG

ボスにはいつも通り、シーバをお供えしました。

ボスに 「いっぱい食べやー。」って話しかけて、その場を離れて数分後。
ふと、ボスのほうに目をやると・・・

100915-41.JPG

Σ( ̄□ ̄lll)
モンプチを食べ終えたみるが、早速立ち食いしてました。

まぁ、こうなることは予想してたけどね〜。
ボスもこの展開には慣れたと思います。
みるが食べ残したシーバは、すももがちゃっかり食べてました。
そして、あっという間にボスのお皿は空っぽ。
モンプチパーティーに変更したのに、勝手にシーバパーティーも開催されてしまいました (; ̄ー ̄A アセアセ・・・

でも、今回のシーバパーティーには続きがあるんです。

ボスのシーバ、みる達に食べられてしまう前に、こそっと半分取っておきました。
どうしても、シーバパーティーを一緒にしたかった相手がいるので。

それは・・・元祖おばあたんかわいい

元祖、シーバが大好きなんです。
たぶん、ボス以上にシーバ好き。
少しでも体にいいものを食べてもらいたくて、元祖には色んなご飯を試してきたけど、ずっと飽きずに、1番おいしそうにたくさん食べてくれてたのがシーバでした。
シーバって、私にとってはおやつ感覚のフードなので、できたらロイカナとか食べてほしいんだけど、元祖はシーバを選んで食べてました。
でも、おうちに来てからは、シーバは一度も出してませんでした。
慢性腎不全であることがわかったので、元祖には療法食を食べてもらうようにしてるからです。

でも、たまには好きなものをいっぱい食べてほしい。
それに、「ボスの日」 を一緒に迎えられた記念だし・・・

ってことで、元祖の部屋にシーバを持って行きました。

100915-47.JPG

寝起きでお顔がボーっとしる元祖ちゃん (*´∀`*)
私がシーバを持ってることには、まだ気付いてません。

私がバタバタ音を立てたせいで、この後元祖は箱に入ってしまいました。
なので、そっとシーバの入ったお皿をケージに入れました。

100915-50.JPG

元祖にチラッとシーバのお皿を見せて、私は部屋を出ました。

30分後に元祖の部屋をのぞきに行ったら、シーバのお皿はキレイに空っぽぴかぴか(新しい)
元祖は何もなかったかのように箱に入ってたけど、きっとおいしく食べてくれたと思います。
最近ちょっと食欲が落ちてて、用意したご飯を一気に完食してくれることがなくなってた元祖。
でも、まだまだ食欲はあるってことがわかって嬉しかったです。

それに何より、元祖と一緒にシーバパーティーができたこと、すごく嬉しかったです。
ボスからのおすそ分け・・・きっと元祖にパワーをくれたと思います。
ボシュ、ありがとうな☆

ボスがシーバ好きで、元祖もシーバ好きなこと、これも何かの縁なんだろうな・・・。
また次の 「ボスの日」 も、みんにゃでモンプチ&シーバパーティーできますように゚.+:。
ニックネーム さーり at 11:50| Comment(4) | おうち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

バースデーケーキ★小梅6歳Ver.★

この記事、アップしたのは9月22日です。
9月17日に記事を書き始めたんですが、中途半端なまま非公開で放置してましたあせあせ(飛び散る汗)

それと、2つ前の記事に書いた金沢のネコちゃんの件ですが、『全頭』 里親さんが決まったそうですっ!!
期限の17日は、怖くて保健所のサイトを見ることができなかったのですが、こんなに嬉しい結果になってるなんて・・・本当に嬉しい驚きでした。
腹立たしい事件や悲しい事件が後を絶たたないけど、こういうこともあるんですね。
最初に里親募集をされた方はもちろんのこと、保健所の職員の方々や里親になってくださった方々、そして、直接の関わりはなくても、ネット上で呼びかけてくださった多くの方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。


では、本文はここからです*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



朝目が覚めたときに、真っ先にすること・・・

それは、にゃんずの居場所確認です。

小梅のお誕生日当日の朝も、いつものようににゃんずの居場所確認をしました。
まず、リビングのテレビ台の上にて・・・

100912-052.JPG

わた、確認OK!
ところでわーちゃん、夜中もそこで寝てたけど、もしかしてずっとそこにおったん?
動きの少ないわたにはあり得るかも・・・(´・ω・`)´-ω-`)´・ω・`)´-ω-`)ウンウン

続いて、他のにゃんずの居場所を確認しようと思って、周りを見渡したけど・・・
誰も見当たらない (; ̄ー ̄A アセアセ
すぐに行き詰まってしまいました。

でも、みるの居場所はたいだい検討がついてました。

100912-054.JPG

みるくん、発見☆
折り畳んでる毛布の間に潜ってました。
みるは、去年の冬からこの毛布がずっとお気に入りで、夏の間も毎日この毛布の上で寝てるし、毛布の中に潜ってることもよくあります。

そして、残るは小梅とすもも。

すももはたいてい、コタツの中かソファーの下にいます。
なので、姿が見えなくても当たり前だし、よくあること。

でも小梅は、姿が見える場所にいることが多いです。
冷蔵庫の上だったり、リビングの窓辺だったり、キャットタワーの上だったり。
お布団の中に潜ってることも多いけど、私がお布団で寝てるときには潜ってきません。
なので、お布団は除いて、小梅がいそうな場所を探しました。
けど、見つからない。

そして私は、「今日は小梅のお誕生日やのに、小梅がおれへーんあせあせ(飛び散る汗)」って、プチパニックになりました。

とりあえず、もう一度リビングに戻って、一から探し始めようと思ったとき、ふと足元に目が行きました。

100912-053.JPG

みるが潜ってモコってなってる毛布の左側に注目。
ピンクのラグもモコってなってるやーんひらめき

で、そぉーっとラグの下をのぞいてみたら・・・

100912-061.JPG

いました、小梅ちゃ━ヽ(*´∀`)ノ━ん!!!
小梅6歳の初日は、ちょっとバタバタな幕開けとなりました。

でも、夕方にはすっごく嬉しいことがありました。

家事がひと段落ついて、ちょっと横になったら、そのまま寝てしまってた私。
目が覚めたときには、にゃんずもみんなお昼寝中でした。
そして、朝と同じように、にゃんずの居場所を確認をしたら・・・

100912-149.JPG

冷蔵庫の上で、小梅が超かわいいカッコで寝てました黒ハート

小梅がこんな無防備に爆睡してる姿、見たのは初めてじゃないかな・・・?
小梅がおうちのコになってくれてから、4年半が過ぎました。
でも、小梅はいまだに怖がりで、無防備におなかを見せてくることはほとんどありません。
いまだに抱っこはできないし、お顔や背中はなでれるようになったけど、おなかだけは触られるのをすごく嫌がります。
お外時代に怖い想いをいっぱいしたみたいで、人の手をすごく怖がるし、無防備な姿を見せることに抵抗があるみたいです。
だから、小梅のこんな寝姿を見ることができて、それがまた小梅のお誕生日で、もうめちゃくちゃ嬉しかったです。

そんな小梅に、私からのプレゼント♪

100912-219.JPG

バースデーケーキですバースデー

100912-230.JPG
                  「これナニ?」

ちょっと戸惑い気味の小梅ちゃん。

100912-242.JPG

6歳だから、ロウソクは6本で。

火を灯して・・・

100912-250.JPG

(´・∀・)Happy Birthdy(・∀・(・∀・`)小梅ちゃん♪
(敷きっ放しのお布団は無視であせあせ(飛び散る汗)

ロウソクを吹き消した後は・・・

100913-07.JPG

にゃんずお待ちかねのモンプチパーティーです。
小梅はもちろん特盛りで☆
そしてケーキは、私とダンナさんで平らげました (。-∀-)ニヒッ

100913-16.JPG
              「モンプチ、もうなくなったよ。」

モンプチを完食した小梅ちゃん。
もっと食べたそうなお顔してるけど、一気にたくさん食べたらゲロゲロするから、また明日にしようね。

保護当初は、大人のネコちゃんなのに、体重は3kgありませんでした。
骨格がすごく小さいらしく、子猫のときに栄養が行き届いてなかったからだろうと、病院で言われました。
そんな小柄な小梅だけど、毎日ご飯をおいしそうにモリモリ食べてくれてることが、ホントに嬉しいです。
おなかのお肉も、今ではポッコリ垂れるほどに成長しました。
お外時代は、食べても食べても太らなかったのにね。

6歳の1年間も、小梅が毎日おいしくご飯を食べれて、毎日元気に楽しく過ごせますように。
そして、小梅との距離が、もっともっと縮まるといいな。
タグ:小梅 みる わた
ニックネーム さーり at 16:20| Comment(2) | おうち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

小梅は6歳になりました。

こないだの日曜日 9月12日は、小梅の6歳のお誕生日でした。

お誕生日前日の9月11日は・・・

100911-001.JPG

リビングの窓辺で、朝恒例のお外見物から始まりました。
窓枠に片ひじを乗せるのが、ここでお外を見るときのお決まりのポーズです。
このポーズでお外を眺めるのは、小梅とみるだけ。
みるがこのポーズをしてるとオッサンにしか見えないけど、小梅がしてるとかわいいです (●´∀`●)ホェ:*・゚

お外見物が終わった後は・・・

100911-025.JPG

冷蔵庫の上でまったりタイム。
このまま午前中のお昼寝に入ります。

お昼頃には起きてきて、ご飯を食べたり、おトイレを済ませたり、ちょこっと運動会をしたります。
で、再び・・・

100911-042.JPG

お昼寝に突入。
ここ (=キャットタワーの下段) は、小梅の最近のお気に入りの場所みたいです。
お昼寝するときだけじゃなく、何となくここでちんまり座ってるのを、最近よく見かけます。
すももがおうちに来るまでは、小梅の定位置はキャットタワーの1番上でした。
でも、すももがそこを定位置にしてしまったので、小梅は自然と中段や下段や窓辺のミニキャットタワーにいることが増えました。
見た目は子猫みたいにちっちゃいけど、心は寛大な優しいお姉ちゃんですかわいい

下 6歳になる数分前の小梅ちゃん。

100911-130.JPG

お耳が外向いちゃってます。
お誕生日のカウントダウンに入って、ひとり興奮してる私に警戒中の模様ですあせあせ(飛び散る汗)

日付が12日に変わった後は・・・

100912-001.JPG

みんにゃでモンプチパーティーるんるん
モンプチパーティーは、乳酸菌のサプリをみんにゃに飲んでもらうために、先月ぐらいから毎晩やってます。
でも、この日は小梅だけ、ちょっと多めにモンプチを入れてみました (。-∀-)ニヒ♪

なのに・・・

100912-008.JPG

わたの食べ残しをペロペロしに行った小梅ちゃん (´∀`;)
ちなみにみるは、すももの食べ残しをペロペロ中です。
小梅とみるは1番仲が良くて、やることもよく似てます。
やっぱり実の姉弟だからかな〜?
でも、同じく実の姉妹のすももは、食い意地が全然張ってないんです。
でも、1番デブチンなのはすもも。
日頃のご飯を食べ過ぎなのかも。

モンプチパーティーを終えて、お布団にちょっと横になると・・・

100912-017.JPG

小梅がそばに来てくれました。
お布団に一緒に入って寝ることはないけど、私がお布団に横になると、いつもこうしてそばに来て、それとなく甘えくれます。
そんな小梅が、たまらなく愛おしいです。

その日の夜は・・・

100912-019.JPG

4にゃん仲良く(?)リビングでねんね眠い(睡眠)
猫団子になることはなくて、見事に散り散りバラバラで寝てるけど、なぜか夜な夜なリビングに集合してます。
それぞれお気に入りの場所があって、これでバランス取れてるんだと思います。

100912-033.JPG

小梅は座椅子でかわいくねんねしてます。
いまだに怖がりで、いつも控えめな小梅だけど、リビングの真ん中ですやすや眠ってる姿を見ると、改めて小梅を保護してよかったなって思えます。

そして、納戸に行くと・・・

100912-046.JPG

元祖おばあたんがかわいいお顔で迎えてくれました。
元祖にも、「今日は小梅のお誕生日やねんで〜。」って報告しました。
ホントは5にゃん一緒のお部屋で、お誕生日を迎えたかったです。
元祖がいつ白血病のウィルスに感染したかはわからないけど、もっと早く保護してたら・・・って、後悔の気持ちは治まりません。

でも、元祖がおうちに来てから初めて迎えたにゃんずのお誕生日は、すごく特別な感じがしました。
小梅が元気にお誕生日を迎えられたこと、そして、元祖にその報告をおうちの中でできたこと、すごく嬉しかったです。
幸せな気持ちに満ち溢れた夜でした゚.+:。
ニックネーム さーり at 11:50| Comment(4) | おうち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする