2011年02月22日

体の震え −その後−

めいの体の震えの件では、皆さんにご心配をおかけして、そのままブログを放置してすみませんでした。
めいのことをこんなに心配して頂き、温かいコメントや貴重なアドバイスを頂いたこと、本当に嬉しかったです。
ありがとうございました。

ブログの更新やブログめぐりは基本的に会社でしてるのですが (←それが間違いあせあせ(飛び散る汗)、年が明けてからイレギュラーな仕事を頼まれることがやたらと増えて、会社で私用でパソコンを使える時間がめっきり減りました。
そのうえ、ネットの調子がずっと悪くて、今まで普通に見れてたブログが謎のエラーで本文部分だけ表示されなくなってしまいました。
なので、皆さんのところにもなかなかお邪魔できず・・・。
(お邪魔はできても記事が読めなかったり、コメントを書き込めなかったりするんですたらーっ(汗)

仕事が終わると実家に行って、妹が帰ってくるまでめいとずっと一緒にいます。
なので、自宅に帰るのは毎日夜の9時頃。
そこから晩ご飯を作って食べて片付けて、にゃんずの相手もしてってなったら、自宅でパソコンを開く余裕がありませんでした。
休日はもっと実家に行きっぱなしで、平日と同じような状態。
で、気がつけば3週間近く放置してしまってました。
めいの状態をもっとマメにお伝えしたかったし、すべきだったのですが、いつものサボり癖が出てしまって反省してます (´-ω-`)

今日は珍しくパソコンの調子がいいみたいなので、まずはめいのことを書きたいと思います。


めいの体の震えですが、まだ完全には治まったと言えない状態です。
治まったかな?って思ったら、また数日後に震えに気付いて、でも翌日には治まるって状態が先々週から続いてます。
でも、毎日じゃなくなったことは確かだし、食欲はかなり波があるけど、平均するとボチボチという感じなので、調子は戻ってきてるように思います。
ただ、震えが見られる日は食欲がガクンと落ちることがパターン化してきました。
震えは1日中ではなくて、私が実家にいる夕方から夜にかけての時間帯に限られることが多くて、その時間帯にはご飯を全く口にしなくなります。
でも、夜中に突然食欲が出てきて、バクバク食べ始めたりすることもあるらしいので、めいのペースをそっと見守るようにしてます。

下 先週の日曜日 2月13日のめいです。

110213-127.JPG

お昼過ぎに実家に行ったら、キャットタワーのおうちで寛いでました。
大好物のモンプチ クリーミースープ(メルクメジン入り)を飲んだ後だったので、お顔が満足気でした。
食欲は落ちててもクリーミースープだけは飲んでくれるので、我が家ではモンプチ様々です。

この日は妹と一緒に出かける用事があったので、いろんな場所にめいのご飯を置いておきました。

帰ってきたら・・・

110213-146.JPG

めいは妹のお布団にお籠り中。
置いてたご飯は、ほとんど減ってませんでした。
この日は雪が降るほどの寒さで、暖房の効きが悪かったから、お布団から出る気になれなかったのかなって思いました。
でも、去年の5月に腎不全と診断されるまでは、置いておいたご飯が減らないことなんてなかったから、残ってるご飯を見ると悲しくなってしまいます。

でも、夜になるとボチボチ調子が戻ってきたみたいで、ご飯もちょっとずつだけど自ら食べてくれました。

そして、貴重な光景が・・・

110213-151.JPG

めいとくぅの猫団子ぴかぴか(新しい)
妹にとってはよく見る光景らしいけど、私にとっては超レアです。
というのも、めいがくぅのいる1階に下りてくるのは夜遅い時間が多くて、私はいつも自宅に帰った後。
なので、猫団子を発見したときは、テンションが上がりまくりでした。

110213-152.JPG

アップでお顔を撮ったりしてみたり〜♪
くぅのお顔に自分のお顔をピッタリくっつけて、ご満悦なめいちゃま。
めいはくったんのこと、ホンマに好きやな〜。
(ちなみに、くぅからめいにくっつくことはありません。めいちゃまドンマイ!)

こんな感じで、めいはボチボチ元気にしておりますので、ご心配なくですかわいい


話は変わって。。。

病院ですが、結局まだ行ってません。
病院にはできるだけ早く行ったほうがいいと思ってるんですが、先々週もう一度病院に電話で相談したところ、「調子がよくないときは連れて来ないでください。」 と言われました。
ご飯はまずまず食べれてるし、元気に走り回ってるときもあるから、一刻を争う状態ではないという点、そして、体に無理をさせてまで病院に連れてくるよりも、家でゆっくり過ごさせるほうが、めいの性格上いいという点で、先生はそう仰ったんだと思います。
ただ、震えの原因を可能性でいいから聞かせてもらいたかったけど、「何とも言えない」 としか答えてもらえませんでした。
きちんと診察してないから、何とも言えないのは当然だけど、原因が全く想像つかないのは不安で仕方ありません。

で、思い切って別の病院に電話をしてみました。

その病院は、行ったことも評判を聞いたこともない病院です。
でも、心臓専門の先生がいらっしゃって、高度な設備が整っているという点で、一度お話を聞いてみたいと思いました。
電話相談を受け付けてもらえるかもわからない状況で電話をかけたけど、実際に獣医さんとお話しすることができました。
結論から言うと、「診察してみないと何とも言えない」 ということでした。
いつも通ってる病院と同じ・・・(´∀`;)
でも、他にも色々お話を聞けて、納得がいきました。

震えの原因を突き止めることは、すごく難しいそうです。
ネコちゃんは、寒かったり痛かったり怖かったり、その他様々な状況で震えが起こるそうです。
で、その原因を見つけるために詳しい検査をいくつもしても、結局答えが見つからないということがよくあるそうです。

ただ、心臓の病気が震えに直接関係することは、あまり考えられないとのことでした。
それよりも、熱が出たことがないか聞かれて、私はハッとしました。
最初に震えに気付いた日、めいの体が熱かったんです。
熱があるのかな?って思ったのを覚えてます。
それに、震えてるのに寒い場所に行こうとすることもよくありました。
そのことを先生に伝えると、震えの原因は熱かもしれないとのことでした。
人間でも熱があると悪寒がして震えるように、ネコちゃんも震えることがあるそうです。
そうなると、今度は熱の原因は何か・・・
やっぱり診察してもらうしかないみたいです (;´Д`)=3ハァ・・・

その病院で検査を受ければ、心臓の病気の進行具合がわかるそうです。
実際に検査を受けて、聞いてた病気と違ってたってこともあったそうです。
それを聞いて、一度めいをその病院で診てもらいたいなって思いました。
でも残念なことに、その病院はウチからかなり遠いんです。
車で1時間はかかると思います。
それに私は無免許だし、そもそもウチには車がないどんっ(衝撃)
ダンナさんの実家の車を借りて、ダンナさんに連れて行ってもらうことはできるけど・・・
そこまでしてめいを連れて行く決心は、すぐにはつきませんでした。
まずはいつもの病院で診てもらって、心臓専門の病院に行くかどうかは、その後考えようと思います。
参考になるお話を聞けたことは、本当によかったです。


話はまたまた変わって。。。

今日は2月22日 にゃん・にゃん・にゃんの猫の日ですね。
皆さんは猫の日に何か特別なことされますか?
ウチは何もないで〜す。
でも、22日は元祖がおうちに来てくれた日なので、元祖の好きなカリカリをお供えする予定です。
そして、そのお供えをみるが立ち食いするってパターンだと思います。

ブログをサボってる間に、いろんな記念日や区切りの日が過ぎて行きました。

2月3日は元祖の百か日、2月14日はバレンタインデー、2月15日はボスの14回目の月命日、2月16日は父の誕生日&すももがおうちに来て2年目の日・・・

月日が経つのはあっという間で、2月ももうすぐ終わってしまうけど、毎日を大切に生きていきたいなって改めて思います。
ここ数日、すっごく暖かくて春っぽくなってきましたが、皆さんもお体に気をつけてにゃんずとラブラブしてください(*´・ω-)b ネッ!

タグ:めい くぅ
ニックネーム さーり at 15:50| Comment(4) | めい(心疾患・慢性腎不全) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

体の震え

今、私の頭の中は、めいのことでいっぱいです。
1月の半ばから食欲が落ちてて、3日に1回ぐらいのペースで嘔吐があります。
妹と話をするときの第一声は、「めい、今日はご飯食べてる?」。
メールのやりとりも、めいの食欲や体調のことばかりです。


先週の月曜日 1月24日からは、一段と食欲が落ちました。
メインで食べてたキドニーはほとんど食べてくれなくて、サブのエイジングケアプラスやFKDもほんのちょっとしか食べなくて、くぅのセレクトプロテインだと食べてくれるので、それで何とか繋いでる状態です。

そして、その日の夜に、めいの体の異変に気付きました。
いつもよりも遅い時間に実家に行くと、いつもは空っぽになってるはずのお皿に、ご飯がいっぱい残ってました。
別の場所に置いてるご飯も減ってませんでした。
それを見て、私は嫌な予感がしました。

すぐにお布団に潜ってるめいの様子を見ると、いつもと特に変わりありませんでした。
その後お布団から出てきてくれて、部屋の中をお散歩して、爪とぎをして、動きも至って普通でした。
でもやっぱり心配なので、いつも以上にじっとめいを見てました。
すると、めいの体が震えてることに気付きました。
その震えはめちゃくちゃ小さくて、集中してじっと見続けてないと気付かない程度。
最初はお尻の辺りの毛がヒラヒラ動いてるのに気付いて、全身をよく見ると、おてても頭も小さく震えてました。

めいがいる部屋は、心臓に負担をかけないように、エアコンをガンガンに効かせてます。
だから、寒くて震えるってことはないはずです。
ってことは、体の中に要因があって、それが食欲にも影響してるのかもって思いました。

体が小さく震えてることに気付いたのは、これで3回目です。
初めて震えに気付いたのは、去年の年末。
そのときも食欲が少し落ちてました。
でも、翌日には震えは治まってて、食欲もすぐに戻りました。
2回目は年が明けてからの1月7日。
ずっと治まってた嘔吐がまた増えてきてて、食欲にもムラが出始めた頃だったけど、そのときも震えは1日で治まりました。
だから、今回も1日で治まるかもって期待を込めて思ってました。

そして、翌日の25日 火曜日。

夕方、仕事帰りに実家に行って、めいの様子を見に行くと・・・

110125-03.JPG

いつも通りお布団の中で寝てたけど、お皿は空っぽ。
妹から朝ご飯も食べたって聞いてたし、調子が戻ったのかもって思いました。

おっきしためいは、すぐにお布団から出てきてくれて・・・

110125-09.JPG

スクラッチベッドでころんころん。
体調が悪いときはお布団から出てこないので、お布団の外で遊べる元気はあるってことだと思いました。

でも、その後お布団の上で横になっためいを見てたら、体が震えてることに気付きました。
しかも、月曜日よりも震えが大きくなってました。
疲れたときにまぶたが痙攣するように、めいのお尻がピクピクしてました。

110125-18.JPG

↑ このポーズで寝てるときは、おててが脈と同じような速さで、大きくピクッピクッてしてました。
そのうち体全体が大きくピクピクし始めて、このまま痙攣や発作を起こさないかと怖くなりました。
でも、起きると震えは見えなくなります。

110125-32.JPG

めい自身も震えを自覚してないみたいで、普通に毛づくろいしてたし、キャットタワーに登ることもできてました。

そして、26日の水曜日。

めいを病院に連れて行けるのは水曜日しかないので、朝一番に病院に電話で相談してみました。
先生のお話では、本当はすぐに診せてもらったほうがいいとのこと。
でも、めいの心臓への負担を考えると、今の時期に病院に来てもらうことで、具合が更に悪くなる可能性もあるから、もう少し暖かくなるまで待ってもいいとのことでした。
で、私は妹と相談して、結局病院へは行きませんでした。
その日は特に寒かったので、自転車での通院はめいにとって大きな負担になると思ったし、ちょっと食欲が戻ってきたからです。

でもその翌日の木曜日には、食欲がまた落ちてしまって、震えも治まってませんでした。
朝からご飯をほとんど食べてないことを妹から聞いてて、夕方に実家に行ったときも、ご飯を食べずにお布団に潜ってました。

110126-18.JPG

お布団の中に手を入れて、めいの体を触ると、小さな震えがはっきりと手に伝わってきました。
お布団から出てきてくれためいは、キャットタワーに登ったけど、お気に入りのおうちがある段の1段下で、登るのをやめてしまいました。

110126-28.JPG

体はずっと震えたままで、表情もなんとなくしんどそう。
めい自身も落ち着かないのか、何度も座りなおして体勢を変えてました。
結局キャットタワーの1番上には登らずに、お布団の中に帰っていきました。

このまま寝続けること2時間。
妹が帰ってきたら、ようやくめいがお布団から出てきてくれて、エイジングケアプラスを5粒くらい食べてくれました。
そしてその後、キャットタワーのおうちの段まで登ることができました。
でも、体はまだ震えてました。

そして28日の金曜日。
お昼間は元気にくぅと走り回ってたって聞いてたけど、私が夕方に実家に行ったときは、やっぱりお布団の中で寝たきりで、ご飯も食べてくれませんでした。
震えはよーく見るとありました。
今までとはまた違った震え方で、お尻の辺りが時々ピクッピクッとなる感じでした。

でも、土日は震えが治まったように見えて、食欲も少し戻って、このまま調子がよくなるといいなって思ってました。

でも、一昨日の月曜にはまた震えが見られました。
一見気付かなかったけど、めいがじっと箱座りをしてるとき、耳の辺りがずっと小さく震えてました。
そして、食欲もまた落ちてました。
昨日は震えははっきりとはわからなかったけど、食欲はイマイチなまま。
寒いのに冷たい場所でじっとしてたりもするので、それもすごく心配です。

でも、やっぱり一番心配なのは体の震え。
病院に電話で相談したときは、キャットタワーに登れてるんだったら大丈夫と言われたけど、震えの原因が何なのかすごく気になります。
ネットで検索すると、神経系の病気や心臓病・腎臓病と関係があることが多いみたいです。
めいは心臓にも腎臓にも病気を抱えてるので、やっぱりそれが原因なのか・・・
でも、秋頃から高いところにジャンプできなくなったので、神経系の病気の不安もあります。
ネットでは詳しい情報を見つけられなくて、震え方の具体的な例や病気との関連についてもわからないままで、不安ばっかりが大きくなってます。

どうか、めいの体の震えが大きな病気と繋がってませんように・・・。
心臓や腎臓の病気が悪化してませんように・・・。
タグ:めい
ニックネーム さーり at 14:38| Comment(8) | めい(心疾患・慢性腎不全) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

めいは睡眠薬

元祖が病気と闘ってくれてる間、めいはすっごく調子がよくて、食欲もずっと安定してました。
それが、元祖がお空に旅立った1週間後ぐらいから、急に不調になりました。
ずっと気に入って食べてくれてたキドニーを嫌がるようになって、ほぼ1日中お布団に潜りっぱなしの状態になりました。
そして、1番ショックだったのは、今までジャンプして登れてた棚に登れなくなったこと。
棚の隣に置いてる3段のカラーボックスでさえも、ジャンプして飛び乗ることができなくなってしまいました。
その不調は小さな山あり谷ありで、今もずっと続いてます。

あんなにずっと体調がよかったのに、めいの体のどこに変化があって、こんなに急に悪くなったのか・・・
10月に受けた定期検診では、心臓病も腎不全も悪化はしてないとのことでした。
だから、それ以降に悪化したのかもしれないし、気温の変化などで一時的に体調不良になってるのかもしれないです。

でも・・・ふと思いました。
元祖がいたとき、めいの調子がずっとよかったのは、そう見えてただけだったのかもって。
めいはきっと、私が元祖のことでいっぱいいっぱいになってることをわかってて、元祖と一緒にめいも頑張ってくれてたんだと思います。
しんどくても我慢して、私を安心させてくれてたんだと思います。

だから今は、実家にできるだけ長くいるようにして、めいと一緒にいる時間を増やしました。
もうめいを頑張らせないように・・・。
弱いところをちゃんと見せてもらえるように・・・。

そしたらめいは、私の気持ちをちゃんと理解してくれたみたいで、遠慮なくいっぱい甘えてくれるようになりました。
めいは元々すっごく甘えただったので、今のめいはめいらしくて、元祖がいたときのめいは、やっぱり私に気を使ってくれてたんだなって思います。

めいと一緒にいると言っても、めいはたいてい妹のお布団で寝たきりです。
だから私も、妹のお布団で横になるのが、実家に行ったときのお決まりになりました。
めいがお布団の外にいても、私がお布団に入るとちゃんと添い寝しに来てくれてます。

下 こんなふうに。

101205-108.JPG

なでなでしてたら・・・

101205-109.JPG

かわいくころ〜ん。

101205-113.JPG

めいのかわいい寝顔を見てると、心から幸せを感じます。
そして、幸せな気持ちに満たされたまま、私も一緒に夢の中へ (o_ _)o.。oOOグゥグゥ

で、目が覚めたときには、いつも2時間ぐらい経ってて焦ります。
一緒に寝てたはずのめいが先に起きてることも多々あせあせ(飛び散る汗)

この日も目が覚めたらめいがいなくて、周りを見渡すと・・・

101205-118.JPG

すぐそばに置いてる収納ケースの上で、遠くを眺めてました。

101205-119.JPG
               「お姉ちゃん寝過ぎやで。」

ごめんごめん、めいと一緒にいてたら、ついつい寝てしまうねん ヾ(;´∀`A``アセアセ
めいをなでようと立ち上がったら・・・

101205-120.JPG
                「抱っこちてよー!」

自分で下りれるくせに、抱っこして下ろせとせがむめいちゃま。
めいには振り回されっぱなしだけど、それでこそめいなんよね〜*:.。☆..。.(´∀`人)

食欲はイマイチでも、高い所にジャンプできなくても、それなりに元気に、毎日楽しそうに過ごしてくれてることが救いです。

101208-17.JPG

お布団にこもってばっかりでも・・・

101208-18.JPG

お皿を運んだら、自ら食べてくれることもあります。
キドニーはダメでも、ロイカナのベッツプラン エイジングケアプラスだったらぼちぼち食べてくれてます。
最近試しで買ってみたスペシフィックのFKDも、気が向いたときは食べてくれてます。
だから痩せこけることはなく、立派なおちりを保ってくれてます ( ̄ー ̄)ニヤリッ

101208-20.JPG
                  「なんか言った?」

いえ別に・・・(∀・;)オドオド(;・∀)


めいと一緒にいると、自然と眠りに吸い込まれます。
それは妹も母も同じみたいで、「めいは睡眠薬やな。」って話してます。
その睡眠薬は寝過ぎるから危険だけど、起きたときはストレスとか嫌なことが全部吹き飛んでて、「今から頑張ろう!」って気持ちになれます。
めいのために一緒にいる時間を増やしたのに、結局は私がめいに元気をもらってる・・・
めいに秘められたチカラはすごいです。
そして、毎日頑張ってくれてるめいに、改めて感謝しないとなって思います゚.+:。
タグ:めい
ニックネーム さーり at 10:56| Comment(0) | めい(心疾患・慢性腎不全) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

食欲の波は突然に・・・

先週の土曜日に、くぅの便秘のことをブログに書きました。
その際に、めいの体調がずっと安定してることも書きました。

それなのに、その日の午後、めいの食欲は急降下でした。



ブログを書き終えて実家に行くと、私が来たことに気付いためいが、2階に駆け上がる音が聞こえました。
2階にめいを探しに行くと、めいの姿は見えず・・・。
でも、私の手には、めいの大好きなモンプチスープがあったので、その匂いに気付いためいは、すぐに自ら出てきてくれました。

100724-128.JPG

おいしそうに、メルクメジン入りのモンプチスープをペロペロしてるめい。
いつものように、ペロッと完食してくれました。

その後は・・・

100724-135.JPG

棚の上に行って、バンザイポーズ♪
ご機嫌さんな様子でした。

それを見て安心して、私は妹と外出しました。

そして、数時間後に帰宅すると、めいが吐いたという母のメモ書きが・・・。
リビングの床にも吐いた跡があるのを見つけました。
嘔吐物にはメルクメジンがまざってたので、吐いたのはめいに間違いありませんでした。

実は、先週の半ばから、めいの嘔吐が続いてました。
吐くのは1日に1回だけで、吐く時間帯は毎回同じ。
めいは毎日、お昼にメルクメジン入りのモンプチスープを飲んで、その後1時間ほど時間を空けて、カリカリを食べるようにしてます。
そのカリカリを、毎日吐くようになってしまいました。

めいは一気にたくさん食べると吐いてしまうので、それを防ぐために、スープとカリカリの時間を空けてます。
それでも吐くようになったということは、また胃や食道が荒れてきたのか・・・?
でも食欲はあったので、カリカリの時間をもう少し遅くして、様子を見ることにしました。
それで、土曜日に早速実行してみたけど、効果を見る前にスープを吐いてしまいました。

めいは粒状のものはよく吐くけど、スープ系のものはめったに吐きません。
なので、すぐに調子が悪いんだと思いました。
案の定、帰宅してすぐにカリカリを用意したけど、クンクンするだけで1粒も食べてくれませんでした。
味に飽きたのかと思って、色んなカリカリを用意したけど、全部ダメでした。
粒のままが嫌なのかと思って、すり潰したカリカリも用意したけど、これもまたダメ。
吐いたばっかりだから食べないのかもって思って、時間をおいて何度もカリカリを用意したけど、クンクンもしなくなってしまいました。

100724-192.JPG

妹のお布団で、ずっと寝たきりのめい。
スヤスヤと穏やかに眠ってたけど、お昼間の元気はなくなってました。

夜になっても、めいは食べてくれませんでした。
でも、私は自宅のにゃんずのお世話もあるので、後ろ髪を引かれる想いで自宅に帰りました。

自宅に帰っても、頭の中はめいのことばかり。
何かあれば妹から連絡があるはずなので、携帯が気になって仕方ありませんでした。

待ちに待った妹からの連絡が来たのは、その日の深夜。
めいがご飯を食べてくれたとの内容のメールでした。
その後、心臓のお薬も消化器系の炎症を抑えるお薬も、ピルポケットで飲んでくれたというメールも来て、それでひとまず安心できました。

そして、その翌日には、いつもと変わらないめいに戻りました。
食欲もすっかり戻って、前日の不調が嘘のようでした。
突然の波にうろたえてしまったけど、不調が短期間で終わって何よりです。

ただ、気になるのが不調の原因。
朝は普通にご飯を食べたらしく、お昼のスープもおいしそうに飲んでくれたのに、その数時間後にはご飯を拒絶。
あまりの急激な変化に、私もどうしたらいいのか戸惑ってしまいました。
今回は回復が早くてよかったけど、これから先も同じようなことが起きるかもしれないと思うと、不安で仕方ありません。
なので、原因がはっきりすれば、少しでも事前に防げるのに・・・って思います。

今回の食欲不振は、スープを吐いた後から急激だったので、嘔吐がきっかけになったような気がします。
続いてた嘔吐は、消化器系の炎症をお薬を飲ませたら、翌日からは治まりました。
お薬がそんなに早く効くのかも疑問だけど、念の為3日間飲ませたところ、今週は一度も吐いてません。
お薬にすぐに頼ることに抵抗があったけど、めいの場合は早めにお薬を飲ませるほうがよさそうです。

それと、もう一つ考えられる原因は 「暑さ」。
めいは心臓が悪いので、気温の変化に特に弱いです。
ずっと家の中にいても、部屋によって気温差があるので、夏と冬は部屋の移動にも注意するよう言われてます。
なので、エアコンはこまめにつけて、室温に気をつけるようにしてます。

でも土曜日は、エアコンをつけてない2階の暑い部屋に、めいが逃げ込んでしまって、しばらくそこから出てこなかったので、暑さで心臓に負担がかかってしまったかもしれません。
それで食欲不振に繋がったような気もします。

嘔吐が原因なのか、暑さが原因なのか・・・それとも両方重なったからか・・・
もしかしたら、まだ他に原因があるのかもしれません。
でも、考えられるこの2つの原因には、きちんと対応しないとって思います。
早めのお薬と早めのエアコン、胸に刻みました。

急上昇した後のめいは、そのまま再び安定です♪

下 一昨日の夕方のめいです。

100727-07.JPG

くぅをにらみつけて・・・

100727-09.JPG

襲いかかってましたあせあせ(飛び散る汗)
くぅとケンカできるほど元気なのは嬉しいけど、見てるこっちは心臓が爆発しないか心配で・・・。
別の方法で、私を安心させてほしいです。

ケンカしても、やっぱり実の姉妹。
ケンカの後は・・・

100727-59.JPG

仲良くベッドで寛いでました。

100727-61.JPG

並んだ背中、かわい過ぎるぞ (*≧∀≦*)

こんなほのぼの風景が、これからもずっと見れますように・・・。
タグ:めい くぅ
ニックネーム さーり at 11:59| Comment(8) | めい(心疾患・慢性腎不全) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

めいの検査結果

先週の七夕の日に、予告通り、めいを病院に連れて行きました。

ここ最近、私に対しての警戒心が、なぜか強まってるめいちゃま。
私が実家に行くと・・・

100703-89.JPG

いつもこの有り様です。ハァ━(-д-;)━ァ...
長時間実家にいると、そのうちめいは出てきてくれるけど、私が来たらとりあえず隠れるっていうのがお決まりになってしまいました。

こんなんじゃ、めいをキャリーに入れることなんて絶対できない・・・。
ってことで、いつもは私と妹二人がかりでめいをキャリーに入れてるけど、今回は妹と母の二人で頑張ってもらうことにしました。

母は、めいやくぅをキャリーに入れたことが一度もありません。
それに、かわいそうなところを見たくないって言って、私達がキャリーに入れてるところを見たことすらありません。
なので、正直期待はできませんでした。
とりあえず、私が帰宅する時間に合わして、めいをキャリーに入れてもらうよう打ち合わせをして、めいがキャリーに入ったとメールが来るまでは、私は実家に着いても中に入らないようにすることにしました。

実家の前で長時間待ちぼうけになることを覚悟しながら会社から帰ってたら、実家の最寄りの駅に着いたときに、妹からメールが来ました。
まさかこんなに早くめいをキャリーに入れられるわけないから、何事かな?って思いました。
でも、メールの内容は 「めい入れたから」。
思わず エエェェ── Σ(゚Д゚)──ッ!!! って声が出てしまいました。

なんと、妹が一人でめいをキャリーに入れてくれたそうです。
めいに1番信頼されてる妹だからこそ、できたんだと思います。
妹様々です。

下 キャリーに入っためいです。

100707-01.JPG

時々悲しそうな声で鳴くのが、すごくかわいそうでした (´;ω;`)

100707-05.JPG

待合室では、少しでもキャリーの奥に行こうとしてました。
早く順番が来てほしかったけど、結局1時間ほど待ちました。

診察は、まず体重測定から。
めいが診察台の上で動きまくるので、正確な体重が量れなかったけど、ほぼ4kgということでした。
5月の末に病院に行ったときは3.9kgだったので、体重はキープできてました。
ご飯をほとんど口にしない日があったけど、しっかり食べれてる日もあったので、平均してちょうどよかったんじゃないかと先生に言われました。

心臓の音は前回と変わりなく、触診も問題ありませんでした。
粒状のものを食べてくれないことが気になってたけど、お口の中も特に問題はないとのことでした。
歯茎が少し赤くなってるけど、年齢的によくある程度で、ご飯が食べられないほどの状態ではないそうです。
最近よく、めいが足であごを蹴って、強く掻いてることも先生に伝えたら、その行動の原因はわからないけど、お口が痛いんだったら、おててでお口の周りを触ろうとするそうです。
なので、粒状のものが食べられない原因は、お口の中が痛いんじゃなくて、吐き気が原因ではないかとのことでした。

吐き気のお話が出たので、嘔吐がなかなか治まらないことも相談しました。
朝1番に白い泡状のものを吐くだけじゃなくて、食後すぐに食べたものを吐いてしまうことを伝えました。
そしたら、食後すぐに吐くのは、腎不全とはあまり関係がないそうで、食道や胃などの消化器系に問題があるかもしれないと言われました。

そういったことも総合的に診るために、血液検査を受けることになりました。

で、検査の結果ですが・・・驚きでした。

5月末に慢性腎不全と診断されたとき、正常値から大きくはみ出てた尿素窒素とクレアチニンの数値。
それが2つとも、正常範囲内に戻ってたんですぴかぴか(新しい)
思わず目を疑ったし、先生も何とも言えない表情をされてました。

尿素窒素は、活性炭のお薬の効果で、数値が下がってくることがあるそうです。
病院で活性炭のお薬を処方してもらう前に、ちゃあママさんが送ってくださって、早期の段階でお薬を始めることができたおかげだと思いました。
ちゃあママさん、本当にありがとうございました!

クレアチニンの数値も下がってるのは、先生も説明しにくい感じでした。
点滴治療を一度も受けてなくて、療法食も徹底できてないし、調子がすごく悪い日もあるのに、数値は正常・・・。
なので、めいの場合は、心臓の状態が腎臓を大きく左右してるんじゃないかと言われました。

腎不全と関係のあるリンの数値は、今回初めて検査をしましたが、それも正常範囲内でした。
今回の血液検査の結果だけを見たら、慢性腎不全とは診断されないそうです。
腎不全に関係のない数値も全部異常がなくて、血液検査だけだと健康なネコちゃんそのものだそうです。
でも、一度はかなり悪い数値が出てるから、今回たまたまよかっただけで、病気は進行しつつあるはずだと言われました。
なので、お薬はもちろん継続となりました。

嘔吐に関しては、食道や胃の炎症による吐き気が原因の可能性があるので、吐き気止めのお薬はやめて、炎症を抑えるお薬で様子を見ることになりました。

これで診察は終わりです。
次回の検査は2ヶ月後ではなく、9月か10月でいいそうです。
心臓の悪いめいには、真夏の通院は負担になるし、今回の検査結果がよかったので、期間をあけても大丈夫と言われました。
通院はホントに辛いので、間隔があいてすごく嬉しかったです。

診察が終わって会計待ちのときには・・・

100707-12.JPG

すっかりリラックスのめいちゃま。
もう診察が終わったことを、めいはわかってるんです。
めいは賢いな〜。

でも、帰宅すると・・・

100707-16.JPG

一目散に『おうち』 へ。
そのまま爆睡してました。
病院でいっぱい頑張ったから、疲れたんだと思います。
めいちゃん、よぅ頑張ったな。ありがとう。

1時間後、めいは 『おうち』 から出てきてくれました。

しっかり睡眠をとったからか・・・

100707-21.JPG100707-22.JPG

めいはご機嫌さんでころんころんの舞♪

そして、2階に走って行って・・・

100707-24.JPG

畳で爪とぎ。
ちゃんとした爪とぎも置いてるんですけどあせあせ(飛び散る汗)

その後は、いつもの窓辺に行って、お外を眺めてました。
そして、視線は部屋の中へ・・・

100707-25.JPG

またボスが来てくれてるのかな?
ボス・・・いつもめいを護ってくれてありがとう。

今回の検査結果は、本当に驚きでした。
嘔吐はほぼ毎日だし、食欲の波は激しいし、数値は悪化してて当然だと思ってたので。

病院に行った翌日から、めいは何となく元気になったような気がします。
食欲も安定してきて、お薬も小さくカットしたら飲んでくれるようになりました。
お薬が効いてるのか、嘔吐もピタッと治まりました。
このままいい調子で安定できたらいいなって思います。

めいがここまで元気になれたのも、皆さんが応援してくださってるおかげです。
めいの病気は一生付き合っていかないといけない病気なので、気を抜くことはできませんが、進行を少しでも遅らせて、めいが元気に楽しく幸せな時間を長〜く過ごせるよう支えていきたいです。
いつもありがとうございます。

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚

一つ前の記事。。。
コメントのお返事をしてからアップしようと思って非表示にしてたのですが、なかなかお返事が書けずに日が経ってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
タイムラグがありますが、よかったら読んでください (*_ _)ペコリ
タグ:めい
ニックネーム さーり at 17:46| Comment(6) | めい(心疾患・慢性腎不全) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

急降下

前回の記事で、めいが快方へと向かってることを書きましたが、先週の水曜日から食欲が急激に落ちて、嘔吐も頻繁になってしまいました。

先々週の半ばから先週の火曜日までの約1週間は、すっごく調子がよかったんです。
食後すぐの嘔吐は何回かあったけど、朝1番の嘔吐は治まってました。
それに、1日に食べないといけないご飯の目安量を、腎不全と診断されてから初めてクリアできました。
それも、5日連続でぴかぴか(新しい)

下 6月29日(火)のめいです。

100629-119.JPG

ロイカナの腎臓サポートのカリカリを、パクパク食べてくれてました。
食べ過ぎで吐かないか心配になるぐらい食欲があって、食べるスピードには勢いがありました。
調子が悪いときにする食べ辛そうな仕草(=首を振って、ペッペと噛んだカリカリを飛ばす。食べこぼしをいっぱいする。) は、全然しなくなってました。

そんなめいの様子を見て、母は 「病気が治ったみたいや。」って言ってました。
治ることのない病気だけど、治ったんじゃないかと思えるぐらい、ホントに調子がよかったんです。

それなのに・・・



6月30日の水曜日の朝1番に、めいは白い泡を吐いたそうです。
それが不調の始まりでした。

妹の話では、白い泡を吐いてもしんどそうにはしてなくて、しばらくしたら腎臓サポートのカリカリを食べてくれたそうです。
でも、その後すぐに、食べたカリカリを一気に吐いてしまって、それ以来カリカリを見ると嫌そうな顔をするようになったそうです。

でも、ご飯をほしそうに妹に鳴いてくるそうなので、食欲がないわけでもないみたいです。
吐き気がしてるせいで、食べたいけど食べられないのかもしれません。

その日の夕方、私は仕事帰りに実家に行きました。
玄関に入ると、階段を駆け上がっていく音が・・・。
その足音は、めいでした。
私が来たことに気付いて、2階に避難したようでした。
めいは調子が悪いときには、よく棚の下に潜ってるし、私から逃げようとします。
なので、やっぱり調子が悪いんだと思いました。

そして、そんな日に限って来客があって、怖がりのめいは行方不明になってしまいました。
探しまくった結果、いました・・・

100630-01.JPG

山積みになってる不用品の奥に。
1時間待っても、めいはここから出てきてくれなかったので、ひとまず自宅に帰ることにしました。

そして再び、めいとくぅのご飯をするために、夜の9時過ぎに実家に行きました。
めいは甘えて私に鳴いてきたので、これはご飯を食べてくれるかも♪って思いました。
でも、期待は大ハズレ。
最近お気に入りだったロイカナの腎臓サポートは完全無視。
今までに食べてくれたことのある他の療法食も並べてみたけど、アイムスもキドニーケアもアニモンダも全部ダメ。
妹特製のおジャコの匂い付きアニモンダもダメでした。
療法食に限らず、腎不全になる前にずっと食べてたロイカナのセレクトプロテインも置いてみたけど、見向きもしませんでした。

今までは、食欲不振になってもどれか一つは食べてくれてたのに、今回は見事に全滅でした。

こういうときのために、シーバとかモンプチとか銀のスプーンとか、その他缶詰やパウチも数種類を買い置きしてる我が家。
でも、もう少し粘りたかったので、それらにすぐに頼ることはしませんでした。
そして、めいが行く場所行く場所にお皿を置いたら、アニモンダを1粒だけ食べてくれました。

1日かけて、食べてくれたのはたったの1粒。
ここまでめいが食べてくれないのは、腎不全の症状が出てきてから初めてでした。

救いなのは、めいが元気そうに動き回ってること。
カリカリを1粒食べた後、めいは窓辺に行きました。

100630-07.JPG

お外をじっと見つめて・・・

100630-48.JPG

視線は部屋の中へ。
何もない場所を、クリクリなお目目で見つめてました。

自宅を出る前、ボスの位牌をなでなでして、めいのことをお願いしました。
だから、ボスがめいを護りに来てくれたのかなって思いました。

場所を移動しても・・・

100701-01.JPG

さっきと同じ場所を見つめるめい。
そこにはボスがいたのかな・・・?

あんまりしつこくご飯を食べてもらおうとすると、めいもきっと嫌だと思ったので、あとはボスに託して自宅に帰りました。

そしたら深夜の1時過ぎに、私が置いて行ったご飯が減ってると妹からメールが来ました。
減ってた量は2gだけ。
それでも、「食べてくれた」という事実が嬉しかったです。

結局、めいの食欲の谷底は、6月30日でした。
その翌日からは、腎臓サポートのカリカリををすり潰したものなら、少しずつ食べてくれるようになりました。
粒のままだとペロペロするだけで、1粒も食べられない状態だったので、すり潰したものなら舌にくっついて、自然と口に入ってくれるんです。
この方法を考えてくれた妹に感謝です。

下 7月1日のめいです。

100701-23.JPG

私がいても隠れないけど、ずっと寝たままでした。

でも、そばにご飯を置くと・・・

100701-27.JPG

すぐに起きて、ペロペロして食べてくれました。

100701-37.JPG

食後は吐かずにねんね眠い(睡眠)
すり潰したカリカリだと、食後の嘔吐も回数が減りました。

ご飯はすり潰し作戦で少しずつでも食べれるようになったし、あとは吐き気止めのお薬が効いて、朝の嘔吐も治まってくれるといいなって思ってました。

そしたら、最悪の事態が・・・

今まで食欲がないときでも、喜んで食べてくれてたピルポケット。
おかげでお薬をめいに負担なくお薬を飲ませることができてたけど、先週の土曜日から食べてくれなくなりました。

心臓のお薬を飲ませる時間は、活性炭のお薬を飲ませる時間との関係で、夜の12時頃と決めています。
なので、妹がいつもお薬を飲ませてくれてるのですが、土曜日はカリカリと同じようにペロペロするだけで、ピルポケットが溶けてお薬がむき出しになるそうです。
なので、妹と母が協力して、めいの口にお薬を直接入れて飲ませてくれました。
でも、お薬は1粒飲ませるだけでも大変なので、吐き気止めのお薬はもう飲ませないことにしました。

そして、一昨日と昨日は、お薬を粉状にして、鰹節とカリカリの粉にまぜて飲ませてくれたそうです。
でも、全部飲ませるのにかなり苦戦したらしく、この方法は長くは続かない気がします。

吐き気止めのお薬を飲んでないせいか、朝一番の嘔吐は治まりません。
それに昨日は、すり潰したカリカリでも吐いてしまったそうです。

粒状のものが食べられないのは、やっぱり口の中に問題があるように思います。
それに、嘔吐が頻繁なのも、腎臓の他に原因がないのか気になります。

次回の通院は2ヶ月後と言われてたので、今月末を予定してました。
でも、それを早めて明日病院に行くことにします。
他に悪いところがなければいいけど、もしあったとしたら、少しでも早期に発見できたらって思うので。

めいには辛い通院だけど・・・
せめて、めいの体に負担がかからないように、時間をかけずにキャリーに入れられますように。
待ち時間も少なくて済みますように。
タグ:めい
ニックネーム さーり at 12:00| Comment(5) | めい(心疾患・慢性腎不全) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

お薬との闘い

更新がまた滞ってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
コメントのお返事もできてないし、皆さんのブログにお邪魔することもできてなくて、本当に申し訳ないです。

めいの食欲は、相変わらず浮き沈みが激しいです。
先週の水木金はすごく調子がよかったのに、土曜日から突然ご飯を拒絶するようになりました。
活性炭のお薬をまぜたモンプチのクリーミースープだけは、おしいそうに飲んでくれてることが救いです。
でも、主食のカリカリは食べるのを嫌がります。
食べようとしてくれるときもあって、カリカリを口に入れるんだけど、噛んだ後飲み込まずに、首を振ってペッペと吐き出します。
口の中が痛くて食べ辛いのか、うまく喉を通らないのか、原因はわかりません。
めいのお口の匂いは無臭に近いので、口内炎ができてるようには思えないんですが・・・。
でも、ちゃんとお口の中を見て確認したわけではないし、一度病院に相談してみようと思います。


では、本題デス。。。。。。。。。〆(・ω・ )。。。。。。。。。〆(・ω・ )


めいが慢性腎不全だと診断された5月28日の夜から、めいには毎晩お薬を飲んでもらってます。
心臓と腎臓両方に効果のある、「フォルテコール」というお薬です。

めいはお薬に敏感で、お薬が入ったご飯は食欲モリモリの頃から全く口にしてくれませんでした。
それに、めいは抵抗する力がすごく強いので、お薬を直接お口の中に入れて飲ませる方法も、今まで何度も失敗してきました。
だから、お薬の服用を先生に言われたときは、ちゃんと飲ませることができるか不安で、自信もありませんでした。

投薬の初日、めいは全然食欲がなかったので、ご飯にお薬をまぜる方法はまず絶望的。
なので、お口に直接お薬を入れて飲んでもらうしかなかったので、妹と二人で協力して、めいにお薬を飲ませることにしました。
そして、いざお薬を飲ませようとすると、思ったよりめいは抵抗しなくて、すんなり飲んでくれました。
フォルテコールはお薬らしい匂いや苦い味がしないので、めいも飲みやすかったみたいです。

でも、投薬がすんなり成功したのは最初の3日だけ。
だんだんめいの嫌がり方がひどくなってきて、お薬をどうにかして口から出そうとするようになりました。
そして、回数を重ねるとともに、めいはお薬を口から出すのが上手になってきて、投薬はどんどん難しくなっていきました。

おまけにめいは、私が実家に行くと、棚の下に隠れてしまうようになりました。

下 こんなふうに。

100607-50.JPG

「お姉ちゃんが家に来た」 = 「嫌なことをされる」・「危険」って覚えてしまったみたいです。
最初は私の姿を見てから隠れてたけど、そのうち私が玄関に入ってくる時点で隠れるようになって、今では私の自転車が家の外に停まった時点で隠れるようになってしまいました。
妹や母が自転車を停めても、全く隠れなのに。
自転車を停める音を聞き分けるなんて・・・めいの賢さには参ります。

一度めいが棚の下に隠れてしまうと、2時間くらいは出てきてくれません。
出てきてくれたと思っても、私がそばに行くとまた隠れてしまいます。
なので、めいが完全に安心しきって出てきてくれるのを待つ必要があるので、めいにお薬を飲ませるのに何時間もかかってしまって、自宅に帰れるのは夜中の2時過ぎというのが習慣になってしまいました。

こんな生活がこれからずっと続くと思うと、すごく辛くなりました。
きっと、私自身も体がもたないだろうし、めいに怖い想いをさせて、体を押さえて無理矢理お薬を飲ませるのが何より辛いです。
お薬を飲んでくれた後、めいに 「よぅ頑張ったな〜。お薬飲んでくれてありがと。」って話しかけながらなでなでしてると、めいはちょっと警戒しながらもグルグル喉を鳴らしてくれて、そんなめいを見てると泣きそうになってしまいます。

お薬を1日に1粒飲ませるのも辛いのに、先週の月曜日からはお薬が増えてしまいました。
嘔吐が頻繁なので、吐き気止めの頓服も毎晩飲ませないといけなくなってしまったんです。

これ以上めいに嫌な思いをさせたくないのに・・・。
でも、お薬を飲ませないことには嘔吐も治まらないので、めいに負担なくお薬を飲んでもらう方法はないか考えました。

まず試したのは、今お気に入りのモンプチのスープにまぜる方法。
活性炭のお薬は、毎日このスープでおいしそうに飲んでくれてるので、他のお薬も同じように飲んでくれたらいいなっと思って試しました。
でも、結果は失敗。
心臓のお薬も吐き気止めも、匂いや味が強いので、見事にバレてダメでした。

次に試したのは、ささみのおやつでお薬をくるむ方法。
お薬をささみで完全に覆ってしまえば大丈夫かなって思ったけど、結果はまたしても失敗。
お薬の匂いが漏れてるみたいで、クンクンしたらプイッてそっぽ向いて、口にしようともしませんでした。

ささみよりもしっかりしたおやつなら、お薬の存在がバレないかも・・・と思って、次に試したのはロイカナの「メチオニン・タブ」。
これはストルバイト尿石症のネコちゃん用のサプリだけど、指で形を変えられる柔らかさだし、塩分が控えめだという点もよかったので、これを選んでみました。
で、早速お薬を中に閉じ込めて、めいにおやつっぽく出してみました。
すると、これまた撃沈。
お薬の匂いは漏れてないはずなので、タブそのものが気に入らなかったんだと思います。

で、最後に試したのは、お薬をオブラートに包んで、いつものカリカリと一緒に食べてもらう方法。
オブラートを少し湿らせて、カリカリの粉をつけて、カリカリに化けさせたら食べてくれるかもって考えました。
でも、これも一瞬で撃沈。
本物のカリカリまで食べてくれなくなってしまいました。

オブラートがダメだったから、今度はカプセルで試してみようと思いました。
でも、1番小さいサイズの5号カプセルがなかなか売ってなくて、取り寄せるのに時間がかかって、今もまだ実行できずにいます。

でもその前に、もう一つ試してないものがあることに気付きました。

グリニーズの 「ピルポケット」 です。
お外のネコちゃんにお薬を飲ませるために毎日使ってるのに、なぜか忘れてました。
忘れてたと言うか、ピルポケットはお外のネコちゃんにしか通用しないという固定観念が、私にはありました。
以前みるにお薬を飲ませるのに使ったことがあったけど、なんでも食べるみるが食べてくれなかったんです。
わたも小梅もすももも食べてくれませんでした。
だから、めいも食べてくれないように思ってました。

なので期待せずに、とりあえず試してみることにしました。

まずは、ピルポケットそのものへの反応を見たかったので、お薬を包まずに、3分の1にちぎったものを、めいに見せてました。
そしたら、すごくいい反応で、すぐにパクッと食べてくれました。
もっとほしそうなお顔をしたので、急いでお薬を中に閉じ込めて、もう一度めいの前に出してみました。
そしたら、またすぐにパクッ!
何度もくちゃくちゃ噛んでたので、お薬がバレるんじゃないかとドキドキだったけど、うまく飲み込んでくれました。

結果としては、ピルポケット作戦、大成功でした。
めいの前では平常心を装ってたけど、心の中ではヤッタ━━━ヽ(゚`∀´゚)ノ ━━━!!!
救世主現れたで!って思いました。

でも、安心はまだまだできませんでした。
カリカリと同じパターンで、食べてくれるのは初日だけってことが、今のめいには大いにあり得るので。

で、翌日もピルポケットで投薬にチャレンジしてみたら、これまた成功。
その次の日も成功。
そして昨日で、5日連続成功してますぴかぴか(新しい)

100617-08.JPG

こんなふうに、棚の上に避難されても、お薬を飲ませることができてます。
ピルポケット様々です。
この調子で、これからもずっと成功してほしいです。

下 先週の水曜日6月16日のめいです。

100616-91.JPG

くぅと仲良くチェストの上のベッドで寛いでました。

その後は・・・

100616-109.JPG

くぅと一緒にご飯待ちぴかぴか(新しい)
お母さんが台所でくぅのご飯を用意してたら、めいもベッドから下りてきたんですっ!!

100616-112.JPG
                 「めいのご飯は?」

そんな声が聞こえてきそうなお顔に、嬉しくて涙が出そうになりました。

でも、その3日後にまた拒絶。
めいの食欲が安定する日は来るのかな・・・(´;ω;`)
今食べてくれてるカリカリがダメになったら、腎臓の療法食は全滅になります。
このままお薬を順調に飲んでもらえて、食欲が早く安定するようになってほしいです。
タグ:めい くぅ
ニックネーム さーり at 15:35| Comment(2) | めい(心疾患・慢性腎不全) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

ご心配をおかけしました。

突然のお知らせ以来、何もご報告できてなくて、ご心配をおかけして申し訳ありません。
皆さんのブログにお邪魔できてないことも、心苦しく思ってます。
本当に申し訳ないです。

めいが食欲不振に陥ってから、もう3週間以上になります。
でも、皆さんが応援してくださってるおかげで、めいは毎日、少しずつだけどご飯を食べることができています。
温かいコメントを頂いたり、直接メールをくださったりと、皆さんのお言葉にはすごく励まされて、感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。

めいのことを毎日ブログに書き綴りたいと思ってたんですが、ゆっくりパソコンに向かう時間が全然取れませんでした。
ブログはたいてい仕事の合い間に書いてるんですが、こんなときに限って仕事がめちゃくちゃ忙しくて、家に帰ってからはめいのことで精一杯で、1日があっという間に終わっていきました。
フルタイムで働いて、主婦としての家事もして、他のにゃんずのお世話もして・・・気がつけば夜中の3時過ぎという毎日です。
私はあんまり体が強いほうじゃなくて、睡眠不足の日が続くとひどい頭痛や発熱で寝込むんですが、今の私はピンピンしてます。
『母は強し。』ってやつですかね?
なので、私のことはご心配なくです。


では、本題のめいのことを振り返りたいと思います。。。(かなり長いです。)


めいの異変に気付いたのは、5月20日木曜日の夕方。
その日はいつものように、仕事帰りに実家に寄りました。
めいはたいていどこかで寝てるんですが、その日はすぐに私のそばに来てくれました。
自分で起きてくるときは、ほぼ100%ご飯のおねだり。
なので、すぐにご飯を用意したら、クンクンするけど食べようとはしませんでした。
めいはご飯命なので、どんなに眠たくても、さっきご飯を食べたばかりでも、目の前に置かれたご飯を無視することなんてあり得ません。
だからすぐに、これは様子がおかしいと思いました。

でも、その後もう一度、めいのお顔の前にお皿を置いたら、ご飯は完食してくれました。
ひとまず安心したけど、食べ方がいつもよりゆっくりだったのが気になりました。
めいの体を触ると、いつもより熱いようにも思いました。

そしてその次の日(5月21日)、お昼過ぎに妹からメールが来ました。
めいが朝からご飯の食い付きが悪いって。
そのとき私は、嫌な予感がしました。
いつものカリカリに飽きただけかな?とか、気温の変化に心臓がついていけてなくて、一時的な食欲不振かな?とかも考えたけど、それだけじゃないような気がしました。

夜になってもめいはご飯を食べたがらないので、自宅のにゃんずが食べてる満腹感サポートを実家に持って行きました。
そしたらめいは、パクパク完食してくれました。
やっぱりご飯に飽きただけなのかな〜?って思ったけど、不安は残りました。

そしたら、その不安は的中。
満腹感サポートの食いつきもだんだん悪くなって、その翌日には全然食べてくれなくなりました。
なので、わたが食べてるピュリナワンを試してみたら、これまた最初はパクパク食べてくれたけど、そのうち食べなくなりました。
ロイカナのエクシジェント3種類とシーバも試したけど同じでした。

毎日毎日色んなカリカリを用意しては、この繰り返し。
鰹節の匂いをつけてみたら、最初は目をキラキラされてペロペロするけど、カリカリの粒は喉を通らないみたいで、そのうち鰹節作戦もダメになってしまいました。

カリカリ系のご飯は1粒も食べてくれなくなってしまったので、ウェットのおやつ系のものを試してみたけど、ほんのちょっとペロペロするだけ。
最終手段のささみのおやつを登場させてみたら、ようやくおいしそうに食べてくれました。
でも、うまく喉を通らないみたいで、口からポロポロこぼれ落ちて、実際食べれたのはほんの数グラム。
そしてその次の日には、大好きなささみまでも口にしてくれなくなりました。
このときで、めいの食欲不振が始まってから、ちょうど1週間でした。

食欲が日に日に落ちる一方で、お水を飲む回数は急に増えたように思いました。
一度に飲む量はそんなに多くないけど、私が実家にいる数時間の間に、何度もめいがお水を飲んでるのを見かけるようになったんです。
そして、トイレに残ってたオシッコの塊を見たら、いつもの2倍近い大きさ。
もしかして・・・って思いました。

もう一つ気になったのが、嘔吐。
めいは一気にがっついて食べる癖があって、食後すぐにカリカリを粒のまま吐くことはよくあるんだけど、いつもと違う嘔吐を数回しました。
食後すぐじゃないときに、消化してるドロドロになったカリカリを吐いたり、黄色の液体を吐くようになったんです。

そして、5月28日の朝、めいが朝からご飯を全く口にしてないことを妹から聞いたので、朝一番でめいを病院に連れて行くことにしました。

1週間も食欲不振が続いてたけど、めいの体重は減ってませんでした。
色んなご飯を少しずつだけど食べてくれてたからだと思います。
見た目も衰弱してるようには見えないと先生に言われました。
聴診では、心臓や内臓の音は問題ないとのことでしたが、レントゲン検査と血液検査を受けることになりました。

まず、レントゲン検査の結果ですが、食欲不振につながる原因は、特に見られないとのことでした。
心臓の大きさは、去年の10月に撮ったレントゲンと比べて変わりないし、4月にエコー検査も受けてるし、直接の原因が心臓にあるとは思えないそうです。
他の内臓もきれいに写ってるそうで、内臓のどこかに腫瘍ができてるとかでもないとのことでした。

続いて、血液検査の結果。
項目を上から一つずつ説明を受けて、まず脱水の症状が少しあるとのことでした。
次に、BUNとクレアチニンのところで、先生の顔が曇りました。
この2つの数値が、正常値より高くなってて、10月の血液検査のときの2倍の数値になってるそうです。
そして、BUNとクレアチニンのどちらか1つだけが高いのであれば、いくつかの病気が考えられるけど、2つとも高くなってるということは腎疾患しかないと言われました。
突然の食欲不振も、腎疾患から来てるのだろうとのことでした。

ずっと私の中で引っ掛かってた嫌な予感が、当たってしまいました。

めいは心臓が悪いから、循環器系の病気が引き起こされる可能性が、他のネコちゃんより高いと以前から聞かされてました。
でも、めいはまだ6歳です。
まさかこんなに早く、こんなに突然に、この日が来るとは思いませんでした。

そして、更にショックだったのが、腎臓の病気に効果のある点滴治療が受けられないということ。
普通だったら、めいの今の数値なら、点滴である程度はすぐに落とせるそうです。
でも、それをすると、今安定してる心臓までも悪くなる可能性があるから、点滴は危険だと言われました。
でももし、どうしても点滴が必要なほど腎疾患が悪化したら、入院して点滴を受けるという方法があるとのことでした。
普通のネコちゃんならすぐに終わる点滴を、めいは1日から2日かけて、ゆっくり体内に入れるそうです。
でもそうすることは、めいにとってはかなりのストレスになるわけで、これも心臓によくないので最終手段ということでした。

ということで、めいは点滴をせずに、心臓と腎臓両方に効くお薬を服用することになりました。
ご飯は療法食に変える必要はなく、めいの好きなものを食べさせてあげて、何も制限せずに、めいの好きなようにさせてあげてくださいとのことでした。

めいの好きなように・・・
その言葉が、もうどうしようもないっていう意味に思えて、ショックでそれ以上先生に質問ができませんでした。
あとは吐き気止めの注射を打ってもらって、診察は終わりました。

家に帰ってからのことは、あんまり覚えてません。
ただただショックでした。

注射が効いてきたら食欲は戻るって聞いてたのに、結局めいの食欲は全然戻らないどころか、更に落ちていきました。
1日に食べないといけない量の半分・・・4分の1・・・10分の1・・・
たった1g食べてくれるだけで大喜びの日が続きました。

下 5月30日のめいです。

100530-110.JPG

体がしんどいせいか、棚の下の隙間によく潜るようになりました。
今まで大好きだったご飯が目の前にあっても、見向きもしません。

そして、甘えたがひどくなりました。

100530-165.JPG

私が横になると、おなかの上に乗ってくることが増えました。
今までと違う自分の体調に、めいも不安を感じてるんだと思います。

めいの体をなでると、背骨が浮いてきたのがわかりました。
このままじゃ痩せていく一方だと思ったので、必要ないと言われた高カロリーな療法食を、この翌日(5月31日)に病院にもらいに行きました。
病院に置いてあるドライとウェット全種類もらってきて、唯一食べてくれたのが、ロイカナの腎臓サポートのドライでした。
でもそれも、翌日には全く食べてくれなくなってしまいました。

なので、別の病院に違うフードを置いてないか聞きに行ったら、ロイカナの腎臓サポートのスペシャルがあって、そのサンプルをもらって帰りました。
そしたらそれが、まさに救世主となりました!
めいの口に合ったみたいで、2回目以降もおいしそうに食べ続けてくれました。

と言っても、食べれる量はほんの数グラム。
食欲が落ちてから2週間経って、このままめいの食欲はもう戻らないのかな・・・って思いました。

そんなときに、ちゃあママさんから腎臓に効くお薬 『メルクメジン』 が届きました。
心臓のお薬との関係で、すぐに飲ませることができなかったけど、病院の先生から許可を頂いて、6月5日の土曜日から飲ませることにしました。

お薬をまぜるためのウェットフードを色々買ってきて、まずはモンプチのクリーミースープにまぜて、めいのお顔の前に置いてみました。
そしたら、今までにないすごい飲みっぷりで、お薬もスープもキレイに飲んでくれました。
もう嬉しくて仕方ありませんでした。

そして、その翌日も・・・

100606-88.JPG

またまたお薬入りのスープを完食してくれました。
飲み終わった後は・・・

100606-110.JPG

ご機嫌さんでコロンコロン♪

そしてその日から、食欲も上向きになってきました。
ちゃあちゃんのお薬なら絶対効いてくれるって信じてたけど、本当に効いてくれました。
ちゃあママさん、ちゃあちゃん、ありがとうございます!

下 4日前の6月10日のめいです。

100610-02.JPG

ここは妹の部屋の椅子の上で、めいの最近のお気に入りの場所です。
棚の下以外の場所でめいが寛いでると、少し安心できます。

めいの食欲はずっと上向きではなくて、逆戻りの日もあります。
それに、ほぼ毎日吐いてます。
ご飯を食べた直後に吐く以外に、朝早くに泡のような液体や黄色い液体を吐くことがよくあって、それがすごく心配です。
吐き気止めのお薬を飲ませても、なかなか効果が表れません。
せめて吐き気が治まれば、ご飯がおいしく食べられるだろうし、食べた分しっかり身についてくれるのになって思います。

めいの体調とともに、毎日浮き沈みを繰り返してる私ですが、めいが少しでも元気になるよう、しっかり支えていきたいです。
今日もめいが穏やかに過ごせますように・・・。
タグ:めい
ニックネーム さーり at 13:39| Comment(8) | めい(心疾患・慢性腎不全) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

めいのことでお知らせ

めいのことでお知らせがあります。

めいは慢性腎不全と闘うことになりました。

すでに闘いは始まってるんですが、あまりにも急なことで、私自身受け入れることができてません。
受け入れたくないのに、めいの食欲は日に日に落ちていって、どうしたらいいのかもわからなくて・・・
ただただ涙が溢れるばかりです。

今はまだ、病気がどれくらい進行しているのかも、あとどれくらい生きられるのかも、何とも言えない状況だそうです。
ただはっきりしてることは、めいは心臓に持病があるために、腎不全に効果のある点滴治療ができないということ。
点滴治療をすると、体の中の水分量が一気に上がるので、心臓の弱いめいには危険だそうです。

腎不全だとわかったのに、治療ができない・・・
涙をこらえるのが大変でした。
先生の前や病院の中では泣きたくなかったので、必死にこらえて説明を聞きました。

点滴治療はできないけど、心臓と腎臓両方に効くお薬があるとのことで、先週の金曜日から始めることになりました。
幸いめいは、お薬を毎日上手に飲んでくれてます。
でも、食欲は落ちる一方なので、お薬が早く効いてくれることを願うばかりです。

100519-22.JPG

食欲が落ちる前日(5月19日)のめいです。
台所でご飯待ちしてます。

めいのご飯待ちを、また見たいです。
絶対見れるように、これから病気のことをしっかり勉強して、めいを支えて行こうと思います。

めいは初めて家族になったネコなので、腎不全になった場合どうしてあげたらいいのかも全くわかりません。
なので、どんな些細なことでも結構ですので、アドバイス頂けると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。
タグ:めい
ニックネーム さーり at 16:39| Comment(10) | めい(心疾患・慢性腎不全) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする