2012年02月29日

山あり谷あり

みるのことでは、皆さんにご心配をおかけして申し訳ありませんでした。
また、温かいお言葉・励ましのお言葉をたくさん頂き、本当にありがとうございました。
みるのことを親身になって考えてくださってる皆さんのお気持ちが嬉しくて、コメントを読むたびに泣けてきました。
嬉しくてですよ。
嬉し涙はいつぶりかな・・・
最近は悲しかったり辛かったりしてこぼれる涙ばかりだったけど、皆さんのおかげで、気持ちを強く持つことができました。
本当にありがとうございました。




まずは、先週の金曜日 2月24日に受けた みるの検査結果ですが・・・

尿素窒素・クレアチニン共に、数値が下がってました。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。 ヤッターン♪

と言っても、まだかなり高いです。

尿素窒素    86.6 → 74.0  (正常値 : 17.6〜32.8)
クレアチニン   5.9 →  4.0  (正常値 : 0.8〜1.8)

先生には喜べるような数値ではないって言われました。
でも、上がり続けてた数値が初めて下がったのは事実。
先生も、「(尿素窒素が)90越えてるかな〜って思ったけど、下がっててよかったです。」って言いながら、ホッとした表情を見せてくださいました。


では、何が効果あったのかというと・・・

まずは点滴。
週に3回だったのを毎日に増やしました。
その分オチッコがたくさん出て、体から毒素を排出できたのかもしれないです。

そして、点滴を受ける場所を、病院から自宅に変えました。
先生曰く、点滴の回数も重要だけど、通院のストレスがなくなったことが、みるにとっては影響が大きかったんじゃないかと・・・。

先々週の金曜日、数値がステージ4にまで悪化したときは、入院しての静脈点滴も方法の一つとしてありました。
でも、担当の先生は、みるの性格上向いてないんじゃないかと言われました。
皮下点滴を毎日するのと、数日間の入院で24時間静脈点滴するのとでは、効果はほぼ同じだそうです。
それだったら、ストレスを少しでも減らしてあげて、おうちでみるちゃんの好きなように過ごさせてあげたほうがいいんじゃないか・・・って、先生は提案してくださいました。
で、私は自宅で毎日点滴を頑張ることに決めました。
本当は、みるの体に針を刺すことが怖かったし、自宅での点滴は不安だらけで、病院でしっかりと治療してもらったほうがいいんじゃないかとも思いました。
でも、今回は自宅での点滴を選んで正解だったように思います。

点滴以外に変えたことと言えば、お薬の量です。
効果が出なかったステロイドを、1錠から4分の1錠に減らして、1日2回の抗生剤と整腸剤を夜1回にしました。

みるは朝のお薬の後に、ほぼ毎日吐いてました。
お薬を吐いた後は、変に勢いがついてしまうのか、その前に食べたご飯まで吐き戻してしまってました。
でも、朝のお薬のやめてからは、朝の嘔吐がおさまってます。
お薬の副作用も投薬のストレスも減って、これもみるにとってはよかったんじゃないかと思います。

あとは、フォルテコールが効いてきたことも考えられるそうです。


これらのことがうまくかみ合って、今回はいい結果に結びついたんじゃないかと思います。
でもやっぱり、ストレスが減ったことが、みるには1番よかったようにも思います。

というのも、自宅点滴を始めた翌日から、みるの調子は日に日にアップしていきました。
食欲も出てきて、1日の目標摂取量をクリアできる日もありました。
そして、目に見えてわかる血尿が止まりました。

見たくないと思いますが、みるのオチッコがついたシーツの写真を載せます。

下 通院週3ペースのときのオチッコ。(2月11日)

120211-262.JPG

全体的に薄茶色で、最後に絞りだしたオチッコはまさに血の色です。

120225-01.JPG

みるは ↑ こういう体勢でオチッコをします。
お尻が上がってるので、シーツにうまくオチッコがついてくれて、色がわかるんです。

下 通院週1になってからのオチッコ。(2月25日)

120225-03.JPG

全体的にほぼ無色。
オチッコの色の薄さは問題だけど、血がまざってないのはいいことです。

下 参考までに、わたのオチッコ。

120211-331.JPG

みるのオチッコの色とは明らかに違います。
この黄色さが正常。
みるも黄色いオチッコが出るようになったらいいのにな・・・。


オチッコの薄さは深刻だけど、今はみるがボチボチ元気で、毎日のんびり過ごしてくれてることが救いです。
通院を始めた頃は、納戸の収納ケースにお籠りしてばかりだったけど、通院が週1になってからは、リビングで寛ぐ姿をよく見るようになりました。

120225-02.JPG

キャットタワーの 「丸」 が、ここ最近ブームのみる。

120225-04.JPG

発情中のひめちんに迫られてビビってるボクちんです。

120225-05.JPG

冷蔵庫の上はずっと前からお気に入りの場所。
みるの調子が悪くなってからは、みると小梅が一緒にいることが増えました。

120225-06.JPG

小梅は体はちっちゃいけど、みるの実のお姉ちゃんです。
なんだかみるを守ってくれてるように思います。

120225-07.JPG

しっかり食べて・・・

120225-08.JPG

ゆっくり眠って・・・

以前のような元気印のみるに戻ってほしいです。



先程、自宅点滴に変えてから、みるの調子がよくなったと書きましたが・・・

実は昨日から急降下しています。

昨日の朝は、ご飯をしっかり食べてくれました。
でも、帰宅すると5ヶ所に大量の嘔吐の跡。
そして、トイレにはドロドロの下痢状ウンチがありました。
たぶん全部みるだと思います。

でも、夜にはガツガツご飯を食べてくれて、もう大丈夫かなって思いました。
なのに、その3時間後にまた嘔吐。
せっかく食べてくれた療法食も、全部吐いてしました。
朝食べた物も夜食べた物も全部吐いてしまって、みるの体におさまった栄養は、点滴に入ってるビタミンだけ。
たぶんお薬も吐いてしまってると思います。

ここ1週間、みるの体調がものすごくよかっただけに、この急降下はショックでした。
今朝はご飯をいつもの半分も食べれなかったし、もしかしたら、私がいない間に吐いてるかもしれません。

今日は私だけ病院に行く日です。
みるのこの体調の変化を先生にしっかり伝えて、点滴の内容などを調整してもらおうと思います。
どうかみるの吐き気が治まって、またご飯をおいしく食べられますように・・・。

タグ:小梅 みる ひめ
ニックネーム さーり at 15:30| Comment(7) | みる(腎不全) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

数ヶ月

『 数ヶ月 』

先週の金曜日 2月17日に宣告されたみるの余命です。


みるは今、原因不明の病気と闘っています。
病名をつけるなら、『腎不全』 だそうです。


ご飯大好きで、元気印のみるだったのに・・・
みるの病気に、私は気付いてあげられませんでした。


みるの体の中に問題があることがわかったのは 2月3日です。
1月30日にワクチン接種で病院に行って、その際に外注の血液検査を受け、その結果が返ってきたのが2月3日でした。

問題となったのは、腎臓に関係する数値。

尿素窒素 70   クレアチニン 3.2

↑ この数値は、2月4日に再検査に行ったときの数値です。
あまりの悪さに言葉を失ってしまいました。

みるはまだ6歳です。
約1年前の血液検査では、尿素窒素もクレアチニンも、全く問題がありませんでした。
ご飯はバクバク食べてるし、元気に走り回ってるし、血液検査の数値がとにかく信じられませんでした。

でも、数値上では腎不全がかなり進んだ状態であることは明らか。
その日から週に3回の点滴と、お薬(ステロイド・抗生剤・整腸剤)の服用を始めました。

これですぐに数値は落ちてくれると期待しました。
でも現実は、効果は出ないどころか、ひどくなる一方。
初めて点滴をした2月4日を境に、腎不全の症状が一気に出始めました。

突然、今まで食べてたカリカリ全種類を拒絶。
大好きだったスープもおやつ用のカリカリでさえも、たくさん残すようになりました。
毎日色々なご飯を試してはダメになって、食べてくれる量は一気に減りました。
食欲はないのに、お水を飲む量は怖いぐらいに増えました。
オシッコの回数も急に増えたし、特にショックだったのはオシッコがほぼ無色で無臭になったこと。
腎臓が全然働いてくれてないんだと実感しました。
そして、毎日の嘔吐に血尿。

この急激な変化を2月6日の通院の際に先生に伝えた上で、エコー検査をすることになりました。

エコーにうつったみるの腎臓は、まさに老猫の腎臓とのこと。
腎臓の外側が、ぐるっと一周白くうつってました。
腎不全の典型的な腎臓のうつり方だそうです。
でも、普通の腎不全の場合は腎臓が委縮しているのに、みるの腎臓の大きさは問題なくて、よくある慢性腎不全ではないということがわかりました。

でも、急性腎不全でもないとのことでした。
急性だともっと数値が上がるし、症状も急激に出るとのこと。

慢性腎不全とも急性腎不全とも言えないみるの腎臓の状態。
先生も頭を悩まされて、色々考えられることを説明してくださって、ステロイドの量を増やしてみることになりました。
でも、みるの腎臓の数値は、検査のたびに悪化していきました。

2月6日   尿素窒素 73

2月10日  尿素窒素 77  クレアチニン 3.5

この検査の後、みるの余命は半年と告げられました。

更にステロイドの量を増やして、フォルテコールとコバルジンの服用を開始して、
1週間後の2月17日・・・

尿素窒素 86  クレアチニン 5.9

腎不全はステージWに進行してしまいました。

そして、このまま数値が上昇し続けると、みるの余命は半年どころか、数ヶ月と告げられました。

ステロイドが効かないから、免疫系の病気ではない。
抗生剤が効かないから、炎症によるものでもない。
そして、点滴も全く効かない。

みるの腎臓は、なんでこんなことになってしまったのか、先生にもわからないそうです。
とりあえず、点滴を自宅で毎日することにして、効果の出なかったステロイドを4分の1に減らすことになりました。
今通ってる病院でできる処方は、これぐらいだそうです。


なので、セカンドオピニオンに行きました。
2つの病院に行ったけど、そこでもこんな病状は初めてで、今通ってる病院の先生と同じことしか言えないと言われました。

ただ、慢性腸炎で1年以上飲み続けてたステロイドや抗生剤が、腎臓に負担となったのではないかと、1つの病院で言われました。
もしそれが本当だったら・・・

毎日朝晩頑張って飲んでくれてたお薬が、みるをこんな病気に追いやったなんて・・・
悲しくて悔しくて仕方ありません。
こんなことになるんだったら、お薬なんて飲ませなかった。
軟便のままでもよかった。

セカンドオピニオンだけではなく、ネットでも色々検索してみました。
でも、みるのような病状のネコちゃんのデータにはヒットできませんでした。
それだけみるの病状は、稀で難しいようです。


通院のストレスとお薬の負担が減ったので、何とか上向きになってほしいと、今は願うばかりです。
幸い、自宅点滴にかえてから、目で見てはっきりとわかる血尿は出てません。
食欲もボチボチで、腎臓用のご飯は一切拒否だけど、好きなカリカリは食べてくれてます。
今週の金曜日に予定している血液検査では、少しでも数値が下がってくれてるといいけど・・・


下 2月8日のみるです。

120208-04.JPG

大好きなシーバアミューズを用意してたら、「早く〜」ってせかしに来ました。
今までのみるに戻ったようで、みるの元気さが嬉しくてたまりませんでした。

下 2月11日のみるです。

120211-248.JPG

おめめはキラキラだし、毛艶はピカピカです。

120211-251.JPG

余命数ヶ月だなんて信じられません。
信じたくないです。



更新も訪問もサボりまくりで、困ったときだけ救いを求めるのは本当にあつかましいのですが・・・

もし、みるのような病状を聞いたことがあれば、ぜひ教えて頂きたいです。
よくある腎臓病についての情報や、腎臓の病気に詳しい病院や先生の情報なども、何でもいいので頂けると助かります。

一昨年の5月に慢性腎不全と宣告されためいは、おかげ様で安定した穏やかな毎日を送れています。
みるの数値はめいよりも遥かに悪いので、めいと同じようにはいかないかもしれません。
でも、みるが少しでも長く穏やかな生活を送れるように、できる限りのことをしたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。
タグ:みる
ニックネーム さーり at 15:52| Comment(8) | みる(腎不全) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月11日

ひめの初めてのお誕生日♪

ひめを保護したのは去年の8月31日。
翌日は病院で預かってもらったので、我が家に来たのは9月2日です。
ひめが家族になって、もう5ヶ月が過ぎました。

保護したとき、乳歯が全部生え変わってたことから、生後6ヶ月以上であることは間違いないと病院で言われました。

ってことは、誕生月をさかのぼって考えると、だいたい2月。
それに気づいたのは1月だったので、慌ててひめのお誕生日を考えました。
考えるっていっても、誕生月さえわかれば、あとは12日をつけるだけ。
(私の誕生日が10月12日なので、みんにゃ12日生まれにしてます。自己満足・・・)

で、「ひめのお誕生日は2月12日やで。」って何気にダンナさんに話したら、「12日じゃなくて8日や。」って言われました。
ダンナさんの誕生日は10月8日。
ダンナさんはひめを溺愛してるので、自分の誕生日の日にしたかったみたいです。

考えてみれば、わたとみると小梅は私の連れコ。
すももは私がダンナさんに了解を得ずにおうちに入れたコ。
だから、この4にゃんのお誕生日は私と関連付けてて当たり前。

でも、ひめはダンナさんが保護から携わった初めてのコ。
なので、ひめのお誕生日はダンナさんと関連付けてあげるほうがいいかなって思いました。


というわけで、ひめのお誕生日は2月8日に決定しましたぴかぴか(新しい)


下 0歳最後の夜のひめです。

120207-28.JPG

一見ダンナさんとラブラブだけど・・・
ダンナさんが無理矢理ひめをお布団に連れ込んで、パジャマの中に入れただけ〜。
ひめは何されてもあまり抵抗しないので、とりあえずじっと耐えてくれてます。
で、しばらくしたら、そーっと出ていきます。
我が家に来て5ヶ月も経つのに、まだ自分から甘えてきてくれないひめ。
そんなひめを慣れさせようと、ダンナさんが考えた策なんだけど、ホンマは自分がひめと一緒に寝たいだけちゃうん(¬_¬)?と私は思っております。

下 その翌日の夜、2月8日に日付がかわって、1歳になったひめ。

120208-22.JPG

お気に入りのトンネルから、ぴょこっとお顔を出してくれました (o´∀`o)

そしてその後は・・・

120208-34.JPG

いつものように、ダンナさんにお布団に連れ込まれてました。
またやってるわ〜って思って見てたら、この日はいつもと違いました。
ダンナさんがひめの体を抑えるのをやめても、ひめはお布団から出て行かなかったんです。
そして、ダンナさんが寝た後も、ずっとこうやってダンナさんに添い寝してあげてたんです。
ひめちん、めっちゃ成長や〜。・゚・(*ノД`*)・゚・。
ひめの成長をひめのお誕生日に実感できて、ひめのお誕生日がこの日になったのも運命だったんかな〜って思いました。

そして、2月8日の夜には、ひめの初めてのお誕生日パーティーをしました。

120208-127.JPG

ひめの初めてのバースデーケーキです♪

120208-74.JPG

ひめはトンネルにお籠りしてました。

でも、出てきてもらって・・・

120208-131.JPG

ケーキと一緒に記念撮影☆ (横向いてるけどたらーっ(汗)

ひめとこうしてお誕生日パーティーができたこと、本当に嬉しく思います。

あのとき保護してよかった・・・
ひめと出会えてよかった・・・

ひめ、生まれてきてくれてありがとう。
ひめ、おうちに来てくれてありがとう。

ひめはまだ、心を許してはくれてません。
でも、ここでの生活もいいなって、少しは思ってくれてるかな?
ひめが素直に甘えられるようになって、今よりもっと幸せを感じられるように、しっかりとひめを守っていきたいと、改めて強く思った夜でした。
タグ:ひめ
ニックネーム さーり at 17:48| Comment(6) | おうち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月08日

インフル&マイコ

新年のご挨拶をしたきり、またまたご無沙汰してしまいました。
今年こそはブログを頑張るぞ━o(`・д・´)ノ━!! と思ってたのに・・・あせあせ(飛び散る汗)

毎日寒いですが、皆さんは体調崩されてませんか?

私は1月の半ばに、インフルエンザとマイコプラズマに同時にかかってしまいました。
10日間熱が出て、最初の1週間は毎日39度前後まで上がりました。
10日間も苦しんだのは、単なる風邪だと思って病院に行かなかったから。
インフルエンザの予防接種は毎年受けてるし、以前インフルエンザにかかったときに経験した体の痛みがなかったから、この程度のしんどさはシンフルエンザなわけないって思ったからです。
発熱から5日目の夜にしんどさのピークが来て、死ぬんじゃないかと真剣に思いました。
頭が割れるほど痛くて、体中が熱くて、足までもドクドク脈を打って、呼吸をするのもしんどくて、ずっと息切れしてる状態で夜を過ごしました。
隣で爆睡してるダンナさんを起こして、救急車を呼んでもらったほうがいいんかな〜って何回も考えたぐらいです。

そんなときに、私のそばに来てくれたのがみるでした。
苦しくて眠れないでいる私のそばに、みるはずっといてくれました。
いつもはダンナさんの足の間で寝てるのに。

私の体温が高過ぎて、お布団に潜ってもすぐに暑くなって出てきてたけど、私のそばからは一度も離れませんでした。
いつもだったら、暑くなるとリビングに行って伸びてるし、運動会始めたりするのに。

私の体に寄り添ってくれてるみるの優しさが嬉しくて、私はみるをずっとなでてました。
そしたら、私はいつの間にか眠ってました。
朝目が覚めたときにも、みるは枕元にいてくれました。
そして、ふと体の軽さに気がつきました。
熱をはかってみると、微熱まで下がってるー!!(o゚Д゚ノ)ノ
あのしんどさは何やったんや (-ω- ?) って思ったけど・・・
きっと、みるが治してくれたんだと思います。

私の病気を治してくれたのは、みるだけじゃありません。

120113-09.JPG

熱が出た初日、実家で寝込んでる私を腕枕治療してくれためい。

120114-44.JPG

腕枕治療はわたもしてくれました。

お布団の中では・・・

120114-48.JPG

みると小梅が添い寝治療。
(みるの寝相は気にしない気にしない・・・)

くぅとすももとひめも、なでなでモフモフ治療をしてくれました。


自分が病気になったとき、改めてにゃんずの存在の有り難さを感じます。
そして、にゃんずの不思議なチカラも、実感せずにはいられません。

以前、両目まぶたを怪我したとき、わたが傷をなめに来てくれたことがありました。
その翌朝に、わたがなめてくれたほうのまぶただけ、一気に腫れがひいたんです。
ダンナさんも、おなかが痛くて寝れなかったとき、みるが足の間じゃなくおなかのところに来てくれたそうです。
そしたらおなかがポカポカして、痛みがスーッとひいたそうです。
体調が悪いときや精神的に辛いときには、そっと寄り添ってくれたりするし、ネコってホントに賢くて、不思議なチカラを秘めてるな〜って思います。

インフル&マイコ ダブル感染で本当にしんどかったけど、会社を休めてにゃんずとずっと過ごせて、気持ちはすごく幸せでした。
このまま会社を辞めてしまいたいと思ったけど、さすがにそれはあかんよね〜(´・ω・`)
出勤すると、山ほど仕事が溜まってて、またストレス地獄の毎日に戻ってしまいました。
でも、家に帰ればにゃんずのおかげで笑顔復活.゚+.(o´∀`o)゚+.゚
やっぱりにゃんずのチカラはすごいっ!!!

インフルエンザがすごく流行ってますが、皆さんも気をつけてくださいd(´∀`*)ネッ!
ニックネーム さーり at 22:19| Comment(4) | おうち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする