2011年02月25日

すもも おうち生活2周年 + 心配事

2月25日に書いた記事ですが、アップしたのは3月3日です。
パソコンの調子が悪く、投稿できないまま温めておりました (´・ω・`;

今日はひな祭りですね。
昨日は1日中お天気が悪くて、雨じゃなく 「ひょう」 が降るほどの寒さだったけど、今日の大阪はいいお天気です。
寒の戻りが厳しいけど、日差しは暖かくて春っぽくなってきました。
早くお外のネコちゃん達が過ごしやすい季節になってほしいです。

では、2月25日に書いた記事は (´ゝ∀・`)ノ□■□■□■□■ ココカラ □■□■□■□■



2年前の2月16日に保護し、2日後の18日におうちに来てくれたすもも。
早いもので、すももがおうちに来て2年が過ぎました。

すももをおうちのコにしようと決めたのに、すももがなかなかキャリーに入ってくれなくて、すももの保護に何日も何日もかかったことが昨日のことのようです。
捕獲器を借りてきて、やっと保護できたと思ったら、今度は病院ですももが大暴れ。
獣医さんは傷だらけの血まみれになってしまって、助手の新人さんは、恐怖のあまり手が震えてました。
そんなことも、今では懐かしい思い出。。。

下 おうちに来て2周年の記念日だった 先週の金曜日 2月18日のすももです。

110218-09.JPG

キャットタワーの1番上の段は、ずっと変わらないお気に入りの場所。
爪とぎポールはすも毛まみれで、色が黒く変わってしまってます (´∀`;)

110218-11.JPG

冷蔵庫の上にいることも増えました。

110218-15.JPG

わたの特等席であるテレビ台の上も、いつの間にかすもものお気に入りの場所となってます。

ふと、去年の1周年の記事 (→コチラ) を読み返したら、同じような写真が並んでました。
でも、内容を読んでビックリ。
1周年のときは、リビングにようやく慣れてきたって感じで、なでなでが全然できてなかったらしい・・・。
自分のことなのに、すっかり忘れてました (; ̄ー ̄A アセアセ・・・

というのも、今ではすももをなでなですることなんて 余裕ぴかぴか(新しい) だからです。
毎日なでなでしまくってるし、グルグルもいっぱい言ってくれます。
1回だけ、一瞬だけど抱っこもできたんです!
もしかしたら、小梅よりも先に抱っこできるようになりそうな予感*:.。☆..。.(´∀`人)
あんまりしつこくなで過ぎると、ご機嫌斜めになって怒られることもあるけど、すももとの距離はこの1年ですごく縮まったように思います。

110219-155.JPG

私が出かけるときには、廊下までお見送りにきてくれるすもも。

110219-287.JPG

リビングに置いてる毛布の上が、最近お気に入りのすもも。

110220-21.JPG

ラグに潜って一人かくれんぼするのがマイブームのすもも。

まだ怖がりだし、完全に気を許してはくれてないけど、名前を呼ぶと近くに来てくれるようにもなりました。

距離が縮まったのは私だけじゃなく、ダンナさんもなんです。
すももはダンナさんにもなでなでさせてくれるようになって、グルグルも言ってくれるようになりました。
そして、保護からちょうど2年経った2月16日、すももはなでなでしてるダンナさんに初めておなかを見せてくれました。

それが嬉しかったダンナさんは、毎日すもものおなかをなでるようになりました。
そしたら、ダンナさんがすももの体の異常に気付いてくれました。

すもものおなかに大きな塊がある・・・

まさかと思って私も触ったら、胸の真ん中にガッツリつかめるほどの大きさのしこりがありました。
信じたくないから、ただのお肉かなってとぼけようとしたけど・・・触った感覚はお肉と明らかに違ってました。

で、今週の月曜日、すももを病院に連れて行きました。

先生にしっかり触診をしてもらった結果、胸のしこりは腫瘍ではなく乳腺が張っている状態とのことでした。
すももは避妊手術済みだし、妊娠・出産の経験はもちろんありません。
たぶん、発情の経験すらないと思います。
でも、すももの胸のしこりは下腹部まで帯状に続いてて、左右対称にあるらしく、乳腺の張れとしか考えられないとのことでした。
細胞をとって検査をすることもできるけど、乳腺の張れであれば、針を刺すことが刺激になって、更に悪化させてしまうらしいので、細胞検査はしませんでした。
乳腺の張れは、授乳期間の1ヶ月〜1ヶ月半で通常はひくそうです。
なので、しばらくはこのまま様子を見ることになりました。

乳腺が張った原因ですが、それはわかりませんでした。
ネコちゃんは脳への刺激によって発情するらしく、避妊手術を受けても発情するし、お乳が出ることもあるそうです。
脳への刺激の例として、子猫の鳴き声やお外のネコちゃんのサカリの声を聞いたりしたことがなかったか聞かれたけど、思い当たることはありませんでした。
でも、すももの最近の行動には、ちょっと疑問点もあって・・・

すももはここ1ヶ月、ニャンニャン鳴きながら家中をよくお散歩してるんです。
みるも小梅もよくするから、血筋かなって思ってたけど、これって発情や子猫を探す行動とかと関係があったのかなって思いました。
それに、おトイレに入る回数が多くて、砂をかきまくったり、オシッコをちょっとだけしたりするんです。
最初は膀胱炎を心配したけど、オシッコはちゃんと出てて、行動はマーキングに近いような感じでした。
そのことを先生に言ってみたら、その行動の原因はわからないけど、乳腺の張りと関係はあるかもしれないと言われました。

ただ、何かに刺激を受けての乳腺の張りだったら自然と治まるけど、ホルモンの異常だとしたら、これは手術に発展する病気だそうです。
もしホルモンの異常だったら、乳腺は皮膚が裂けるほどにまで張って、乳腺を全部切除しないといけなくなるそうです。
また、ホルモンの異常でなくても、今後も何度も乳腺が張るようであれば、乳がんの発生率が上がるそうです。
何がきっかけになったかわからないけど、本能的な乳腺の張れもこれから先起こってほしくないです。


下 病院から帰ってきたすももです。

110221-121.JPG

かなりお怒りで、コタツに籠りっきりでした。

110221-122.JPG

でも、夜遅くには出てきてくれて、ご飯もしっかり食べてくれました。

2周年でお祝いムードだったのに、今は不安でいっぱいです。
でも、このしこりに気付けたのは、すももがおなかを触らせてくれるようになったおかげ。
保護当初は、すももがおうちに来てから凶暴化したことに戸惑って、全然懐いてくれなくて、この先どうなるかと思ったけど、すももが辛いことも怖いことも乗り越えてきてくれたから、今があるんだと思います。
改めて、すももに感謝かわいい

あとはどうか、すももの乳腺の張れが病気ではなくて、自然とひいてくれることを祈るばかりです。

すももはちょっとママ気分になってるだけやんな?
子猫ちゃんはどこにもいませんよー!
すももは自分の幸せだけを考えたらいいんやで。
すももはお外で3年半も頑張ってくれた分、これからもっともっと、おうちで幸せ積み重ねていかなあかんねんから。
これからもみんなで仲良く、楽しく過ごしていこうな゚.+:。

タグ:すもも
ニックネーム さーり at 16:26| Comment(6) | おうち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

体の震え −その後−

めいの体の震えの件では、皆さんにご心配をおかけして、そのままブログを放置してすみませんでした。
めいのことをこんなに心配して頂き、温かいコメントや貴重なアドバイスを頂いたこと、本当に嬉しかったです。
ありがとうございました。

ブログの更新やブログめぐりは基本的に会社でしてるのですが (←それが間違いあせあせ(飛び散る汗)、年が明けてからイレギュラーな仕事を頼まれることがやたらと増えて、会社で私用でパソコンを使える時間がめっきり減りました。
そのうえ、ネットの調子がずっと悪くて、今まで普通に見れてたブログが謎のエラーで本文部分だけ表示されなくなってしまいました。
なので、皆さんのところにもなかなかお邪魔できず・・・。
(お邪魔はできても記事が読めなかったり、コメントを書き込めなかったりするんですたらーっ(汗)

仕事が終わると実家に行って、妹が帰ってくるまでめいとずっと一緒にいます。
なので、自宅に帰るのは毎日夜の9時頃。
そこから晩ご飯を作って食べて片付けて、にゃんずの相手もしてってなったら、自宅でパソコンを開く余裕がありませんでした。
休日はもっと実家に行きっぱなしで、平日と同じような状態。
で、気がつけば3週間近く放置してしまってました。
めいの状態をもっとマメにお伝えしたかったし、すべきだったのですが、いつものサボり癖が出てしまって反省してます (´-ω-`)

今日は珍しくパソコンの調子がいいみたいなので、まずはめいのことを書きたいと思います。


めいの体の震えですが、まだ完全には治まったと言えない状態です。
治まったかな?って思ったら、また数日後に震えに気付いて、でも翌日には治まるって状態が先々週から続いてます。
でも、毎日じゃなくなったことは確かだし、食欲はかなり波があるけど、平均するとボチボチという感じなので、調子は戻ってきてるように思います。
ただ、震えが見られる日は食欲がガクンと落ちることがパターン化してきました。
震えは1日中ではなくて、私が実家にいる夕方から夜にかけての時間帯に限られることが多くて、その時間帯にはご飯を全く口にしなくなります。
でも、夜中に突然食欲が出てきて、バクバク食べ始めたりすることもあるらしいので、めいのペースをそっと見守るようにしてます。

下 先週の日曜日 2月13日のめいです。

110213-127.JPG

お昼過ぎに実家に行ったら、キャットタワーのおうちで寛いでました。
大好物のモンプチ クリーミースープ(メルクメジン入り)を飲んだ後だったので、お顔が満足気でした。
食欲は落ちててもクリーミースープだけは飲んでくれるので、我が家ではモンプチ様々です。

この日は妹と一緒に出かける用事があったので、いろんな場所にめいのご飯を置いておきました。

帰ってきたら・・・

110213-146.JPG

めいは妹のお布団にお籠り中。
置いてたご飯は、ほとんど減ってませんでした。
この日は雪が降るほどの寒さで、暖房の効きが悪かったから、お布団から出る気になれなかったのかなって思いました。
でも、去年の5月に腎不全と診断されるまでは、置いておいたご飯が減らないことなんてなかったから、残ってるご飯を見ると悲しくなってしまいます。

でも、夜になるとボチボチ調子が戻ってきたみたいで、ご飯もちょっとずつだけど自ら食べてくれました。

そして、貴重な光景が・・・

110213-151.JPG

めいとくぅの猫団子ぴかぴか(新しい)
妹にとってはよく見る光景らしいけど、私にとっては超レアです。
というのも、めいがくぅのいる1階に下りてくるのは夜遅い時間が多くて、私はいつも自宅に帰った後。
なので、猫団子を発見したときは、テンションが上がりまくりでした。

110213-152.JPG

アップでお顔を撮ったりしてみたり〜♪
くぅのお顔に自分のお顔をピッタリくっつけて、ご満悦なめいちゃま。
めいはくったんのこと、ホンマに好きやな〜。
(ちなみに、くぅからめいにくっつくことはありません。めいちゃまドンマイ!)

こんな感じで、めいはボチボチ元気にしておりますので、ご心配なくですかわいい


話は変わって。。。

病院ですが、結局まだ行ってません。
病院にはできるだけ早く行ったほうがいいと思ってるんですが、先々週もう一度病院に電話で相談したところ、「調子がよくないときは連れて来ないでください。」 と言われました。
ご飯はまずまず食べれてるし、元気に走り回ってるときもあるから、一刻を争う状態ではないという点、そして、体に無理をさせてまで病院に連れてくるよりも、家でゆっくり過ごさせるほうが、めいの性格上いいという点で、先生はそう仰ったんだと思います。
ただ、震えの原因を可能性でいいから聞かせてもらいたかったけど、「何とも言えない」 としか答えてもらえませんでした。
きちんと診察してないから、何とも言えないのは当然だけど、原因が全く想像つかないのは不安で仕方ありません。

で、思い切って別の病院に電話をしてみました。

その病院は、行ったことも評判を聞いたこともない病院です。
でも、心臓専門の先生がいらっしゃって、高度な設備が整っているという点で、一度お話を聞いてみたいと思いました。
電話相談を受け付けてもらえるかもわからない状況で電話をかけたけど、実際に獣医さんとお話しすることができました。
結論から言うと、「診察してみないと何とも言えない」 ということでした。
いつも通ってる病院と同じ・・・(´∀`;)
でも、他にも色々お話を聞けて、納得がいきました。

震えの原因を突き止めることは、すごく難しいそうです。
ネコちゃんは、寒かったり痛かったり怖かったり、その他様々な状況で震えが起こるそうです。
で、その原因を見つけるために詳しい検査をいくつもしても、結局答えが見つからないということがよくあるそうです。

ただ、心臓の病気が震えに直接関係することは、あまり考えられないとのことでした。
それよりも、熱が出たことがないか聞かれて、私はハッとしました。
最初に震えに気付いた日、めいの体が熱かったんです。
熱があるのかな?って思ったのを覚えてます。
それに、震えてるのに寒い場所に行こうとすることもよくありました。
そのことを先生に伝えると、震えの原因は熱かもしれないとのことでした。
人間でも熱があると悪寒がして震えるように、ネコちゃんも震えることがあるそうです。
そうなると、今度は熱の原因は何か・・・
やっぱり診察してもらうしかないみたいです (;´Д`)=3ハァ・・・

その病院で検査を受ければ、心臓の病気の進行具合がわかるそうです。
実際に検査を受けて、聞いてた病気と違ってたってこともあったそうです。
それを聞いて、一度めいをその病院で診てもらいたいなって思いました。
でも残念なことに、その病院はウチからかなり遠いんです。
車で1時間はかかると思います。
それに私は無免許だし、そもそもウチには車がないどんっ(衝撃)
ダンナさんの実家の車を借りて、ダンナさんに連れて行ってもらうことはできるけど・・・
そこまでしてめいを連れて行く決心は、すぐにはつきませんでした。
まずはいつもの病院で診てもらって、心臓専門の病院に行くかどうかは、その後考えようと思います。
参考になるお話を聞けたことは、本当によかったです。


話はまたまた変わって。。。

今日は2月22日 にゃん・にゃん・にゃんの猫の日ですね。
皆さんは猫の日に何か特別なことされますか?
ウチは何もないで〜す。
でも、22日は元祖がおうちに来てくれた日なので、元祖の好きなカリカリをお供えする予定です。
そして、そのお供えをみるが立ち食いするってパターンだと思います。

ブログをサボってる間に、いろんな記念日や区切りの日が過ぎて行きました。

2月3日は元祖の百か日、2月14日はバレンタインデー、2月15日はボスの14回目の月命日、2月16日は父の誕生日&すももがおうちに来て2年目の日・・・

月日が経つのはあっという間で、2月ももうすぐ終わってしまうけど、毎日を大切に生きていきたいなって改めて思います。
ここ数日、すっごく暖かくて春っぽくなってきましたが、皆さんもお体に気をつけてにゃんずとラブラブしてください(*´・ω-)b ネッ!
タグ:めい くぅ
ニックネーム さーり at 15:50| Comment(4) | めい(心疾患・慢性腎不全) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

体の震え

今、私の頭の中は、めいのことでいっぱいです。
1月の半ばから食欲が落ちてて、3日に1回ぐらいのペースで嘔吐があります。
妹と話をするときの第一声は、「めい、今日はご飯食べてる?」。
メールのやりとりも、めいの食欲や体調のことばかりです。


先週の月曜日 1月24日からは、一段と食欲が落ちました。
メインで食べてたキドニーはほとんど食べてくれなくて、サブのエイジングケアプラスやFKDもほんのちょっとしか食べなくて、くぅのセレクトプロテインだと食べてくれるので、それで何とか繋いでる状態です。

そして、その日の夜に、めいの体の異変に気付きました。
いつもよりも遅い時間に実家に行くと、いつもは空っぽになってるはずのお皿に、ご飯がいっぱい残ってました。
別の場所に置いてるご飯も減ってませんでした。
それを見て、私は嫌な予感がしました。

すぐにお布団に潜ってるめいの様子を見ると、いつもと特に変わりありませんでした。
その後お布団から出てきてくれて、部屋の中をお散歩して、爪とぎをして、動きも至って普通でした。
でもやっぱり心配なので、いつも以上にじっとめいを見てました。
すると、めいの体が震えてることに気付きました。
その震えはめちゃくちゃ小さくて、集中してじっと見続けてないと気付かない程度。
最初はお尻の辺りの毛がヒラヒラ動いてるのに気付いて、全身をよく見ると、おてても頭も小さく震えてました。

めいがいる部屋は、心臓に負担をかけないように、エアコンをガンガンに効かせてます。
だから、寒くて震えるってことはないはずです。
ってことは、体の中に要因があって、それが食欲にも影響してるのかもって思いました。

体が小さく震えてることに気付いたのは、これで3回目です。
初めて震えに気付いたのは、去年の年末。
そのときも食欲が少し落ちてました。
でも、翌日には震えは治まってて、食欲もすぐに戻りました。
2回目は年が明けてからの1月7日。
ずっと治まってた嘔吐がまた増えてきてて、食欲にもムラが出始めた頃だったけど、そのときも震えは1日で治まりました。
だから、今回も1日で治まるかもって期待を込めて思ってました。

そして、翌日の25日 火曜日。

夕方、仕事帰りに実家に行って、めいの様子を見に行くと・・・

110125-03.JPG

いつも通りお布団の中で寝てたけど、お皿は空っぽ。
妹から朝ご飯も食べたって聞いてたし、調子が戻ったのかもって思いました。

おっきしためいは、すぐにお布団から出てきてくれて・・・

110125-09.JPG

スクラッチベッドでころんころん。
体調が悪いときはお布団から出てこないので、お布団の外で遊べる元気はあるってことだと思いました。

でも、その後お布団の上で横になっためいを見てたら、体が震えてることに気付きました。
しかも、月曜日よりも震えが大きくなってました。
疲れたときにまぶたが痙攣するように、めいのお尻がピクピクしてました。

110125-18.JPG

↑ このポーズで寝てるときは、おててが脈と同じような速さで、大きくピクッピクッてしてました。
そのうち体全体が大きくピクピクし始めて、このまま痙攣や発作を起こさないかと怖くなりました。
でも、起きると震えは見えなくなります。

110125-32.JPG

めい自身も震えを自覚してないみたいで、普通に毛づくろいしてたし、キャットタワーに登ることもできてました。

そして、26日の水曜日。

めいを病院に連れて行けるのは水曜日しかないので、朝一番に病院に電話で相談してみました。
先生のお話では、本当はすぐに診せてもらったほうがいいとのこと。
でも、めいの心臓への負担を考えると、今の時期に病院に来てもらうことで、具合が更に悪くなる可能性もあるから、もう少し暖かくなるまで待ってもいいとのことでした。
で、私は妹と相談して、結局病院へは行きませんでした。
その日は特に寒かったので、自転車での通院はめいにとって大きな負担になると思ったし、ちょっと食欲が戻ってきたからです。

でもその翌日の木曜日には、食欲がまた落ちてしまって、震えも治まってませんでした。
朝からご飯をほとんど食べてないことを妹から聞いてて、夕方に実家に行ったときも、ご飯を食べずにお布団に潜ってました。

110126-18.JPG

お布団の中に手を入れて、めいの体を触ると、小さな震えがはっきりと手に伝わってきました。
お布団から出てきてくれためいは、キャットタワーに登ったけど、お気に入りのおうちがある段の1段下で、登るのをやめてしまいました。

110126-28.JPG

体はずっと震えたままで、表情もなんとなくしんどそう。
めい自身も落ち着かないのか、何度も座りなおして体勢を変えてました。
結局キャットタワーの1番上には登らずに、お布団の中に帰っていきました。

このまま寝続けること2時間。
妹が帰ってきたら、ようやくめいがお布団から出てきてくれて、エイジングケアプラスを5粒くらい食べてくれました。
そしてその後、キャットタワーのおうちの段まで登ることができました。
でも、体はまだ震えてました。

そして28日の金曜日。
お昼間は元気にくぅと走り回ってたって聞いてたけど、私が夕方に実家に行ったときは、やっぱりお布団の中で寝たきりで、ご飯も食べてくれませんでした。
震えはよーく見るとありました。
今までとはまた違った震え方で、お尻の辺りが時々ピクッピクッとなる感じでした。

でも、土日は震えが治まったように見えて、食欲も少し戻って、このまま調子がよくなるといいなって思ってました。

でも、一昨日の月曜にはまた震えが見られました。
一見気付かなかったけど、めいがじっと箱座りをしてるとき、耳の辺りがずっと小さく震えてました。
そして、食欲もまた落ちてました。
昨日は震えははっきりとはわからなかったけど、食欲はイマイチなまま。
寒いのに冷たい場所でじっとしてたりもするので、それもすごく心配です。

でも、やっぱり一番心配なのは体の震え。
病院に電話で相談したときは、キャットタワーに登れてるんだったら大丈夫と言われたけど、震えの原因が何なのかすごく気になります。
ネットで検索すると、神経系の病気や心臓病・腎臓病と関係があることが多いみたいです。
めいは心臓にも腎臓にも病気を抱えてるので、やっぱりそれが原因なのか・・・
でも、秋頃から高いところにジャンプできなくなったので、神経系の病気の不安もあります。
ネットでは詳しい情報を見つけられなくて、震え方の具体的な例や病気との関連についてもわからないままで、不安ばっかりが大きくなってます。

どうか、めいの体の震えが大きな病気と繋がってませんように・・・。
心臓や腎臓の病気が悪化してませんように・・・。
タグ:めい
ニックネーム さーり at 14:38| Comment(8) | めい(心疾患・慢性腎不全) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする