2010年07月09日

2010年の七夕

おとといは七夕でしたね。

ここ数年は恒例になってる、地元の駅での七夕祭り。
「祭り」って言っても、大きな笹数本とたくさんの短冊が駅の入り口に用意されて、自由にお願い事を書けるってだけ。
しかもその笹は、七夕が終わるとゴミとして捨てられるって事実を、七夕の前日に知ってしまいました。
だけど、お願い事がたくさんある私は、今年もちゃっかり便乗させてもらいました。

今の1番のお願い事と言えば、やっぱりめいのこと。
短冊がなくなるといけないので、めいのことだけは早いうちに書いて、笹のてっぺんにしっかりと結びつけました。
でも、他のにゃんずのこともお願いしたかったので、七夕の前日に短冊をもらって帰って、家でゆっくりお願い事を書くことにしました。

短冊を持って実家に行くと・・・

100706-07.JPG

くぅはお気に入りのチェストの上で、かわいくねんね眠い(睡眠)

めいは1階にはいなかったので、2階の棚の下にでも隠れてるのかな〜?って思って、2階に探しに行きました。
でも、棚の下にはいなくて、色んな場所を探したけど、どこにもいませんでした。
めいがいないことに焦って、1階からもう一度探してみると・・・

100706-15.JPG

めい発見!
お家の形をした爪とぎボックスの中にいました。
ウチではこの爪とぎボックスを 『おうち』って呼んでます。
『おうち』 に入るには、荷物置き場と化したダイニングチェア2脚の下を潜って行かないといけません。
なので、『おうち』 の入り口には人の手は絶対に届かなくて、『おうち』 はめいの隠れ家になってます。

めいが 『おうち』 に入ってるときは、かなりの危険を感じてるってこと。
来客があったり、病院に連れて行かれることを察知したときに、めいは 『おうち』 に隠れます。
でも今は、特に危険な状況ではないはず。
なのに、ここに隠れてるってことは・・・私の存在 = 危険ってこと??

ずっと家にいた母が言うには、ついさっきまで、めいはくぅとチェストの上で寝てたとのこと。
なのに今 『おうち』 にいるってことは・・・やっぱり私に危険を感じてるのね。
ひどく嫌われたもんです。・゚・(ノД`)・゚・。

そしてめいは、私が目を離した隙に、2階へダッシュダッシュ(走り出すさま)

下 棚の上に避難してるめい。

100706-20.JPG
        「病院連れて行くんちゃうやろな?それともお薬??」

私に警戒心むき出しでしたたらーっ(汗)

気を取り直して・・・

短冊にお願い事を書きました。
めい以外のにゃんず用とお外のネコちゃん用の2枚書くつもりだったけど、妹の分としてもらってきた短冊が余ってしまったので、念押しでめいのことをもう1回書きました。

下 ご飯待ちしてるくぅと短冊です。

100706-65.JPG

下 ひたすら待つくぅ。

100706-71.JPG

無抵抗なくったん、かわいいな〜 ( *´艸`*)
めいなら短冊を噛みちぎってやろな・・・。

この後くぅには、しっかりご飯を食べてもらいました。
そして私は駅へ・・・

100706-78.JPG

3つ揃えて、笹にしっかりと結んできました。

今年のお外のネコちゃん用の短冊に、ボスの名前が書けないこと・・・やっぱり悲しいです。
一昨年の短冊には、ボスのことだけを書いたのにな・・・。

100706-79.JPG

今年の七夕は、ボスはお星様になって、この笹をお空から見てるのかな?
ボスーーー、ボスに会いたいなぁ。

ボスのことを想いながら、しんみり家に帰ったら・・・

100706-80.JPG

めいちゃま、再び超警戒モード。
どんだけ嫌われてるねん・・・(´-ω-`)

でも、この後ちゃんと出てきてくれました♪
そして、2階の窓辺に行って、お外を眺めてました。
な〜んにもない暗闇を、目をクリクリさせてずーっと見てました。
ボスが来てくれたのかな?

結局4枚も短冊を書いた私。
こんなにお願い事をしたら、七夕様も苦笑いかも。

でも、贅沢なことは言いません。
平凡な毎日をにゃんずと一緒に送れたら、私はそれだけで幸せです。
そして来年の七夕も、みんな揃って名前が書けますように・・・。

タグ:めい くぅ
ニックネーム さーり at 16:20| Comment(0) | おうち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする