2008年12月31日

カウントダウン

新年までもう残り10分をきりました。

私はクリスマスイブに熱が出て、それから何日も吐き気と頭痛が続き、体調がましになったら父の年賀状作りに追われ、なかなかゆっくりパソコンに向かえずにいました。

ブログの更新がかなり滞っていて、書きたいこともいっぱい溜まってしまいました。
来年はもっとまめにブログの更新ができるよう頑張りたいと思います。

ウチの5にゃんは今日も元気です。
時々体調を崩すことはあっても、みんな元気に新年を迎えることができることが本当に幸せだと思います。

来年も、平凡でいいので、笑顔溢れる1年になりますように。
皆さんもよいお年をヤギ

ニックネーム さーり at 23:58| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月19日

ふふふグッズ 第2弾

以前紹介した和代さんの 『ふふふ本舗』 に、新商品が入荷されました━.+゚ヽ(`・∀・´)ノ.+゚

前回の新商品入荷のときは出遅れてしまって、お店をのぞいたときにはほぼ完売でした。
でも今回は、いろんな商品をゲットすることができました (*´∀`人)☆*。+゜*・。゜*

081213-19.JPG

「みるくん、荷物届いたよ〜。」

箱の中身は・・・

081213-23.JPG

では、ひとつずつご紹介 (o-∀・o)♪

081213-29.JPG

こちらは 「マイ箸ケース」です。
開くとこんな感じ下で、箸キャップも付いてます☆

081213-32.JPG

同じ柄の生地で・・・

fufufu05.JPG

こちらは 「鍋つかみ」 です。
私、この柄が大好きなんです。
茶色の猫ちゃんが、なんだか小梅に似てるんです。
それに、お魚の柄の生地との組み合わせも、すごく可愛いな〜って思います。

081213-26.JPG

お次は・・・

081213-33.JPG

「ポシェット」 です。
このポシェット、一見シンプルに見えますが、実はすごいんです。
まず、裏地が猫ちゃん柄になってるんです。

081213-38.JPG

そして、横についてるタグと、ポシェットの底には・・・

081213-40.JPG

肉球模様猫(足)
めちゃくちゃ可愛いでしょ〜黒ハート

fufufu02.JPG

こちらは 「ブックカバー」 です。
こちらもまた、作りがすごく凝ってます。

fufufu03.JPG

しおり用の紐の先には、またまた肉球猫(足)
本を全く読まないくせに、可愛さのあまり、すぐにカートに入れてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

そして、最後に・・・

fufufu01.JPG

こちらは 「携帯電話ケース」 です。
ブックカバーと同じ生地のタイプと、シンプルな生地に猫ちゃんの刺繍がされたタイプの2種類です。

どの商品に関しても言えることですが、本当に手作りΣ(゚д゚*)?! って思うぐらい、作りが丁寧で凝ってて、つくづく感心してしまいました。

新商品に加えて・・・

081213-42.JPG

「ふふふカレンダー2009」 も、2つ購入しました。
ダンナさんの実家のお店に置いてもらおうと思います。
宣伝になるかもしれないし、モデルをしてる我が子を自慢したいし〜 (。-∀-)ニヒ♪

もうすでに完売してしまった商品もあるようですが、ぜひ皆さんも『ふふふ本舗』 をチェックしてみてくださいd(-ω・。)ネッ!☆

・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★ 『ふふふ本舗』 はコチラ ★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。゚


ニックネーム さーり at 15:04| Comment(4) | おうち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

小梅の嘔吐

猫にとって嘔吐はよくあること。って、簡単に済まされることもあるけど、本当は毛玉を吐くことでさえ異常らしい。
胃腸の働きが正常であれば、毛づくろいしておなかの中に入った毛は、ちゃんと便に交ざって排泄されるらしい。

うちのにゃんずで、くぅとわたは嘔吐することがほとんどない。
わたは年に数回で、くぅに関しては嘔吐した記憶がないぐらい。

よく吐くのは、めいとみると小梅。

みるは、この3にゃんの中では頻度は低いほう。
水をがぶ飲みした後に吐いたり、毛玉が交ざった胃液みたいなのを吐くことが時々ある。

めいの嘔吐は、平均して月に数回。
小梅の嘔吐は、平均して週に数回。
めいも小梅も、全く吐かないときもあれば、何日か続くこともある。

めいは毛玉を吐くことはなく、食べた物を食後すぐに吐いてしまうことばかり。
小梅もめいと同じような嘔吐が多いけど、毛玉を吐くこともあるので、頻度はめいより小梅のほう高くなってしまう。

めいと小梅の嘔吐はよく似てて、吐いたカリカリは粒のまんまだし、嘔吐物も棒状(=食道の形)に出る。
めいも小梅も病院で検査してもらったけど、特別異常はなく、食事の与え方で嘔吐を抑えるようにしてる。

めいと小梅の共通点は、ご飯を勢いよく食べてしまう癖があって、ほとんど噛まずに丸飲みしてしまうこと。
だから、うまく喉を通らず、一気に吐いてしまうらしい。
それを防ぐために、1日のご飯の回数を増やして、1回の量を少なくするようにした。
特に食間の時間が長くなったときは、まずほんの少しだけお皿に入れて、その10分後に残りを与えるようにもした。
それと、カリカリはできるだけ粒の大きさが小さいものを選んだり、ササミなどのおやつも細かく割いてあげるようにしたりしてる。

めいの嘔吐は、本当にガツガツ大量に食べた後だったり、食べてすぐに走り回ったときだったりする。
そして、見事なほど粒のまんまのカリカリを吐くので、食事の与え方と食後の運動を控えさせることで、嘔吐をかなりコントロールできてると思う。

でも小梅は、めいと同じような嘔吐の他に、毛玉だったり、液体のみだったり、謎の嘔吐もあって、嘔吐はなかなか落ち着かないい。

こないだの日曜日、小梅は5回嘔吐した。

まず明け方の4時に、嘔吐するときのおなかの動く音で目が覚めて、様子を見に行ったら、小梅が置き餌のカリカリを大量に吐いてた。
置き餌をしてるのは、小梅が夜中にちょこちょこご飯を食べれるようにするため。
でも、このときは寝起きに一気に食べてしまったらしい。
吐いた後もしんどそうで、数分後にまた吐いて、しばらくしてまた吐いた。
私が近付くと逃げようとしたから、あえてそっとしておいた。

朝には何もなかったように、ケロッとしてた小梅。

081213-08.JPG

お日様の光をいっぱい浴びて・・・

081213-09.JPG

丁寧に毛づくろい。

その後小梅は、いつものように朝ご飯をほしがってきた。
カリカリだとまた吐くかもしれないので、スープタイプのウェットフードをあげたら、しっかり食べてくれた。
明け方の嘔吐は、いつものよくあるドカ食いが原因やったのかな?って思った。

でも、その後すぐに、また嘔吐。
やらかいウェットフードにしたのに・・・。

081213-43.JPG

ちょっとしんどそうで、私から遠ざかろうとする小梅。

今回の嘔吐はいつもとは違うのかも・・・と思い、胃の中を落ち着かせるために、ご飯を控えてみようと思った。

そしたら・・・

081213-46.JPG

小梅は小梅専用のお皿の横でスタンバイ。
そりゃそうね。吐いたから、おなかの中は空っぽやもんね。
食欲はあるってことで、ちょっと安心した。

081213-50.JPG

でも、ついさっき吐いたばっかりやし、もうちょっと時間おこうねってことで、お尻ペンペンで紛らわす。

081213-57.JPG
                       「ご飯はexclamation&question

081213-60.JPG

お尻ペンペンでごまかし作戦は効かなかったので、今度はボールで気を引いてみた。

081213-61.JPG

私が動かしたボールよりも、元々置いてあった大きいボールに興味をもった小梅。
結果オーライってことにしとこう。

081213-62.JPG

ご飯をあきらめたのか、小梅はその後お水を飲みに行った。
お水をグビグビいっぱい飲んだ。
そして、またすぐに嘔吐。

カリカリを吐くのはよくあること。(よくあってほしくないけど・・・)
でも、ウェットフードを吐くことはめったにないし、お水まで吐いてしまうなんて・・・。

これはもう、病院で診てもらったほうがいいかな?って考えてたら・・・

081213-74.JPG
                     「病院イヤやで。」

悩める私に目で訴える小梅。

081213-73.JPG

そのまましばらく日向ぼっこ。
また上手に、唯一陽が差し込む場所を見つけたね〜。

081213-91.JPG

日向ぼっこの後は、みると追いかけっこ。
元気はあるみたい。

おしっこもちゃんと出てるし、ウンチもいつもと同じいいウンチをした。
嘔吐以外は、いつもと全く変わりない様子。

とりあえず、喉を通りやすいフードをあげてみようと思って、ペースト状の缶詰を買った。
早速夜ご飯に小梅に出してみると、おいしそうに食べてくれた。
そして、吐かなかった。

おかわりをほしがってきて、全部で缶詰の半分を食べたけど、それでも吐かなかった。
ペースト作戦大成功ぴかぴか(新しい)

その後時間を置いて、いつものカリカリをあげてみたけど、それでも吐かなかった。
それ以来、今のところ1回も吐いてない。
おやつ用のカリカリを一気にいっぱい食べても吐いてない。

連続で嘔吐したのはなんやったんやろ・・・?
原因が知りたいけど、以前バリウム検査をしてもはっきりわからなかって、あとは全身麻酔をしての内視鏡検査しかないって言われた。
先生にもまだそこまでする必要はないって言われたから、様子を見ることにしてるけど、いつまで様子を見てたらいいのかがわからない。
小梅の嘔吐が、このまま落ち着いてくれたらいいけど・・・。
ニックネーム さーり at 11:57| Comment(2) | おうち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

お留守番中の姉妹

実家に行くと、ちょうど妹の留守中だった。

真っ先に心配なくぅを探すと、(元)私の部屋のチェストの上で寝てた。
なんだか寂しげで、なでながら話しかけても全くグルグル言ってくれなかった。

寒そうだし、少しでも気休めになるかと思って、部屋に脱ぎ捨ててあった妹のパジャマをくぅに掛けてあげた。

081210-02.JPG

くぅは掛け布団が嫌いで、フリースとかを掛けてあげてもすぐに下敷きにしてしまう。

081210-03.JPG

でも、まんざらでもなさそう。

081210-05.JPG

さっきまではなでても無反応だったのに、グルグル言い出した。
妹のパジャマのおかげ??

その頃めいは・・・

081210-06.JPG

リビングのコタツの中で爆睡中。

081210-07.JPG

カメラのフラッシュが眩しいみたいやけど、起きる気はないようです。
実の姉妹やけど、なんでここまで性格も行動も違うのかね〜?
ニックネーム さーり at 17:43| Comment(0) | おうち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

暖を求めて三千里

めいはウチのにゃんずで1番の寒がり。
この時期になると、ご飯とトイレとお乳のとき以外は、ほとんどコタツの中にいる。

私が実家に帰ったとき、めいは(元)私の部屋のコタツの中に、くぅと一緒にいた。

081206-05.JPG

くぅのお顔を丁寧になめてあげてるめい。

081206-06.JPG

その後、自分のおててもお手入れ。

081206-07.JPG

何かを察知exclamation×2

そしてめいはリビングへ移動。

081206-10.JPG

エアコンの風を受けるめい。
母が暖房をつけたのでありました。

部屋が少しぬくもったら、めいが次に移動した先は・・・

081206-13.JPG

テレビの上。
母が今度はテレビをつけたのでありました。

081206-15.JPG

ぬくぬくと眠りに入るめい。
テレビの上はあったかいもん(*・ω-)(-ω・*)ネー

母が出かけて、テレビも暖房も消されてしばらくすると、めいの姿が見えなくなってた。

リビングのコタツの中をのぞいてみると・・・

081206-16.JPG

すでに爆睡中のプリンセス Σ(-∀-;)

081206-18.JPG

それにしても、寝相ひど過ぎ (;´ Д ` A ```

しばらくして、もう一度コタツの中をのぞくと・・・

081206-20.JPG
            「何かございました?」

おすましプリンセスに変わっておりました。

暖を求めて転々とした結果、めいはやっぱりリビングのコタツが1番落ち着くみたい。
めいが赤ちゃんの頃、1番長く過ごした場所がリビングのコタツだった。
めいにとっては、「母なるコタツ」って感じなのかな〜。
ニックネーム さーり at 16:59| Comment(2) | おうち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

さっちゃんLOVE −くったん編−

みると同様、妹(=さっちゃん)のことが大好きなくぅ。

妹を慕う気持ちは、みるよりも強いと思う。
その分、妹への依存もかなり強い。

ご飯にもおもちゃにもあまり興味がなく、子猫の頃から大人しくて、くぅが活発に行動してる姿をお目にかかれるのは本当にまれなこと。
足腰が弱るんじゃないかと心配になるぐらい、寝たきりのことが多い。

私が実家に帰ると、たいていくぅはコタツの中で寝てる。
くぅにとって、私はご飯担当になってるらしく、おなかがすいてるときにはコタツの中から出てきて、私の足元にすり寄って来てくれる。
でも、それ以外のときで、くぅが自ら私に近寄ることはめったにない。
(念の為言っておきますが、決してくぅに嫌われてるわけじゃありませんあせあせ(飛び散る汗)

くぅは、私にとっては、すっごく大人しい手のかからない子。
でも、妹にとっては、大きな声でよく鳴いてきて、すっごく手のかかる子。
まさに真逆 Σ(-∀-;)

最近妹は、新しい職場に行き始めて、妹が外出してる時間が増えた。
そうなると、心配なのはやっぱりくぅ。

以前妹が、すごく忙しい職場に勤めてたとき、くぅは体中にいっぱい舐め傷ができた。
腕の付け根、手首、太ももの内側と外側、腰の辺り、喉の下の方・・・あらゆるところに傷ができて、半年以上通院した。
お洋服を着せたり包帯を巻いたりして、体を舐めれないようにしたし、家族のみんながくぅを常に気にかけるようにもした。
それでも傷はなくならなかった。

それが一転、妹が仕事を辞めた途端、くぅの傷はみるみる治っていって、新たな傷ができることもなく、気がつけば完治してた。
ステロイド治療にも勝る、妹の存在って・・・。

とにかく、過去にこんなことがあったので、妹の外出時間が増えるのは一大事どんっ(衝撃)
このときの二の舞にならないように、妹が家にいない時間帯には私がくぅの様子を見に行くよう、心がけるようにした。

私の帰宅時間は、ちょうど妹の勤務時間と重なる。
こないだ帰りに実家に立ち寄ったとき、実家には誰もいなかった。

081208-01.JPG

いつもと変わりなく、リビングのコタツの中でのびのび寝てるめい。

081208-03.JPG

めいは妹がいなくても、ご飯とお乳さえもらえればいいらしい。

くぅを探しに、(元)私の部屋に行ってみると・・・

081208-05.JPG

お気に入りのチェストの上にいた。

081208-07.JPG
          「さっちゃん、お帰りまだ?!むかっ(怒り)

表情がちょっと怒ってるように見える。

081208-08.JPG

暖房つけてなくて寒いはずなのに、健気に待ってる (´;ω;`)ウゥゥ

そこへ、妹が帰宅。
部屋のドアが開くと同時に、くぅの目はクリクリになった。

081208-14.JPG

妹になでてもらってるくぅ。
すでに目がうっとり。

081208-15.JPG

私がなでても、なかなかグルグル言ってくれないのに、妹だとすぐに大音量のグルグル。
よかったね、くったん。

くぅを保護したとき、体中ノミだらけだった。
フロントラインをして弱ったノミを、1匹ずつ櫛でとって、先に保護してためいと隔離する為に、私の部屋で私一人でくぅのお世話をした。
虫下しのお薬を飲ませたら、700gの小さな体から、5匹以上の長〜い回虫がウヨウヨ出てきたのを鮮明に覚えてる。

そして、めいとの隔離期間が終わって、くぅもリビングで過ごすようになってからのこと。
お膝が大好きなめいと比べて、くぅは家族の誰にも甘えることがなかったのに、横になってる妹の体の上に、自ら乗った。
衝撃的だった。

妹は当時、めいばっかり可愛がってて、くぅのことはほんとに無視だった。
なのにくぅは、お外にいた頃からくぅを特別可愛がってた母も、保護したときからずっとお世話してきた私もスルーで、妹にだけ甘えるようになった。
全く理解不能。。。

妹の留守中、くぅの寂しそうな顔を見てると、妹の仕事は家事手伝いでいいんじゃないかと思ってしまう。
でも妹だって、自立しようと一生懸命新しい職場で頑張ってる。
妹の代わりにはなれなくても、くぅの寂しさを少しでも軽減できるように、くぅのそばにいてあげたいと思う。
ニックネーム さーり at 11:35| Comment(2) | おうち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

日向争奪戦

日当たりが最悪な実家と比べて、南向きで日当たり抜群の新居。

ポカポカ陽気の朝は、3にゃん揃って日向ぼっこがお決まりになってる。

リビングのテレビ台の上は、「 日当たりがいい プラス 高さがあるから見渡しもいい 」ってことで、特にみるがお気に入り。

081207-01.JPG

みるに先越されたわーちゃん。

081207-02.JPG

全くどこうとしないルンルン顔のみる。
わたは戦いを挑むことなく、静かに退散。

081207-03.JPG

窓を開けてないけど、興味津々で窓を見つめるみる。
一体何が楽しいんだか(。-д-)(-д-。)ネェー

そう言えば小梅はどこかな〜と思い、隣の猫部屋に行ってみると・・・

081207-04.JPG

カーテン裏のミニキャットタワーにおりました。

081207-06.JPG

ここは小梅の日向ぼっこの定位置。

081207-07.JPG

そこへ、わたちゃん登場。
しかし、小梅のてぃてぃ攻撃を受け、すぐさま退散。

081207-08.JPG
     「もぅ〜、邪魔ちないでよむかっ(怒り)

081207-12.JPG

見た目は子猫みたいやのに、結構気の強いとこがある小梅ちゃんです。

みるにも小梅にも敗れたわたは・・・

081207-13.JPG

結局いつものカラーボックスの上で、ちんまり日向ぼっことなりました。。。
ニックネーム さーり at 16:06| Comment(0) | おうち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

さっちゃんLOVE

みるは妹(=さっちゃん)のことが大好き。

実家にいた頃は、妹と一緒にいることが当たり前で、妹にべったりだったけど、私の連れ子として新居に連れて来られた今は、妹が遊びに来てくれたときしか妹と一緒にいられない。
妹と一緒にいられる時間が急に減って、みるはどう思ってるのかな?
やっぱり悲しんでるのかな?
いつも寂しい思いをしてるのかな?

幸い新居は実家のすぐ傍で、妹も週の半分は遊びに来てくれてる。
でも、夜には絶対帰ってしまう。
毎晩妹のお布団で、妹と一緒に寝てたみるは、夜妹がいないことをどう思ってるのかな?

妹を探して鳴きわめくことは今まで一度もなかったけど、妹が遊びに来てくれたときの喜び様は、私が帰宅したときとは明らかに違う。

081207-14.JPG

妹に赤ちゃん抱っこしてもらってるみる。

081207-15.JPG

妹の顔をじっと見つめてる。

081207-16.JPG

妹の腕におててを乗せて、なんとも満足気 ( *´ 艸 `*)
私が赤ちゃん抱っこすると、すぐに嫌がってバタバタするのに。

「さっちゃんと会われへんのはお姉ちゃんのせいやで〜。」
妹はよく、みるにこんなことを言ってる。
確かにその通り。反論の余地はございません。

ほんでもみるくん、なんでそんなにさっちゃんが好きなん??
必死の思いでみるを保護したのも、保護した後のお世話をしたのも私。
妹も手伝ってくれたけど、保護当時ガリガリで、毛並みも汚くて、おなかの中に寄生虫のいたみるを触るのを避けてた。
でも、1番みるに好かれたのは妹。
納得がいかない p(`ε´q)ブーブー

そんな私に、妹は決まって言う。
「誰がほんまに1番優しいか、みるはわかってるねん ( ̄ー ̄)ニヤ 」
言い返せない私でした。。。
ニックネーム さーり at 18:19| Comment(0) | おうち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わたちゃん、学びました。

下 シンク横の調理スペースの上にいるわた。

081208-16.JPG

「 わたがココにいる 」 = 「 入れたてのお水がほしい 」

081208-17.JPG

鳴いてアピールしてくるときもあるけど、こんな風に目を閉じて、じっと待ってるときもある。

081208-18.JPG

最近は、お水がほしいときだけじゃなく、私の気を引きたいときにもココに行くようになった。
ココにいれば、私が来てくれるということを学んだらしい。
このときも、お水がほしいんじゃなくて、ただ甘えたかったみたい。
私がなでたら気が済んだらしく、お水を一口も飲まずにフラっとどこかに行ってしまった。
ほんまツンデレちゃんやねんから〜あせあせ(飛び散る汗)

081208-19.JPG

そんな様子を一部始終カウンターの上から見ていたみる。

081208-20.JPG

わたの代わりに、お水をおいしそうにガブガブ飲んでくれました。
単なる水道水やねんけどね〜 (。-∀-)ニヒ♪
ニックネーム さーり at 16:19| Comment(0) | おうち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

小梅は知っている・・・

私が帰宅したとき、小梅はたいていコタツの中にいる。
でも、小梅がリビングにいるときは、決まってココ下にいる。

081201-09.JPG

実はココ、秘密のあったかエリアかわいい

小梅の後方左側に見えてるグレーの壁は、冷蔵庫の裏側。
そして小梅がおっちんしてる場所に、冷蔵庫のファンからのあったかい風が、ちょうど吹いてきてる。
冷蔵庫のファンからの風のおかげで、暖房を入れてないリビングでも、この場所に限ってはあったかいのです。

小梅はきっと、このことを知ってるんだと思う。

小梅はリビングで寛ぐことがあまりない。
でも、ココはあったかい空気に包まれてるから、小梅もココにいるときはのんびりしてるような気がする。

下 無防備な姿で毛づくろいしてる小梅ちゃん。

081201-01.JPG

顔がすごいけど・・・あせあせ(飛び散る汗)

081201-02.JPG

爪の先まで丁寧にねダッシュ(走り出すさま)

081201-03.JPG

終わったようです。。。

081201-04.JPG

わたとみるがココにいるところを見かけたことはない。
まだ気付いてないのかな?
知ってるのは小梅ちゃんだけ。
小梅は賢いな〜 *:.。☆..。.(´∀ `人)
ニックネーム さーり at 15:17| Comment(4) | おうち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

ちょこっとリフォーム

我が家のフローリングは、本物の木ではなくて、柔らかい素材でできてる。
良く言えば、クッション性がある。
でも、簡単に傷がついてしまうことが、かなりの問題点。

ある日ふと、フローリングがザラついてて、白い点々がいっぱいあることに気付いた。
何か粉でもこぼしたのかな?って思って近くで見てみると、フローリングには小さい穴がいっぱいできてた。
白い粉だと思ったのは、その穴から見えた、フローリングの中の素材でしたたらーっ(汗)
そして、所々傷がめくれあがってるのが、ザラつきの原因でしたあせあせ(飛び散る汗)

新居ににゃんずを連れて来て7ヶ月。
気がつけば、リビングと廊下のフローリングには、かなりの傷ができてしまってました。

新居は賃貸なので、にゃんずのお引っ越し前に、畳の部屋にはフローリングカーペットを敷いて、畳に傷がつかないようにした。
ふすまは取っ払って、ロールカーテンを付けた。
にゃんずを連れてきてからは、壁にちょっとでも傷を見つけたら、すぐにツルツルのシートでカバーした。
押入れも爪で開けようとするから、ガーデニング用のラティスでカバーした。

とにかく傷をつけないように、色々工夫してきたし、自分でもキレイに部屋を使えてると思ってた。
でも、床のフローリングは落とし穴でした _| ̄|〇ガックシ…

このままほっといたら、ウチのフローリングは更に傷だらけになる一方。

で、考えました。
すでに置いてある冷蔵庫やキッチンカウンターを動かさずに、必要な場所だけカバーできるもの・・・
ジョイント式コルクマットですひらめき

とりあえず8畳分の144枚を購入。
そして昨日届いたので、早速ダンナさんが、せっせとリビングと廊下に敷いてくれました。

下 作業中のダンナさんを見守るみるくん。

081202-01.JPG

「何事?!」って顔してる。

081202-02.JPG

不安そうに、ダンナさんの動きをキョロキョロ目で追ってます。

081202-03.JPG

君達が走り回るからやで〜。
元気なことはいいことやけど(*-ω-)(-ω-*)ネー

1時間ほどで作業は終了。
すぐにみると小梅が、鼻をクンクンさせて、部屋中を探索してました(* ´ 艸`)ムププ
ちなみにわたは、床の変化に全く反応なし。(もしかして気付いてない・・・?!)

コルクマットのおかげで、傷が防げるだけではなく、足音が明らかに小さくなったし、裸足でも床が冷たくなぁ――い!!
いい買い物ができて大満足です♪♪
そしてダンナさん、( ・∀・)オツカレ( -∀-)サーン!!!
ニックネーム さーり at 15:48| Comment(2) | おうち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする