2007年05月26日

ここにも甘えたちゃん

わたが腕枕猫なら、めいはお膝猫ヤギ
070511めい@.jpg

朝一番と私が会社から帰ってきたときは、必ずお膝に乗ってくる。
めいがいる部屋に入ったら、コタツの中から眠たそうな顔してぬぅ〜んて出てきたり、リビングから半目で爪カツカツ鳴らして歩いてきて、そのままお膝へ直行ダッシュ(走り出すさま)
私がまだ中腰でもよじ登ってくるあせあせ(飛び散る汗)

めいも赤ちゃんのときからずっと甘えたやったかわいい
めいとくぅしかおうちにいてなかった頃、私はめいとくぅと一緒に寝てて、めいはほぼ毎日私にくっついて寝てた。
目が覚めると、私のおなかの上にめいが乗ってるときもあった。
めいが乗ってきてるのに、全く目が覚めへん私も私やけど…たらーっ(汗)
今はめいらとはお母さんが一緒に寝てて、よくお母さんの足元に潜ってくるらしい。

めいは、寝るときだけじゃなくて、起きてるときも、人がいる部屋に一緒にいたがる。
ドアを閉めてたら、ドア越しにかわいく鳴いて、「入れて〜」ってアピールしてくる猫(笑)
でもだっこは嫌いやねんな〜猫(怒)

070511めいA.jpg
めいはだっこよりお膝がええの?
いつかめいも赤ちゃんだっこしたいなー(長音記号1)

ニックネーム さーり at 15:20| Comment(0) | おうち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

姉弟愛

みるの誕生日の出来事四葉
070512みる小梅@.jpg

みるが一人で寝てたのに、ふと見ると、小梅が添い寝してあげてた黒ハート
コタツの中ではよく一緒に寝てるけど、お布団ベッドで一緒に寝てるのは初めて見た目

私に誕生日を忘れられてスネてるみるを、小梅が慰めてあげてるみたい顔(笑)
いつもは体の小さい小梅が妹みたいに甘えてるけど、このときはお姉さんらしく見えたぴかぴか(新しい)

小梅とみるはお母さんが同じで、小梅が産まれた翌年にみるが産まれた。
だから、小梅とみるは1歳違いのほんまの姉弟。

顔はあんまり似てないけど、口元の模様が怖いぐらい一緒exclamation
みるは4匹兄弟やけど、こんな模様があるのはみるだけで、みると小梅が今こうして一緒にいてるのも何かの縁なんかな?

それに、みると小梅は、初めて会ったときからお互い威嚇することもなく、気が付いたら仲良くしてた。
初めて会ったのは、まだ2匹ともお外にいたときで、普通ノラちゃんは縄張り意識が強いから、子猫に対しても意地悪するのに、小梅はみるを全くいじめへんかった。
小梅もみるも猫なつっこい性格やからってのもあるやろけど、それでも仲良くなるのが早かったし、一緒にいるのが自然やった。

おうちに入ったのは、みるのほうが4ヶ月早かったから、再会したときにはお互いのこと忘れてるはず。
それでもまた威嚇し合うことなく、ほんまにすぐに仲良くなった。

まだ全然なついてなかったみるを保護できたのは、ケージにみるを誘導してくれた小梅のおかげで、人に対して恐怖心の強かった小梅が、安心して私や妹に心を許してくれるようになったのはみるのおかげぴかぴか(新しい)

小梅が1匹だけで母猫に連れられてうちに来たことも、みるだけが虐待を受けて傷を負ってたことも、今となれば、2匹ともおうちに来るためやったんかなって思う。

みると小梅が仲良く一緒にいてる姿には、ほんま癒される顔(メロメロ)
070512みる小梅A.jpg

みるも小梅も、いつまでも元気でいてなかわいい
ニックネーム さーり at 14:53| Comment(0) | おうち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月12日

甘えたちゃん グレードアップ

070506わたA.jpg
上わたは一体どこに乗ってるでしょう?

ただお布団の上でくつろいでると思いきや…

070506わた@.jpg
わたちゃん、ちょっと重いし不安定ちゃうあせあせ(飛び散る汗)

GWが終わって、わたの甘えた度がひどくなったたらーっ(汗)
私が寝転んだら、今までは腕枕やったのに、体の上に乗ってくるようになった顔(汗)

仰向けに寝てたらおなかの上。
うつ伏せに寝てたら背中の上。
横向きに寝てても、上手にバランスとってしがみついてる。

GW中は、わたと一緒に過ごす時間が長かったから、私が家にいるのが当たり前になってしまって、その分今は寂しいんやろな猫(泣)
だから、腕枕よりも起きにくい方法を、わたなりに考えたんやわひらめき
さすがわたちゃんぴかぴか(新しい)わたには負けるわ。

070506わたB.jpg
「まだまだどけへんで〜猫(怒)」って顔してるあせあせ(飛び散る汗)
ニックネーム さーり at 14:29| Comment(0) | おうち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

謎解き

今日は朝からみるの様子がおかしかった。

毎朝、朝早くから鳴いてご飯ほしがったり、小梅と走り回ったり、妹の後追いかけて鳴きわめいたりしてるのに、今日はご飯も全く食べんと、コタツでねんねしたまんま。
こんなにみるがおとなしい朝はまずない。

妹にみるがおとなしいから変やって話をしてたら、ちょうど起きてきて、妹のいる部屋の外から大きい鳴いてきた。
「いつもと一緒やん」って妹に言われて、ただ眠たかっただけやったんかな〜ってその時は思い直した。

でも、2階に一緒に行ったらまたおとなしくなって、ご飯も少し残した。
そして食後の運動会も開催されないまま、みるはまたお布団へ。

070512みる.jpg
えらいおとなしいな〜みるくん。どないしたんや?珍しい…。

やっぱりおかしい顔(汗)
寒いからかな…とか、妹が仕事に出かけてしまったから、あきらめて寝たんかな…とか、やっぱり調子悪いんかな…とか、色々考えてた。

ちょっと様子を見ようと思って、みるが見える所でパソコン開いて、自分のブログを見返してた。
そしたら…がく〜(落胆した顔)

みるくん、今日お誕生日やんexclamation×2
ごめん、すっかり忘れてた。

だからすねてたん?ほんまごめんな猫(泣)

みるくん、2歳のお誕生日おめでとうClap
首に大きな怪我を抱えて、おなかの中には虫もおって、ガリガリの状態でウチに来たみるくんが、今や体重4700gの立派な男の子に成長してくれてホントに嬉しいですわーい(嬉しい顔)

というわけで、
みるくん特集を作ってみることにしましたぴかぴか(新しい)

051112みる.jpg
上6ヶ月のお誕生日かわいいおうちに来てまだ2ヶ月ぐらい。
お顔がやっぱり赤ちゃんやな。かわいい顔(メロメロ)

051126みる.jpg
上去勢手術を受けて、まだ少し恐怖心が残ってる時。
最初はコタツにこもってたけど、その数日後には走り回ってたあせあせ(飛び散る汗)
そして、この頃から急激に甘えたちゃんになっていったたらーっ(汗)

060918みる.jpg
上こんなおバカなポーズを見せてくれるのはみるだけ顔(イヒヒ)
ほんまアホづらやね〜たらーっ(汗)

070422みる.jpg
上でも、こんなかわいいポーズも見せてくれますかわいい
みるの寝てる姿には、ほんま癒されます黒ハート

今こうしてブログを書いてたら、みるくんおっきしてきました猫(笑)
私の周りをスルンってしながらちょっと甘えて、ご飯食べて、今は窓でお外の観察をしてはります目
私が誕生日を思い出して満足したんかな?
わざと心配させるなんて、なかなかやるな〜みるくん顔(ペロッ)

じゃあ、今日はささみのおやつ、いつもよりサービスしよかなグッド(上向き矢印)
食いしん坊みるくんには、きっと喜んでもらえるやろ顔(笑)
ニックネーム さーり at 10:55| Comment(0) | おうち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

小梅 初めての自転車の旅

先週の水曜日、小梅をりんちゃんの先生の病院に初めて連れて行った病院

3日に1回ぐらいの間隔で吐くのが、1ヶ月以上続いてて、年末にも同じ症状で、近所の行きつけの病院に行った。
その時はレントゲン検査では異常がなくて、とりあえず胃酸の出を抑えるお薬をもらった。
そしたら一時は吐くのがおさまったけど、またしばらくしたら吐くようになった。
最近は特に頻繁で、2、3日連続で吐くこともあった。

毛玉がいっぱい混ざってるときもあったけど、毎回毛玉が原因なわけない。
心配やから、りんちゃんの先生のおうちに遊びに行かしてもらったときに、何度か小梅のことを相談させてもらってた。
「吐くのはだいたい食べてすぐで、ご飯の間隔があいたときに吐くことが多い」、「吐いた物が棒状に出て、カリカリが消化されてなくて粒のまま出てる」とか、小梅の嘔吐について詳しく話して、そこから考えられる原因を色々教えてもらった。
ご飯のあげ方とかアドバイスももらって、自分でも色々工夫したりしてみた。

それでも、やっぱり吐くのはおさまれへんかった。
で、どうせ病院に連れて行くなら、りんちゃんの先生に診てもらおうと思って、妹と予定をあわせて、先週やっと小梅を連れて行くことができた。

もっと早く連れて行くべきやってんけど、なんせ小梅は病院嫌いどんっ(衝撃)
最近やっと私にも甘えてくるようになったけど、それでもまだ人の手を怖がるし、だっこは絶対無理猫(怒)
廊下に置いてるキャリーを少し持ち上げただけで、押し入れに猛ダッシュやし、洗濯ネットで追い回してたら虐待してるみたいで、ほんまにかわいそう顔(泣)
だから、病院に連れて行くのはかなりの覚悟がいる。

しかも、小梅は行きつけの病院で、レントゲン室から脱走した経験もあって、りんちゃんの先生の病院は診察室が個室じゃないことが、かなりの不安要素やった。
隣の診察台の犬が吠えてパニック起こさへんかとか、待合室に脱走して、そのまま外にまで行ってしまえへんかとか、色々心配してしまってた。
でも、そんなことよりも小梅の体のことのほうが心配やし、診察中につけるためのリードも買って、当日に備えた。

病院に連れて行く当日は、妹が小梅のいる部屋で自然にスタンバイしてくれてて、私も仕事から帰ってきて普通に小梅の部屋に行ったけど、コタツの中で寝てたくせに、何かを察知して押入れに逃げ込んでしまったバッド(下向き矢印)
でも、いつもよりはかなりすんなりネットに入ってくれて、キャリーに入れるときも全然暴れへんかった。
それが逆にかわいそうやったけど顔(泣)

で、急いでりんちゃんの先生の病院に向かったダッシュ(走り出すさま)
行きつけの病院は徒歩3分ぐらいやけど、りんちゃんの先生の病院は自転車で10分ぐらい。
近いけど、小梅にとったら初めての遠出やし、自転車に乗るのも初めてやった。
でも、キャリーの中でずっとおとなしくしてて、すごい賢かったわーい(嬉しい顔)

病院の診察中も、全然暴れへんかったGood
念のためネットに入れたまま、診てもらう部分だけ出して診察してもらったけど、診察台の上で賢くじっとしてた。
心配してたけど、小梅は思ってたよりずっと賢かったぴかぴか(新しい)

肝心の診察内容は、腹部の触診では異常なしやった。
でも、嘔吐の様子から判断して、触診ではわからないところに問題があるんじゃないか…ということやった。

一つ考えられるのは、胃には入口と出口に門があって、その門が狭くなってる可能性があるとのことやった。
その場合は、触診ではもちろんわからなくて、バリウム検査で食べ物がどこでつまってるか、流れを見ないといけないらしい。
小梅の場合は、棒状に食道の形そのまま嘔吐物が出るから、入口の門が狭くなってる可能性のほうが高いみたい。
これを治す方法は、最初の段階をしては内科処置で門を広げるお薬を試してみて、それで治れなければ、外科処置=手術で門を広げる、ということやった。
外科処置をした場合は、嘔吐がほぼ完全になくなると言っていいぐらい、目に見えてよくなるらしい。

もう一つ考えられるのは、門自体には異常ないけど、その門に毛が絡み付いてて狭くなってる可能性もあるとのことやった。
絡み付いてる毛は、普通の毛玉みたいに自然には体内から出ないから、お薬で意図的に出してあげる必要があるとのことやった。

ということで、まず、毛玉のお薬から試すことになった。
それで効き目がなかったら、次に門を広げるお薬に切り替えて、それでもダメならバリウム検査…というふうに段階を踏むことになった。

病院から帰ってきたら、小梅はまた押入れに猛ダッシュダッシュ(走り出すさま)
ご飯も食べずに、長い間こもってたたらーっ(汗)
でも、私がいない間に出てきてて、定位置でくつろいでた下
070504小梅.jpg
ちょっと安心したのも束の間、私を見てまた押入れに猛ダッシュダッシュ(走り出すさま)
また嫌われてしもた…もうやだ〜(悲しい顔)

でも、一週間経った今は、だいぶ心を許してくれるようになったわーい(嬉しい顔)
070509小梅.jpg
上私が来ても、お布団ベットでくつろいでる黒ハート

毛玉のお薬は、なかなか決まった量を飲ますことができてないけど、なぜか吐くのはおさまってる。
病院に行った次の日の朝に吐いたけど、その時はまだお薬飲んでなかったし、それっきり1回も吐いてない。
少しでもお薬飲んでるのが効いてるんかな?
このまま吐くのが治ってくれたらいいのになかわいい
ニックネーム さーり at 22:25| Comment(0) | おうち日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする