2007年02月02日

お婿入り後…

りんがお婿に行って、今日でちょうど2週間になる。
りんがいない生活にはやっとなれてきたけど、未だに一日に何度もりんのことを考えるし、りんに会いたくなる。

りんを院長先生に預けてバイバイした帰り道は、人目も気にせず泣いた。
家に帰ってからも、何かあるたびにりんのことを思い出して、何回も泣いた。

ご飯の用意をしてたら、どこからともなく現れて、鳴いて私を追いまわしてたりんはもういない。
みると小梅からコロナウイルスが移らないように、ご飯をあげるときはりんだけ部屋から出してたけど、もうその必要もない。
朝、仕事に行く用意をしてたら、いつもりんだけ2階から降りてきてて、ドアを開けたら寒い廊下で賢く待ってたけど、もうドアを開けても誰もいない。

りんはものすごく甘えたで手のかかる子やった分、いなくなると逆にペースが狂って、寂しさも半端じゃなかった。
りんに会いたくて会いたくて仕方なかった。
でも、もうりんに会うことはないんかなって、半分あきらめてた。

そしたら、りんがお婿に行った次の日、院長先生から電話がかかってきて、りんがソファーの中に潜り込んで、一日出てこないということで、りんを安心させる為に、先生のおうちにお邪魔させて頂けることになったぴかぴか(新しい)
こんなにすぐにりんに会えるなんて思ってもなかったから、嬉しくて嬉しくてしょうがなかった顔(笑)

りんが少しでも安心するように、りんのお気に入りのいちごのおうちとブタのおもちゃを持って行った。
先生のおうちにお邪魔すると、りんはソファーの下でおびえてた。私と妹の顔を見せても、逃げて奥に入り込んでしまったバッド(下向き矢印)
かわいそうやけど無理矢理引きずり出して、いちごのおうちに入れてずっとなでてたら、だんだん目がとろんとなって、グルグル言いだした。
おしっことうんちは先生がいない間にできてたらしく、ご飯も少し減ってたみたいやし、これでひとまず安心かな猫(笑)ってことで、その日はもう失礼した。
1時間ちょっとの短い間やったけど、りんに会えたことがものすごく嬉しかった。
何より、先生がりんのことをすごく想ってくださってるのがわかって、私の中の葛藤が消えて、そういう意味でも、先生のおうちにお邪魔させて頂けて本当に良かったと思う。

院長先生は、こまめにメールでりん情報を教えてくださるし、おうちにも何度も呼んでくださるから、本当にありがたいし、変に心配することもなく、寂しくて泣くこともなくなった。

先週の月曜日に2回目の訪問をしたときは、最初私と妹のことさえも恐がって震えてて、さすがにそれを見てショックやったけど、妹がなでまくってるうちに、いつもの甘えたりんに戻ってくれた。
それでもやっぱり部屋の隅っこからは、なかなか出てきてくれなかった。
おしっこをしてないということで、だっこしてトイレに連れて行ったら、最初はトイレの中で固まってたけど、なんとかおしっこだけしてくれた。
でも、ご飯は全く食べてくれへんかった。

その2日後の水曜日に3回目の訪問をしたときは、またソファーの下に潜ってて、引っ張り出すとこから始まった。
でも、その日はすぐにグルグル言ってくれて、私らの目の前でお部屋の探検をしてくれて、自らご飯を食べに行って、おしっこうんちもしてくれたClap
お部屋に置いてるおもちゃで遊べるようになったし、窓に飛び乗ったりもして、やんちゃなりんが見れて安心した。
最初お邪魔した時と比べると、ものすごい成長ぶりぴかぴか(新しい)
ただ、大きな問題が… それは、先生がいると隠れてしまうこと顔(え〜ん)
mekuwamiko-2007-04-20T21_56_52-2.jpg
上3回目の訪問のときの写メ。先生の足音がして、部屋の隅っこにテレビの裏に隠れて覗いてるとこ。

でもその問題も、もう心配なさそうかなグッド(上向き矢印)

28日の日曜日、4回目の訪問に妹が一人で行ってきた。
今までは、私たちがりんと会ってる間、先生は別の部屋にいてくださってたけど、その日は先生も同じ部屋にいたにも関わらず、りんは鳴いたりグルグル言ったりお散歩したりしてたらしい。
まず新しいおうちになれて、やっと先生にもなれてきてくれた感じかな猫(笑)

月曜日には、体は隠して手だけやけど、先生と猫じゃらしで遊んだらしいし、水曜日にはついに、先生と先住猫ちゃんのくーちゃんと3人で、猫じゃらしで全身あらわで遊んだらしい。
日に日にりんと先生との距離が縮まっていってるClap
あとは素直に先生に甘えられるようになるといいのになっわーい(嬉しい顔)

今日は5回目の訪問の日かわいい
私はりんと会うの1週間以上ぶり。りん、私のこと覚えてくれてるかな…?
恐がられたら、めちゃショックやたらーっ(汗)
早くりんに会いたいなるんるんるんるん

ニックネーム さーり at 01:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする